引きこもりという肩書きばかり気にしているともったいないよ

かずのこ

どうも、引きこもりのかずのこ(@roomliveman)です!

アイキャッチ画像は先日うちに滞在していた、なかかずさん(@kaz_volley)に撮っていただいた写真です。

テーマは『引きこもり、外の空気を吸う』

さて、僕はこのブログを始めた4月から変わらず引きこもりのまま。

前より人と会って話したりするようにはなったかな?

そんで、最近よくこう言われるんです。

「かずのこさんってぜんぜん引きこもってないですよね~」

いやありがたい。そう言ってもらえるのは素直にうれしい。

でも、僕ガチガチに引きこもってますよ?

ただ、周りの人が僕を”ただの引きこもり”として見なくなっただけです。

明るい引きこもりの引きこもり事情

僕の暮らしを赤裸々に(?)書きます。

正直に言うと、人と会う約束がないときはずっと家にいます。

25歳なのにまともに仕事してなくて、日常的に外出する用事がないからね。

具体的に言えば、週5日くらいは買い物以外で外出することはないです。

日本における引きこもりの定義

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」

(引用:厚生労働省 政策レポート

この定義を当てはめてみると、バッチリ引きこもりだということが分かりますね!

でも、「引きこもってないですね」と言われている現状。

なんだこの矛盾・・・(´◉◞౪◟◉)

引きこもりという肩書きにとらわれるな!

僕は国が定めた定義でいえば、たしかに引きこもりです。

でもそれは、かずのこという人間が持つ側面のひとつでしかないんです。

その気になれば、僕は引きこもりと名乗らないようにもできる。

  • 引きこもり
  • 家事手伝い
  • 主夫
  • ボランティア
  • 在宅ワーカー
  • ブロガー
  • フリーター
  • 無職
  • 自宅警備員
  • インタビュアー

僕がいまやってることを考えていけば、少なくともこんなに名乗れる肩書があった。

引きこもりはその中のひとつでしかない。

自分の側面のひとつでしかないのに、「自分は引きこもりなんだ・・・」と型にはめちゃうのって、とても悲しいですよ

「引きこもってないですね」と言われるのは、相手が僕そのものを見てくれたおかげだ

かずのこ

僕は確かに引きこもりです。

でも、話した人には「引きこもってないですね」と言われる。

これって相手が僕のことを”ひとりの人間”として見てくれたからですよね。

これは本当にうれしいことだと感じました。

肩書きだけじゃなくて、僕そのものを見てくれてたってことだからね。

同時に僕自身も、人のことを肩書きだけで判断するのはもったいないことだと気付かされました。

今後は属する会社名や肩書きの重みが薄れていく時代。

そんな中で自分や人を肩書きだけで判断するのはもったいないですよ。

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です