乳首の毛を剃るのに1番適しているのは「電動鼻毛カッター」だった!!

あなたは乳首の毛の処理に悩んでいませんか?(直球)

ぼくは小学生高学年の頃から乳首の毛が生えており、家族でプールに行ったときに父からこう言われました。

「あんた乳毛が生えとるじゃん。剃りんさいや。」

うるせえ!そういうあんたは頭の毛が生えて(これ以上はプライバシーのためカットします)

というアクシデントがあってからは、通称『乳毛』が伸びるたびに風呂場で抜いてたもんです。

そして最近になってとうとう・・・乳首の毛を効率よく安全に処理する方法を発見したのです!!

【SPONSORED LINK】

乳首の毛は「電動鼻毛カッター」で剃れ!

電動鼻毛カッターとはその名の通り、電動で鼻毛を剃ってくれる機械です。

使い方としては、鼻毛を剃る以外に用途はないものだと思われていました。

しかし、乳首の毛に対して深い因縁を持つぼくは気付いてしまいました。鼻毛カッターの形状が…

乳首の毛を剃ることに完全に適しているフォルムであるとね!!

電動鼻毛カッターで乳首の毛を剃るのは超カンタン!

電動鼻毛カッターはスイッチをオンにして、先っちょを毛に当てるだけでジョリジョリ剃ってくれます。

しかも、先端部分は鼻の穴に入りやすいように細くなっているので、ねらった乳毛にダイレクトに当てることができるんですね。

しかも!

先端が細いので、大事な乳首本体に傷をつけることがないんです!

【SPONSORED LINK】

なぜ鼻毛カッター以外では乳首の毛を剃れなかったのか

小学生の頃から乳首の毛と戦ってきたぼくは、当然様々な方法で奴らをカットしてきました。

ですが、そのことごとくを封印せざるをえなかったのです・・・

ここでは、なぜダメだったのかの理由も踏まえてお話しします。

その1.手で抜く

まず、手で抜くのはかなり痛い。素手で毛を抜くのは非常にリスキーです。

初心者はまず手で引き抜こうとしますが、絶対にやめてください。乳首周辺に深刻なダメージを負うことになります。

そしてこれは定かではありませんが、毛穴にダメージを負うと、さらに乳首周辺を守ろうと乳首の毛が活発になる可能性もあることに注意してください。

その2.T字カミソリで剃る

ヒゲを剃ったついでに乳首の毛も剃ろうとしていませんか?

たしかにカンタンに逸れるという点ではいいかもしれませんが、勢い余って乳首までカットしてしまうリスクを忘れてはならない。

乳首を傷つけないように指で乳首を抑えて慎重に剃るその姿は、とってもおマヌケですよ。あ、あと意外と時間がかかるんですよね。

その3.ハサミで切る

ハサミもまさか、こんなことに使われるとは思っていなかったでしょう。

リスクとしてはT字カミソリよりも低いのですが、乳首の毛を根元から剃ることが難しいというデメリットがあります。

まるでヒゲを剃り残した残念なアゴのように、ただただ残念な乳首に成り果ててしまうのです。

【SPONSORED LINK】

結論:乳首の毛を剃るのは「電動鼻毛カッター」が1番!

電動鼻毛カッターは、安全面・機能面でもダントツで、安く買えるというメリットまであります。

ぼくが使っているのはAmazonで800円くらいで買ったものですが、乳首の毛を剃るのに十分すぎるほど活躍していますよ。あと鼻毛もついでに剃ることができます!

乳首の毛の処理に悩んでいる人は、騙されたと思って「電動鼻毛カッター」を試してみてください。人生が変わりますよ。

【SPONSORED LINK】



LINEで情報をお届け!相談もできるよ


お得な情報をLINEでお届けしています。役にたつ本や前向きになれる考え方など、「明日の自信を取り戻す」ための情報を主に配信しています。また、個別で話すこともできるので軽い相談があるときにも使えますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です