ドイツ在住ブロガー、雨宮紫苑さんと「引きこもり・ニート観」について対談したよ!

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

あのドイツ発 雨宮の迷走ニュースで鋭い目線で社会にズバズバ切り込む記事を書いていらっしゃる雨宮紫苑さんと先日に対談したのですが、その内容を記事にしていただきました!

雨宮さんはライターを志していて、現在すでに多数のサイトに寄稿されており、大きく評価もされているすごいお方です!

聞けば僕と同い年、なのにこんな文章書けるのか・・・ひええ。

というわけで実力はプロブロガーも認めるほどの折り紙付きです。

 

その対談記事はこちらです↓

【対談】引きこもりニートを底辺だと言ったやつ、ちょっと来い

 

【SPONSORED LINK】

どんな話をしたの?

この対談では、僕が引きこもってニートになってしまうまでの経緯と、「引きこもりやニートは社会的に軽蔑される」ことに対しての反論を唱えています。

もしあなたが引きこもりやニートで、自分のことを責めてしまうような考えをお持ちなら、ぜひ読んでみてほしいと思います。

雨宮さんは話の要点を掴むのが上手いので、とても分かりやすいものとなりました。これを読んで、実際にニート観が変わったと言ってくださった人もいますしね!

読むのに5分くらいしかかからないと思うので、気軽にどうぞー。

 

雨宮紫苑さんと対談となったくだり

雨宮さんとは、僕がブログを始めて割と早くからコンタクトをとっていました。プロフィールを見れば、僕と同じ引きこもりだというじゃありませんか!そんなわけで勝手にシンパシーを感じていました。

あるとき、投げ銭で寄稿先を探しておられたようなので、思い切って立候補!かくして記事の依頼をして、お互いの引きこもりやニート感について話し合う対談という形になったんですね。

僕のワガママで無効に載せていただく形になったのですが、対談の内容はとても有意義なものとなりました。

 

Skypeでお話した雨宮さんはブログの文章よりも、若干柔らかい雰囲気でしたね(笑)

しかし、しっかりと仕事人の気質をお持ちのようで、僕の細かくてネチネチした要望にも応えていただきました。産まれたての赤ん坊のような僕に、真摯に対応してくださった雨宮さんにとても感謝しています。

 

「引きこもりニートと呼ばれる人たちの名誉挽回活動」

「引きこもりニートと呼ばれる人たちの名誉挽回活動」

対談記事内でこのような言葉が出てきます。

引きこもり、ニート・・・そういった負のイメージという烙印から解放され、生きる喜びや目的を見つけられる人が増えてほしい。挽回する名誉とは自尊心と自信、周囲からの評価のことです。

まずは僕自身がそれを実現させることができるように、日々努力しています!

ちなみに「引きこもりニートと呼ばれる人たちの名誉挽回活動」という名前は雨宮さんの言葉から拝借しました。

 

【SPONSORED LINK】

ブロガーとして引きこもりニートとして

人のブログを見たり自分で書いたりしていると、ふとその人の考え方が垣間見えることがあります。それは自分にはない価値観だったり、自分も言葉にはできなかったけど潜在的に持っていた感覚だったりです。

雨宮さんの視点は僕が持っていないものも多いですが、引きこもり感において共通する認識が多くありました。

それらの認識を共有できて、同じようにブログ活動をしている人と話しができたのも良い経験となりました。単純に楽しかったですしね!

こんな経験、なかなか外に出られない僕にとってはブログをやってないと味わえなかったな~。

あらためて、対談していただいた雨宮さん、ありがとうございます!

 

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です