「○○やります!」という宣言は自分の首を絞めているのかもしれない

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

あなたは「わたしはこれから〇〇をやります!」と宣言して、結局できなかったことありますか?

自分にプレッシャーを与えて「行動しなきゃいけない!」と発破をかけるというのは、方法としては悪くない。

けど、一度宣言したことを守れなくて後悔したことがある人は、二度と宣言してはいけません。

なぜならうつ状態を悪化させてしまうからです。

 

【SPONSORED LINK】

うつ傾向の人ほど、宣言した行動ができない

かずのこ
明日こそは朝から起きてやることを全部終わらせて、昼からの予定に間に合わせるんだ・・・!
かずのこ
そうだ、Twitterで宣言しておこう。これなら自分にプレッシャーもかけられていい感じだよね。

 

翌日・・・

 

かずのこ
昨日夜更かししちゃって朝に起きれなかった・・・やらなきゃいけないこともできてないし、昼からの予定もしんどい・・・キャンセルの連絡するの嫌だなぁ・・・
Twitterのフォロワー
かずのこさん、やらなきゃいけないことあったんじゃないんですか?
かずのこ
うっ・・・
知り合い
ちょっと!昼からちゃんと来れるの?来れないの!?
かずのこ
あああ・・・ゴメンナサイ・・・

 

かずのこ
おれはダメなやつだ。結局なにもできてないじゃないか・・・

 

はい、こんな経験ありませんか?ぼくはめっちゃあります。

宣言をすると自分への強制力が働きます。ですが、もしできなかったときのことを考えると、ふだんよりも余計に落ち込んでしまい非常にハイリスクです。

もちろん全ての人がこうなるわけじゃありません。完璧主義だったり、自尊心の低い人が陥りがちです。

宣言してしまうと、必要以上に「○○しなければいけない」という焦りが働いてしまうことが原因ですね。

 

『生理的覚醒による優勢反応の強化』

実はうつの人が陥りやすいこのメカニズムは心理学において解明されていることを知っていますか?

その名も『生理的覚醒による優勢反応の強化』

「気合を入れると強い方の気持ちがより強まる!」

好きなことはより好きに

イヤなことはよりイヤになる

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第50回「気合いを入れるほど、うつは悪化する!?」

気合いを入れることでかえって「したくない」という気持ちが強まり、ストレスを受けている可能性があります。

うつ傾向の人は特に「現状から抜け出したい」と強く思っています。

そしてできなかったときに自尊心を傷つけ、無気力になってしまうんですよね。

 

【SPONSORED LINK】

自分を無理に追い込まず、”とりあえず”からやってみよう

宣言しても行動できなかったら、必要以上に自分を責める必要はありません。

どうしても行動の前に宣言するクセがなくならなかったら、”とりあえず〇〇だけやってみよう”と考えてみることをおすすめします。

仕事に行きたくないなら、「明日から仕事頑張ろう!」⇒「とりあえず朝起きて着替えるだけやってみよう」

休日を充実させたいなら、「ゴロゴロせずに有意義なやすみにしよう!」⇒「とりあえず友人と連絡をとってみよう」

まずは”とりあえず”できることを始めてみましょう。

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です