「がんばった」で終わらせる毎日が好き

どうも、かずのこですよ。

1日の終わりになにを思って寝ていますか?

今日やったことを振り返って、○○ができなかった。反省、自己嫌悪、寝れない⇒負のループ。

そんな毎日をおくっていた数ヶ月前に比べて、だいぶ心が安定してきたなぁと思ってる。

最近は「めっちゃがんばった」と思って寝ることが多い。

このおかげで僕はポジティブシンキングを無理なく続けられるし、周りの環境もよくなってきた。

1日の終わりを「がんばった」で終わらせることには、言葉以上の力が働いているんだよ。

みんな「できた」か「できなかった」で考えすぎなんだよな

僕はものすごく感じていることがある。それは、みんな「できた」「できない」で物事を考えすぎなんじゃね?ってこと。自分もそうだったけど、いちいち0か100かで自己採点するんだよね。

目標より少しでもできてなかったら「目標通りにできなかったから0点だ・・・」って言い出す。それ、いったいどういうことだよ!お前の答案用紙、大問1個しかないのかよ!

数学のテストだって答えが合ってなくても、過程が合ってればちょっとだけ点数もらえるというのに・・・

「がんばる」じゃなくて「がんばった」と言いなさい

0か100か、そんなバクチな世界で疲弊するくらいなら、評価基準をぜひ変えてください。

たとえば僕が一番気を遣ってるのがこれ。

言っていいこと

  • ×⇒がんばる
  • ○⇒がんばった

むしろこれくらいしか気にしてない。これだけで、毎日はかなりラクになる。がんばったって言うことで1日がビックリするほど充実するからね。

1日にできたことを箇条書きにするだけで、人は前向きになれるんだよ。おっけっこうできてんじゃん!って思えるもんなんだよ。

かずのこ
がんばります!気を付けます!が、がんばります!

これはねぇ、めっっっっちゃ疲れるよ。

僕の基準はかなりゆるいぞ

しかも、毎日行っている自己採点の評価方法は3種類!

  1. がんばった
  2. 超がんばった
  3. めっちゃがんばった

これだけだ。

1日中無気力な状態で、やったことといえばごはん作って食べただけ・・・それだと1の「がんばった」になるね。

アホだと思うでしょ?でもバカにはしないでね。マジで効くんだから。

結局、自分を一番責めてるのは自己採点でいつも0点をたたき出してる人なんだよね。

自分にひたすら甘い人が前向きになれる

ときどき、顔は前を向いているのに気持ちが逆の方向を向いている人がいる。そういう人はたいてい自己評価の基準が高い。

自分の気持ちよりも、周りからの期待や社会常識にとらわれて、「自分なんてまだまだだ」と思っているんだ。

いや、自分に点数あげようよ。0点はさすがにないでしょ。どう見てもがんばってんのに毎日毎日0点ばかりつけてるとか・・・マゾなの?

自分に甘い人は「今日はこれができなかったけど、これだけできたから50点にしとこ」って思える。でもそう思えるから常に前向きに次もチャレンジできるんだよね。

なんだか毎日しんどい人は、まず自己採点の基準を見直した方がいいんじゃない?

 

ちなみにこのお店はイタリアンチェーン店のジョリーパスタだ。ビールが最高においしいです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です