子どもがいきなり不登校になっても焦っちゃダメ!親にできる心構えとは

中学1年から不登校になった経験がある、かずのこです。

9月になって気温も下がったと感じるのもつかの間、いきなり学校に行けなくなってしまったという子どもがいることと思います。いきなりすぎて周りは大混乱、家族はどうしたらいいのか分からず半狂乱。

親として子どもに何をしてあげたらいいのか分からない・・・誰かタスケテ!

そんな思いをされていることと思います。

でもちょっと落ち着いてください。親世代からしたら「学校に行けない」というのは地球がひっくり返っても信じられないようなことかもしれませんが、不登校自体そんなに珍しいことではなかったりします

子どもが理由もわからずいきなり不登校になってしまったと嘆く前に、ちょっとぼくの意見を聞いてみてください。

 

【SPONSORED LINK】

不登校になることに原因はない

不登校になるにはなにか決定的な大きな理由があると考えている親御さんがとても多いです。そのせいで本人に「どうして行けなくなったの?」と聞いてしまうこともあるはず。

でも違うんですよ。不登校になったのは何かとてつもない大きな原因があるわけじゃない。

いろーんな要素が重なって重なって、複雑に絡み合った結果、学校に行けなくなってしまうほど疲弊してしまったんです。

  • 勉強が追い付かない
  • いじめ
  • 学校がつまらない
  • 友達とけんかした
  • 先生が嫌い

色んな要素が絡み合い、夏休みが終わったなどの些細なキッカケで溜まってたものが全部出て不登校になっちゃうわけです。行けなくなった本人にも根本的な原因は分からないし、なぜ学校に行けないか分からない。

学校に行きたくなくなったんじゃなくて、学校に行く気力が湧かないだけなんですよ。

だから「どうして行けなくなったの?」という問いかけはナンセンスだし、根本的に意味がない。むりやり聞き出しても「分からない」としか返ってきませんよ。

 

むりやり登校させても根本的な解決にはならない

ぼくも不登校を何年も経験しました。そこで感じたのは、むりやり登校させられても根本的な解決にはならないってこと。なぜかというと、学校に通うことが不登校を解決することじゃないからです。

ぼくも両親や担任になんども手を尽くされましたが、けっきょく何の変化もなく、学校には通えないままでした。

子どものためにあれこれ手を尽くそうとする姿勢はとても尊重したいのですが、本当に子どものためを思うならグッッッとガマンしてほしいところ。

学校に通えない本人も混乱していると思うので、「しんどいと思うならちょっと休んでみる?」と言えるくらいの余裕を持ちましょうね。

その際、夫婦で意見が分かれることもあるかもしれないけど、間違っても夫婦げんかに子どもの話題を持ち出さないようにしてくださいね。そういうの超敏感ですから、彼らは。

 

いまや不登校くらい当たり前

不登校の児童生徒数の推移

https://publishers-static.s3.amazonaws.com/

平成27年の時点で、全国の小中学校での不登校児童は12万6千人以上文部科学省より引用)。12万人ですよ?冗談抜きでクラスに1人は不登校がいる世の中なんです。

ぼくが不登校だった時も同じクラスにもう1人不登校の子がいたし、大人になってからも不登校だったという人はたくさんいました。

いまや不登校は不思議なことでもなんでもなく、ごく当たり前のことなんです。

でも、不登校になったくらいでその後の人生がむちゃくちゃになるかといえば、案外そうでもない

周りと同じようにできないのは確かに不安だし、ちゃんとできないことで自分を攻めたりするかもしれない。けど、不登校を経験しても社会で活躍している人はいるし、幸せに暮らしている人だってたくさんいるんです。

もちろんぼくもそのうちの1人です。相変わらず会社員はイヤですが、ほどよく幸せに生きていくことができています。

不登校になってもしっかり生きている人がいる。それを知ってるだけでも、ちょっと余裕が出てきませんか?

 

26歳のいま、母が当時思ってたことを聞いた

かずのこ
母さんとしては、子どもが不登校になったときってどう思ったの?
そうねー、母さんが子どものときは「学校に行かない」なんてあり得ないことだったから、最初はどうしていいか分からんかったね~
かずのこ
心のなかでは「ちゃんと学校行け」とか思っとった?
いや?母さんは「なんとかなるでしょ」と思っとったよ。学校に行っても行かんでも、あんたのやりたいようにやればいいんだし

 

この話をしたとき、ちょっと心がじんわりしました。当初はそういう子育ての意見の食い違いで夫婦間にいろいろあったようですが、親がそう思っててくれたことはとても嬉しかったですね。

最初こそ親子の間でも衝突が起こってどうしようもなかったけど、親がとても寛容だったおかげで大学卒業→会社員になることもできましたからね。まぁけっきょくサラリーマンが無理で辞めちゃったんだけど

 

【SPONSORED LINK】

子どもが不安を感じている今こそ、親がドッシリ構えなくてどうする

家族団らんの様子

不登校の子は多かれ少なかれ自分のとった行動に対して、「これからどうすればいいんだろう」と不安に感じています。

そんなときに親が「どうしたらいいんだあああああ」と焦ってちゃダメだと思うんです。

子どもが安心して気持ちを外に向けるためには、親の余裕ある対応が不可欠!

そんなに気にすんな!遊びにでも行くか!

くらいの方が、子どもが外を向くようになるのは早いですよ。じっさいぼくが社交的になったのも、親の姿勢がとても大きかった。

ようするに、不登校なんて時代の流れとして不思議じゃないんだから、親はあんまり気にせず本人のやりたいようにやらせときゃいいってのがぼくの意見です。間違っても「子どものためを思って」という大義名分で説教しないようにしてくださいね。

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です