不登校のとき毎朝30分だけ学校に行って出席日数を稼いだら「最短距離」だった話

どうもかずのこ(@roomliveman)です。

ぼくは中1で不登校になりました。

不登校のころはいろんなことを試して学校に戻ろうとしていたぼくですが、自分でも覚えてなかったことを母から聞きました。

それが「毎朝30分だけ学校に行って出席日数を稼ぐ」という荒業です。

いや、それでいいのかよとツッコみたくなりますが・・・ともかくそのおかげで中学を卒業でき、高校にも行けたんですよね。

卒業するためだけに最短距離を突っ走ったぼくの話をしようと思います。

高校でも不登校になったけど気にしないで。

 

【SPONSORED LINK】

みんなより遅く出て、みんなよりも早く帰った1年

ぼくが30分登校を実践したのは、初めて不登校になった進学校から地元の公立中学に転向してからすぐ。

正直言って30分ですらしんどいけど、中学を留年したくないという思いだけで通ってたようです。

みんなが登校する時間帯から少し遅れて生徒が誰もいない通学路を歩き、HRだけ現れる。

HRが終わった瞬間に帰りの支度をして、またひとり通学路を帰っていく・・・

想像しただけでヘンですよね。

でもそのおかげで、中学を留年せずに済んだんですよ。

もう1年とか絶対無理だったのでホントによかった。

許してくれた先生方ありがとう。 ※許されてないです

 

卒業のための最短距離を見つけた

生徒が全員登校したあとに家を出て、9時過ぎには家に帰っていたぼくですが、それだけでもじゅうぶんに達成感を感じていました。

そんな荒業ができたのは、「それしかできない」と言ったぼくと両親の努力、先生方の譲歩があればこそです。

けど、何もせずに引きこもっていたら、中学の卒業資格すら得られなかったでしょうね。

ドツボにハマって何年もズルズルしていたのは間違いありません。

ぼくは卒業さえできれば、過程は何でもよかった。

だからこそ不登校なりに最短距離を突っ走ることができました!

 

学校生活を無理におくろうとする必要はない!

たしかに学校生活はそのときだけにしかないもので、青春は戻ってこないものかもしれない。

でも、絶対に学校生活を謳歌しなければいけないなんてことはないんですよ!

学校に理想を求めなくても、卒業した後にもっと楽しいことが待っているかもしれない。

そう考えることもときには大事ですよ。

じっさい、ぼくは中学生・高校生のころよりも、今が一番楽しいです。

 

【SPONSORED LINK】

学校に行けないなら、本当にやりたいことへの最短距離を見つけよう

「学校に行きたい」なら、学校に通うための最短距離を見つけるべきです。

でも学校に戻りたくなかったり、学校以外に行きたいところがあるなら、そっちを達成するための最短距離を探すべきだと思います。

「中学校を留年せずに卒業する」という目標を、毎日30分登校という形で最短距離を突っ走ったぼくのようにしてもいいし、オーストラリア辺りにホームステイしてもいい。

最短距離で自分のやりたいことを見つけられた人は、不登校というハンデを巻き返せるほどに魅力的な人間になれるんです。

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です