『継続は力なり』は本当だった、では僕らはニートであり続けるのか?

皆さまこんにちは、かずのこ(@roomliveman)です!

 

『継続は力なり』って言葉がありますよね。

僕の周りでもよく継続がどうたら、続けることでどうたら、なんてのをよく聞きます。

 

継続つったってさぁ、続けられることで効果なんて出てくるとは限らないじゃん?

 

と、お考えのあなた

あなたはすでに、『継続は力なり』を自分で証明しているんですよ。

『継続は力なり』は本当にある

『継続は力なり』には重みがある

現状を打破したい、目標を達成したいなら、コツコツと同じ行動を地道に続けていくほかない。

そういう意味で『継続は力なり』と言われることが多いです。

この言葉のもともとの出典はなく、最初に語った人も不明なんだけど、人々に古くから言い伝えられてきた語句のようです。それだけに重みがありますね。

 

 

 

ニートを続けてきたんだから、ニートでいることに慣れるのは当たり前

僕のようなニートは、新しい習慣を身に着けることがとても苦手です。それを何年も続けることはもっと苦手!

でも、よくよく考えてみると、ニートになるにはニートになるための継続があったわけです。

アヒルとして育てられてきたヒナがいきなり白鳥へと変貌するなんて、童話の中だけですからね。

 

今真面目な人は、これまで真面目な生活を続けてきたから。

今いい加減な性格の人は、これまでいい加減な生活を続けてきたから。

そして、僕のようなニートは、ニートになるための行動を続けてきたからこうなっている。

同じく、脱ニートがなかなかできないのは、ニートであることを続けてきた結果、ニートでいるための力をつけてしまったせいです。

 

現在の自分をかたち作っているのは、間違いなく自身の行動がもとになっています。

 

 

どんな継続が自分を作っているか考えてみよう

僕は嫌なことから逃げ続けてきた結果、嫌なことから逃げる人間になってしまいました。その結果ニートとしての現在があります。

でもそれって、なにも最初からニートになろうとしていたわけじゃないですよね。

 

ニートとはただの結果です!

重要なのは肩書ではなく、その中でどんな行動を継続させるのか、じゃないでしょうか?

 

 

脱ニートしたいなら、ニートであり続けための継続をやめよう

僕は新年度から、ブログを毎日継続させて更新しています。

その行動の裏には、『何もしていない状態』を継続させることを辞めたかったという思惑があります。

その『何もしていない状態』が続いていることが、僕がニートであることに繋がっていると考えたからです。

 

そして、新しい習慣として『色んなものに興味を持ってブログにアウトプットする』ことを継続しています。

まだ1ヵ月では大した効果も出ていないかもしれないけど、これが1年、2年と続いていくうちに、効果は必ず出てくる!

効果はすぐに出ないなんて分かりきってるから、途中で諦めたりしません。

 

 

継続が力になることは証明されている、じゃあどうする?

簡潔に言いたいことをまとめてみると、こうなりました。

 

  1. 『継続は力なり』は事実だ!
  2. あなたの現在は、あなた自身のこれまでの行動が継続されたからこそ存在する。
  3. 現状が不満なら、その元となる継続をやめよう!
  4. 新しい継続が、新しい自分を作る

 

生きているだけで、これだけ証明されます。

継続が力だと分かったあなたは、これからどうしますか?

 

 

こちらもどうぞ

僕らは「幸せ」を計る基準がお金だけではないことをもっと理解するべきだ

絶対継続妨害するマンである9月に負けないためのマインド

「思考は現実になる」を知らず知らずのうちに証明していること、ちゃんと気づいてる?

 

友達追加して、ブログには書いていない裏情報を知ろう!個人的に相談OK
友だち追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です