人間誰にも、逃げずに立ち向かわなければいけないときがある

 

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

 

 

僕はいま、深夜にもかかわらず肌で感じていることがあります。

 

それは「人間誰にも、逃げずに立ち向かわなければいけないときがある・・・!」ということです。

 

 

人はなぜ目の前の脅威から逃げようとしてしまうのか

生きていくうえで必ずぶつかってしまう「壁」。

僕らはこの「壁」を脅威ととらえ、目を離したくなってしまう衝動に駆られます。

 

でも、みんな知っているはずですよね?

目を離したとしても、いつか必ず立ち向かい乗り越えていかなきゃいけないんだって。

 

 

逃げられたと思っても、必ずまた立ち塞がられる!

一時は目を逸らして逃げたつもりになれるかもしれません。

でも、頭の端っこにはいつまでも残り続ける・・・。

いつまでも、どんな時でも気になってしまう。

逃げてもどうにもならないときだってあるんです!

 

 

気合を入れて、立ち向かってみよう!

僕も目の前の壁から逃げてきた人間です。

ですが、いまこの時だけは、決して逃げずに立ち向かっていきます。

もう逃げない・・・絶対に逃げない!

 

全力で挑んでやる!待ってろ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴキブリの野郎!!

 

1bug_gokiburi

 

 

深夜のトイレで会うのは何度目だ貴様!

いい加減退治して下水に流してやるぞオアア!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

End.

 

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です