不登校で学校に行けなくなった当事者はどんな気持ちで過ごしているのか?

こんにちは、中1から長きにわたって不登校を経験したかずのこです!

具体的に言うと中1の2学期にはいってすぐに不登校になりました。不登校になってしまった理由はここで書いた通りです。

じゃあ当事者として何を考えていたのか?という声があったので当時を振り返りながら書こうと思います。

不登校の子どもはなにを考えているのか想像できますか?想像はできたとしても、どう関わっていけばいいのかが分からない?

当事者としてどんな気持ちで過ごしていたのか、参考になるかもしれませんよ。

 

【SPONSORED LINK】

学校に行けなくなったとき、次の日からまた登校できるだろうと思っていた

ぼくは中1の9月から学校に行けなくなりました。

宿題が終わってなかったり、学校がつまらなかったりするとしても、学校に行かないのはリスクが大きい。当時ぼくが通っていた学校は進学校で、1日でも休むと勉強のスピードに追い付かなくなっちゃうんですよね。

だから、夏休みが明けたときは「ぜったいに学校に行かなきゃ」と考えていました。もちろん初日は元気を出して通いましたよ。

でも問題はその次の日から!新学期が始まって2日目の朝、体調はいつも通りだったのに頭のなかで「行きたくない」「しんどい」「めんどくさい」という声が響くようになりました。

ご飯を食べて、着替えて、あとは家を出るだけ・・・。なのに「行きたくない」という気持ちで心がいっぱいになって、身体がみるみるうちにダルくなっていきました。行きたくなさすぎて仮病を使って学校を休んだくらい。

家を出れないなんてことは初めてだったけど、わりと軽めに考えていて「次の日からはふつうに行けるだろう。今日だけ休もう」くらいの能天気さでしたね。

でも、現実はそうじゃなかったんですよ。

 

どうしても学校に行けなくて混乱する

なんと次の日の朝も同じような状態になりました。朝起きれて、準備もできる。なのに家を出るときになって「行きたくない」という気持ちが爆発する。

トイレから出なくなったり、制服に着替えたまま布団の中に入ったりして、「学校に行かなきゃいけない」という思いと必死に戦っていました。自分でもどうして頑固になっているのか分からないまま、結局学校には行けませんでした。

親は2日も休んだことに心配してたけど、学校に休みの連絡を入れたぼくはさっきまでの焦りがウソのように安堵していました。「よかった、これで安心して休める」って感じで。

こんなことが数日続き、親も先生も悩み始めます。ぼくも悩んではいたけど、考えていたことといえば「明日はどうやって休もうか」ということと、少なからず感じていた罪悪感でした。

 

罪悪感を感じながらも学校に行けない

当時は「不登校」という言葉が一般的に知られはじめたくらいで、周りにもほとんどいませんでした。だから周りは「どうして行けないんだろうね」と考え、あの手この手で学校に行けるように手を尽くしてくれていました。

朝起こしにきてくれたり、学校まで車で送ってくれようとしたりね。先生も受け入れ態勢を用意してくれていました。そのおかげで数回は登校することができたけど、逆に言うとそれだけ。

ぼく自身は相変わらず「行きたくない」から解放されることはありませんでしたね。登校できて何か変わったかといえば、「行きたくない」から「早く帰りたい」になったくらい。ダメだこりゃ。

周りを困らせていることに罪悪感を感じながらも、どうしても“ふつう”にすることができない。いつまで経っても学校に行きたくない。そのうち仮病を使いすぎて、親にもむりやり学校に行かされるようになりました。

 

社会は理由もなく学校を休ませてはくれなかった

10年前は不登校の手本となるケースがなかったんですよ。親も先生も“不登校の子ども”は初めての経験だったんじゃないですかね。

だから、「行けないことにはなにか理由があるんだ」とばかり考えて、本人の気持ちには誰も気付けなかった。もちろん本人もね。

  • 自分が学校に行けないのには理由があるはず
  • 学校に行けないことは悪いことだ

不登校は犯罪でもなんでもないはずなんだけど視野が狭くなっていたんでしょうね。

毎日夜になったら、母と二人で話をしていました。どうして学校に行けないのかを相談したり、学校に行きたくないことをひたすら打ち明けたり。

母はぼくの気持ちを受け止めてくれましたが、一時しのぎにしかならなかったですね。なぜなら、どうあがいても平日の朝はやってくるからです。

 

学校に行きたくない自分を責めて、現実から逃げようとした

学校に行かないのはふつうじゃない!直さなきゃいけない!

そんなことを思われていたのはよく分かっています。家族会議だってなんども開かれたし、先生との3者面談も特別にしてもらいましたからね。

学校に行きたくない自分はダメなんだと強く思っていましたよ。そのせいで、自分を責めたりもしました。13歳の子どもが自分を責めて精神を摩耗するなんて、本来あってはいけないはずなんですけどね。

だから現実逃避をしました。両親が共働きで家にいない間、パソコンの電源を入れてインターネットを見ていました。

インターネットには気持ちを和らいでくれるコンテンツがたくさんある。ときには物語を読んで、ときにはアダルトサイトを見ていました。年齢制限なんて関係ないとばかりに、現実から逃げたくてしょうがなかった。

なにも考えないように過ごし、気分転換ができないときはひたすら学校に行けない自分と向き合わなければいけない毎日。ぼくはそんな中学校時代を過ごしたんです。

 

【SPONSORED LINK】

学校に通う方が楽に決まってる!それでも行けないのが不登校だ

ぼくが不登校になった当時に考えていたことを話しましたが、不登校の子どもが全員同じことを考えているわけではないですよ。

もしかしたらイジメなどの直接的な原因があるかもしれない。でも、親や先生に「学校に行きたくない」というのはよほどの勇気がないと言えないです。

その振り絞った勇気を押しつぶすんじゃなくて、受け入れることができるような環境にいれば少しは違うかもしれないですよね。何年も原因が分からず悩み続けたぼくとは違い、もっと早くから前向きに取り組むことができるはず。

不登校の子どもが前向きになれるかどうかは、親や先生、周りの環境に左右されているといっても言いすぎじゃない。

もし子どもが不登校になってしまっても、「学校に行きたくない」という正直な気持ちをどうか否定しないであげてほしいです。

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です