【不登校の子の母に聞く】子どもが不登校になったとき親がとるべき関わり方

どうもかずのこ(@roomliveman)です。

ぼくは中学1年生のころ不登校になり、高校を中退して高認試験予備校へ通うまで毎朝悩んでいました。

しかし、ぼく以上に悩んでいた人がいます。それは両親です。

突然ふつうに通っていた学校に通えなくなり、不登校になってしまった実の子・・・そりゃあ平静じゃいられませんよね。

 

そこで当時の心境をぼくの母親に聞いてみると、意外にも面白い話が聞けました。

また、子どもが不登校になったときに親がとるべき関わり方も教えてくれたので紹介します。

 

【SPONSORED LINK】

【母と話す】子どもがいきなり不登校になったらどうすればいい?

かずのこ
ぼくが不登校になったときって、どんなこと考えてたん?
あんたが不登校になったときねぇ・・・実をいうと母さんはそんなに焦らんかったんよね。
かずのこ
え、そうなん?
うん。そりゃあいつも元気だったのにとつぜん「行けない」って言ったときはビックリしたけど。
かずのこ
そうなんじゃ。でも不登校はかなり長引いたよ?(中1~高3まで)
そうじゃね、でも母さんより父さんの方が心配しとったかも。

 

そう、父さんはぼくが不登校になったことに一番ショックを受けていた。

学校に通うことは当たり前のことで、行かないなんてことがあるなんて思いもしなかった。と父から聞いたことがあります。

だから、自分の子どもが学校に通えないことに焦り、学校に戻れるように色んな方法を試したんですよね。

母は子どもの思うようにやらせ、父は学校に戻れるように尽力する。

そういった教育方針の違いで衝突することもあったりして、我が家は一時不穏な空気に包まれたこともありました。

 

子どもが学校に戻れないと判断したら、焦らなくても良い方法を探すことが大事!

でもね、だいたいの親が受け入れられないんよ。
かずのこ
子どもが学校に行けないということに?
そうそう、自分の子が学校に行けないことを「これは一時的なことだ」とか「長引いたらまずい」って思って、初期の段階で何とかしなきゃと焦るわけよ。
かずのこ
まあ、それで行けるようになる子もいるとは思うけど、全員がそうじゃないよね。
早く良くなればそれでいいんだけど、あんたみたいに最後まで行けない子もおるよね?
子どもがどうしても学校に行けないんだと悟ったら、親の方から早めに“焦らないやり方”に切り替えないと逆に長引くんよ。
かずのこ
“焦らないやり方”に切り替える?
そうよ。いつまでも「行けた」「行けなかった」で考えてると、けっきょくは中途半端なのがずーっと続いてしまうけぇね。

 

実は我が家でも、中学生の間は中途半端なことをいつまでも続けていて「学校に行くか」「学校に行けないか」それだけで一喜一憂していたことがあります。

そのせいで不登校に悩んだまま13歳から18歳まで不毛に過ごしました。

「やっぱり学校は合わない」と折り合いをつけていれば、もっと早くに他の方法を探ることができたでしょうね。

でも、当事者になると視野が狭くなってしまうんです。それは親も子も同じ。

学校は合わないんだと答えを出すのは難しいけど、親と子がお互いできるだけしんどくないやり方を見つけられるようにしたいですよね。

 

不登校の子をもつ親に言いたいこと

親はね、子どもの方がしんどいんじゃってことを知っとかんにゃいけん。
かずのこ
ああ、そうじゃね。
親が泣いとっちゃいけん。子どものことを一番に考えたら、「この子は何でこうするんじゃろうか」って思うはずよ。
いじめならいじめで原因がすぐに分かる。けどあんたみたいに原因がまったくわからず無気力になることもあるんよ。
かずのこ
たしかに。
「なぜぼくは学校に行けないんだろうか」「学校に行くのに意味はあるんだろうか」って思うと、学校に行く意味を見出せないようになるんよね、今の子って。
かずのこ
今はそういう子がとても多いじゃろうねー
そうなったら親がどうこう言っても簡単には戻れんよ。だから色んなものを見せてあげんにゃいけんのじゃないかな~って思うし、時間が解決するんじゃないかな~とも思うんよね。
行きたくなけりゃ行かんでええんよ。
かずのこ
そこまで言える親ってなかなかおらんよね~(笑)

 

母がこんなに強気なことを言うのは、不登校の子どもと一生懸命向き合った経験があるから。

ぼくがサラリーマンよりもフリーランスとして動く方が性に合っているのを見て、「自分に合う生き方」に寛容になっているからとも言えます。

だからこそ現在も不登校で悩んでいる親子に、「それだけが答えじゃない」と選択肢を提示したいんだと思います。

 

「学校」は良い環境ばかりじゃない

学校ってさぁ、良い環境ばかりじゃないと思うよ?
みんなに同じことをさせて、同じ常識を教えて・・・って違うよねぇ。心のなかで「先生それは違うよ」って思うことあるじゃろ?
かずのこ
んふふ
学校はひとりの才能を伸ばすための場所じゃないけえね。
かずのこ
いやホントその通りだと思うわ。クラス単位で平均化して教育するのが今の学校の在り方じゃけえね・・・

 

学校だけじゃなく、集団があるところはすべて同じような傾向があります。

留学や自由教育など生き方が多様化している現代において、いつまでも子どもの才能を押し込めておく必要はないはず。

 

親の偏見は子どもの未来を殺しかねない

子どもには「学校に行けないことは悪いこと」とか「早く行けるようにならないといけない」っていう負荷をかけん方がええと思うんよね。
そう思わん?余計に伸びるじゃろ。
かずのこ
そうじゃね~
もしあんたがさっさと学校に行けないことを認めて、わたしも理解できてたら、もっと早く解決しとったかもしれん。あのときはものすごく探ったけど、他に方法が見つかったかもしれん。
かずのこ
いろいろ案があったね~。沖縄とかニュージーランドに留学行くとか。
習い事もしたじゃろ、太極拳・ボイストレーニング・ホースセラピー・・・
かずのこ
めっちゃ色々やらせてもらったわ(笑)

 

と、ここでネコのロエちゃんがビールの空き缶をぺろぺろ舐めだしたので中断。

ようするに、親が「学校に行けないことは悪」と決めつけていると、子どもの可能性を殺すことになるよってハナシでした。

子どもに一番近いのは両親。その両親に否定されることはなによりもショックなことですからね。

 

【SPONSORED LINK】

もし子どもが不登校になったとき、一番の味方になってあげられるのは親

母は不登校だったぼくをもった経験が幸いしてか、友達や仕事のお客さんから相談を持ちかけられるようになったようです。

そんなとき母はいつも「子どものことを考えるなら」という言葉を使うそうです。

学校に行けない子どもを恥と思うのは、親の勝手なエゴ

子どものことを考えるなら、子どもが本当にしたいことをいっしょに探してあげられるはずですよ。

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です