プログラミングを教えてもらいながら稼ぎたかったので派遣に申し込んできた

かずのこです。

僕はかねてから「一番稼ぎやすい」とされるエンジニアのスキルを手に入れたいと考えていました。

だって、エンジニアとしての知識や実績があれば色んな会社から引く手数多よ?

ふだんは家で引きこもりながら、必要なときだけ出てちょちょいと仕事をして稼ぐ・・・そういうフリーランスな生活もエンジニアなら不可能じゃないわけさ!

そんなゲスい動機でプログラミングに興味を持っていました。

今はプログラミングスクールなんてものがたくさんあって、なかには在宅でも受講できるというものもある。

でも僕は習い事をしたいわけじゃない。

僕は実践で使うスキルを身につけたいんだよ!

あとプログラミングスクールは受講料が高すぎる!(本音)10万とか20万とか払いたくねえよ・・・

そんなわけで知り合いのwebエンジニアに教えてもらった、バイトでスキルを身につけるという裏技を教えてもらったのだ。

【SPONSORED LINK】

むしろバイトでスキルを身につけるのは正攻法

バイトでスキルを身につける・・・この考えは正直なところ僕にはなかった。

僕はバイトを長く続けられたためしがなく、最後に居酒屋でバイトしたときは通勤1ヵ月目で胃腸炎になって辞めた。

もちろんバイトにはいい思い出がない。

けど、お金を稼ぐためじゃなくスキルを身につけるためにバイトをするならどうだろうか?

プログラミングを学びながらお金ももらえるって一石二鳥じゃん

僕は少ないお金をもらうためだけに時間を切り売りすることはできない。

そんな働き方は大っ嫌いだ!

だけど実践的な経験を積みながらバイトできるなら、僕はいくらだって家の外に出てやる。

10万も20万もかけてよくわからないままスクールに通うよりも、少しでもお金をもらいながら現場で使うスキルを身につけることの何が悪いだろうか!

僕はwebエンジニアの知り合いから聞いたこの方法を思い出した瞬間タウンワークで申し込んでいた。

未経験歓迎のIT企業を紹介している派遣会社に登録してきました

そんなわけで申し込んだ翌日に登録会に行ってきました。

自分のことながら行動早くてビックリする。

去年の自分が見たらおったまげて部屋から出てこなくなるぞ。

んで、1時間半くらいのあいだに書類に記入したりタイピングテストをしたりしたんだけども。

タウンワークに載っていたような肝心の案件は、どうも今のところ募集していないみたい。

ある意味予想していた通りでガックリきてしまいました。

8月に近づけば派遣に空きが入ることもあるので、それを待つしかできない状況。

けっきょく今回の収穫は担当の同い年女性社員とお話しできたことくらい・・・か。

やっぱりすぐに動きたいならプログラマカレッジでも使えばいいんだよね。

【SPONSORED LINK】

それでも自分から動くことをやめたらいけない

かずのこ

もし僕がすぐにタウンワークを開かず先延ばしにしていたら、今回の「収穫がないことが収穫」のようなことにも遭遇するのが遅かっただろう。

時間をかけてかけてまたかけて、けっきょく収穫ありませんでしたー!ではいつまで経っても成長しない。

行動と結果のサイクルを次々にまわしていく、これがチャンスをつかむということなのだ

そしてサイクルをまわすためには足をとめていてはいけないということもわかった。

1度ダメだったからと言って受け身になっていたらチャンスを逃すかもしれない。

そんなことを理解した1日でした。

webエンジニアの人にコネがないか聞いてみよ・・・(笑)

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です