不登校で高校を中退したけど現役で大学に入学!高認試験のために通信制予備校へ通った話

こんにちは、不登校歴10年以上のかずのこです。

実はぼくは高校2年生のときに中退しています。

でも、大学には同級生と同じ年に入学しています。大学に入るには高校卒業資格が必要、なのにどうして現役で入ることができたのか?

答えは高認にあります。

高校を中退しても、高校卒業と同程度の資格があれば大学にいけるんですよ!

 

【SPONSORED LINK】

高認ってなに?

高卒認定っていうのは、正式には「高等学校卒業程度認定試験」といいます。

ようするに、試験に合格したら高校を卒業したのと同じ資格を与えるよってことです。

高卒認定という呼び名は平成17年からのことで、それ以前は大検とも呼ばれていましたね。これでも国家試験なんですよ。

で、ぼくは高校を中退したその年に高認を受けて一発合格しました。高校を中退したその年に高校を卒業したのと同じ資格を取ったってわけですね(笑)

 

高認試験は意外とカンタン?

現在ではどういわれているか分かりませんが、高認試験はそこまで難しくありません。実際にそこまで勉強したかと言われると、そうでもなかったですよ。

高認試験が難しくない理由

高認試験は、センター試験などと比べて合格点がかなり低いです。40点以上取れたら合格できます。

さらにいえば、基礎部分の問題しか出ないので、ひと通り勉強できればかんたんに通ると思われます。

どうしてそんなにハードルが低いのかというと、高認試験は落とすための試験じゃなくて、受かってもらうための試験だからですね。

高認試験の範囲は広くて浅い

試験科目は8科目あり、一部免除されることもあります。免除次第では1科目だけの試験でOKなんてことも。

試験範囲は広く見えますが、内容は基本ばかりなのでとても浅い。

基本さえ覚えていれば、高校卒業と同程度の資格がもらえるので、かなりコスパがいいです。

でも、試験範囲を家でひとりで勉強しようと思ったら、やっぱり合格するのは難しかったなと思います。

独学で勉強しようとしても分からないところがでてくるし、なにより集中力がなかったですからね。

ぼくが高認試験に一発で合格できたのは、高卒認定予備校に通っていたからです。

 

ぼくが通った高卒認定予備校の特徴

毎日高校に通えなかった人や、大学に通うために高認を取ろうとする人が通う通信制の学校は、自分たちが思ってるよりも多いです。

ぼくが通っていた「第一学院高等学校」というところは、こんな特徴がありました。

  • 毎日行く必要はない(自分が行けるときだけ)
  • 私服で登校
  • 高認試験の科目を学べる
  • 先生とマンツーマンの補修が可能

不登校だったぼくにとって毎日学校に通わなくてもいいのはとても楽でした。

これがもし「毎日通わなきゃダメ」なんて普通の高校と同じような規則なら、ここでも挫折していたに違いありません。

そして、ぼくが「第一学院高等学校」に入ってよかったと思う理由はもうひとつあります。

 

高卒認定予備校で友達ができた

高卒認定予備校には、授業をサボってまったく来なかったり、来てても校舎裏でタバコを吸ってるようなヤツがたくさんいました。

高校に行けなかった人が親に通わせられていることが多いので、そういう人種が集まるのはしょうがない。

だけど、なかにはいいやつがいるもんで、高認にも無事受かって予備校で大学受験の勉強をしていくなかで、ある数人と友達になりました。

彼らはぼくと同じように不登校などで高校を中退して、第一学院に通っていた同年代の、マイペースで優しい人たちだった。

彼らと仲良くなったことで学校が楽しくなり、最終的にぼくは毎日予備校へ通えるようになりました。

友達ができたことで毎日が充実して、勉強にも力が入り、無事大学に受かったんですね。

最後には肩を並べて、笑って卒業したのが懐かしいです。

 

【SPONSORED LINK】

不登校で高校中退をしてしまっても諦めないで!

ぼくが不登校でも大学に現役で入れたように、不登校だったり中退していたりしても諦めないでください

通信制高校にはカウンセリングもあったし、同じ境遇の人がたくさんいる。

絶望なんてせずに、自分が楽しく前進できる環境を探してみてください。

通信制予備校系は、ぼくが通っていたころよりも学費が安くなっているので、一度比較してみてください。

ズバット通信制高校比較

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です