”宣言したのに行動できない”がうつ状態を悪化させる!!

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

 

突然ですが、「わたしはこれから〇〇をやります!」と宣言して、結局できなかったことってありませんか?

 

自分にプレッシャーを与えて、行動しなきゃいけない!と発破をかけるのも悪くはない、けど今までも同じことをして結局やらずに過ごしてきた人は、なるべくくり返さないようにしましょう。

なぜなら、これから行動することの宣言は行動をとるのに効果的な反面、うつ状態を悪化させる可能性があるからです!!

【SPONSORED LINK】

うつ傾向の人ほど、宣言すると行動できない

 

[speech_bubble type=”std” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”Aさん”]次の休日は家でゴロゴロせずに、外に出かけて絶対に充実した日にしよう![/voice]

 

休日の過ごし方がマンネリ化している人が心のなかでそう誓ったとしましょう。

 

しかし、いざ休日になったところで、やっぱり出かけるのがしんどい。

結局いつもと同じ過ごし方になって後悔しますよね。

 

宣言しては行動しないことを「自分は何もできないんだ」と思い込んでしまうことによって、自尊心が削られてしまう。特にうつ傾向の人はやってしまいがち。

かくいう僕も宣言してはやっぱりまだ・・・みたいなことを繰り返して後悔しています。反省。

 

ついついやってしまう一連の行動。

実はこれ、うつ傾向を悪化させてしまうんです。

 

 

『生理的覚醒による優勢反応の強化』

このままじゃダメだと一念発起して、自分に「絶対にやるんだ!」とプレッシャーをかけるのは、必ずしもいい影響があるとは限りません。

[wc_box color=”secondary” text_align=”left”]
  1. 宣言
  2. なんだかんだ言って結局やらない
  3. 後悔して自分を責める
[/wc_box]

実はうつの人が陥りやすいこのメカニズムは心理学において解明されているんです。

その名も『生理的覚醒による優勢反応の強化』

 

僕の大好きなゆうメンタルクリニックで、『生理的覚醒による優勢反応の強化』についておもしろ分かりやすい漫画があるので紹介します。

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第50回「気合いを入れるほど、うつは悪化する!?」

 

おもしろいから仕方ないけど、ギャグばかりに目を取られてはいけない。

学べるところはしっかり学びましょう。

 

注目したいのはここだ!

「気合を入れると強い方の気持ちがより強まる!」

好きなことはより好きに

イヤなことはよりイヤになる

 

気合いを入れることでかえって「したくない」という気持ちが強まり、ストレスを受けている可能性があります。

うつ傾向の人は特に、現状から抜け出したいと強く思っているので気合いを入れがちです。

そしてやらなかったことで自尊心を傷つけ、無気力になっていってしまうんですよね。

 

納得された方も多いんじゃないですか?

 

 

【SPONSORED LINK】

無理に追い込まず、”とりあえず”からやってみよう

漫画で全部話されちゃってる感はありますが、つまりはこういうことです。

宣言しても行動できなかったら、”とりあえず〇〇だけやってみよう”と考えてみよう。

 

仕事に行きたくないなら、「明日から仕事頑張ろう!」ではなく、「とりあえず朝起きて着替えるだけやってみよう」

休日を充実させたいなら、「ゴロゴロせずに有意義なやすみにしよう!」ではなく、「とりあえず友人と連絡をとってみよう」

まずは”とりあえず”できることを始めてみたらいいですよ。

 

僕自身も最近ムキになってこうならなきゃいけない!と思い込んでプレッシャーをかけていたので、まずは落ち着いて”とりあえず〇〇からやってみよう”をしようと思います。

本当にやりたいことなら、宣言せずとも体が勝手に動いているはずですからね。

 

 

タメにもなる『ゆうきゆう先生』の漫画は大変オススメです!

文句なしにおもしろいです。

 

ホームページでも読めるよ!

ゆうメンタルクリニック

 

 

こちらもどうぞ

睡眠バランスが崩れてしまう「睡眠リズム障害」はただの甘えなの?

≪0% vs 100%≫両極端な考え方を緩くする魔法の呪文

『ADHD』『適応障害』…大人の発達障害による生きづらさの対策を考える

 

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です