「焦る」のは完全にムダ。意味があるのは焦りによって生まれる「行動」だ。

引きこもってる期間が長すぎて、何から手をつければいいのか分からない!もう若くないし、このままだと良くないのも分かってるんです・・・
かずのこ
はい、それ焦ってるよ。焦っても良いことなんて何一つないから、やめようよ。

 

こんなことを女性に対して言ったらモテなさそうですね、かずのこです。

分かりやすい例で引きこもりを出しましたが、現代人は「焦り」と共存して生きています。

  • がんばっているのに思ったような結果が出ないとき
  • 環境から抜け出せないとき
  • 時間に間に合わないと感じたとき

ぼくらはさまざまなところで焦りを感じていますよね。

でもハッキリ言ってしまうと、焦るのはムダ。

本当に意味があるのは、焦りによって生まれる「行動」だけです。

 

もしかして、焦るだけ焦って何もしてない・・・なんてことないですよね?

焦るだけ焦ってストレスを勝手に溜めて、結局何も変えられない人生をたどるんですか?

したくないよね。ぼくだってそんな人生イヤだ。

 

焦りはどうすれば行動に変えられる?

かずのこ
どうしよう・・・1日中なにもできずに食べて寝てるだけなんてもう嫌だ。10年後もこんな人生歩んでたくない・・・でもどうすればここから抜け出せるんだよ・・・

ぼくが人生で一番焦っていた時期は、もちろん引きこもりで悩んでいたときです。

このときは実家に引きこもって1年くらい経っていて、毎日がしんどかったなぁ。

 

いつもなら焦るだけ焦って何もせずに終わるんですが、その時だけは違いました。

「このままずっと引きこもり続けるのはイヤだ」という思いが非常に強くなり、行動を起こさせたのです。

結果的にブログを始めて、多くの人たちと知り合って外に出られるようになりました。

 

じゃあ、どうして「このままずっと引きこもり続けるのはイヤだ」と思えたのか?その答えはこれです。

 

20年後も何もせず引きこもっていた場合のことを想像したからです

 

気付いたら行動してました。

 

慢性的な焦りをなくしてくれるのは環境の変化だけ

ぼくは行動を起こしたことで、1年後のいま多くの人と人間関係を築けました。

スケジュールも真っ白だった去年に比べ、半分くらいは何かしら埋まってます。

外出だってそんなにハードルは高くない。

仕事となると相変わらず出れないけど・・・

 

ただ焦るだけ焦って何もしなかったら、ここまで活動的になることはなかったでしょうね。

相変わらず「社会復帰できないけどどうすればいいのか分からない」と、同じところで焦っていたかもしれません。

 

慢性的な焦りは、環境の変化でなくすことができます。

 

焦りをバネにして環境を変える努力をしてみよう

焦るだけなら誰でもできる。

でも、焦りをバネにして行動できている人はほとんどいません。

なぜなら、行動しないのは楽だから。

 

でも長期的に見れば、どっちの方が楽なのかは明らかですよね?

もう一度見ます?

 

 

こうなりたくなかったら、焦るだけじゃなくて行動を起こす努力をしようってこった。

 

もし今すぐ何かやってみたいなら、ブログをおすすめするよ。

ブログを始めるだけで友達ができる!誰もが納得する3つの理由

2017.04.22

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です