明るい引きこもり「引きこもりは根暗ってイメージをどうにかしたい」

 

どうも、明るい引きこもりのかずのこ(@roomliveman)です!

 

そうです。僕は日頃から「明るい引きこもり」を名乗っています。

いつからだったかは忘れたけど、名乗った理由は覚えてる。

「自分は引きこもりだけど、引きこもりっていう根暗なイメージとは違うことを知ってほしい」

 

とても自分本位だなぁ!

でもまぁ、根暗な時期もあったからこそ、そう思ったんだし。

実際名乗りはじめてから、周りも「ぜんぜん引きこもりじゃないね!」と言ってくれるようになった。

それはとても良かったと思う。

思うんだけど・・・

 

父と話しているときに聞いたのだが、「明るい引きこもり」という通り名が・・・

どこか”とにかく明るい安村”的な、キャラを立ててムリに明るくふるまおうとしているように見えるらしいのだ!

※父は逐一ブログをチェックしています

 

父から見てそれなら、ブログやTwitterから知ってくれた人は

「なんだこのムリしてはっちゃけようとしてる感」

と印象を持つに違いありません。

これはイカン・・・イカンぞっ

 

ということで今回新しい通り名を考えよう・・・ではなく

引きこもりは根暗だというイメージがそもそも間違っているということを伝えたいと思ったんです。

 

 

「明るい引きこもり」の発祥

ブログやってる身として、分かりやすいキャッチコピー的なものが欲しい。

発端はそれです。

僕としては、とっても浅~い理由で明るい引きこもりに決めました。

  1. 引きこもりである
  2. 自分の性格は明るい
じゃあ足して「明るい引きこもり」にしよう!
うん、なんかふつうの引きこもりじゃなさそう![/voice]

 

僕自身、そのときは「引きこもり」と「明るい」が反対のものだから、くっつければ面白くなりそうと本気で思ってたんですね。

だけど、最初から間違っていた。

なぜ「引きこもり」と「明るい」が反対だと思ったのか!

 

明るくない引きこもりは、根暗なんですか・・・?

 

 

なぜ引きこもりは根暗というイメージなのか

【引きこもり→根暗】

そう連想するのはおかしいとは思いませんか?

それって【運動をする→熱血】くらい突拍子がなくて、結びつくとはかぎらない、あいまいなものですよ。

けど世の中の引きこもりに対するイメージはそうだ。

暗い部屋の片隅でヒザを抱えて落ち込んでいるイメージ。あとパジャマ着てる。

 

▲問題の画像検索

 

たしかに引きこもってしまうほどの精神的なつらさがあるなら、そうなってしまうのも仕方がない。

けど、引きこもりになったからって、落ち込まなきゃいけない決まりはないじゃないか

 

僕は【引きこもり→根暗】のイメージに引っ張られていました。

じっさい根暗だった。

でも「こんな自分でも親を安心させてあげられるんだ」と感じたときから、わざわざ根暗になる必要はないと思えた。

そのときから、引きこもりだけどべつに根暗じゃなくてもいいじゃんと気づいたわけ。

 

 

引きこもりはもっと自然体になっていい

僕はこのブログで何度も主張していることがあります。

引きこもり=絶対悪と決めつけることはできない

引きこもりは暮らしかたのひとつだ

ということ。

 

僕は明るい引きこもりと名乗っているけど、それは僕が人と話すときは明るくなっていると思ったからです。

「根暗だけど明るくふるまっていかなきゃダメだ」なんて、まったくもって考えてない。

 

自然体を意識しましょうよ。

いま引きこもりだとしても、本当の自分はどうなの?いつも根暗でヒザかかえてるの?

引きこもりのイメージにとらわれるのを辞められたら、そこがスタート。

ビックリするほど生きやすくなりますよ。

 

 

そんな感じで、まとめ!

  1. 【引きこもり=根暗】はカン違い
  2. ムリして自分のキャラを作る必要はない
  3. 自分の自然体がわかったときが本当のスタート
  4. いつもパジャマを着てるのだけは正解!

 

以上、明るい引きこもりのかずのこでした!

 

 

こちらもどうぞ

『引きこもり』でたくさん悩んできた青年たちの交換日記【引きこもり交換日記】

引きこもりの家に泊まりに来た男がいるんだってよ!!

アジア最貧国ネパールに引きこもりはいるのか?現地在住の僕が考えてみた

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なかずのこのプロフィール
・引きこもりの悩みを克服して、前向きに生きるための記事厳選!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です