【インタビュー】夢を追う主婦あやまん☆さん②


全3回

  1. 【インタビュー】夢を追う主婦あやまん☆さん
  2. 【インタビュー】夢を追う主婦あやまん☆さん②
  3. 【インタビュー】夢を追う主婦あやまん☆さん③

 

前回から始まったあやまん☆さんへのインタビュー。

今回はやりたいことと子育ての両立、そしてやっぱり諦められない夢の話をしてもらいました。

 

引きこもっていたいときもある

あやまん☆
かずのこさんは普段どんなお仕事されてるんですか~?
かずのこ
アッ・・・僕はほぼ引きこもっている状態ですね・・・。最近出られるようにはなりましたけど。
あやまん☆
そうなんですね~!
あやまん☆
でも引きこもり、ステキです。
かずのこ
マジですか!??
あやまん☆
私も用がないときは1週間くらい引きこもっていたいんですよね~。

 

なんと、引きこもりたい欲を持っていらっしゃる方がこんな所にもいたとは。

あやまん☆さんは学生時代からその気があったようで、外界との接点を断ったこともあったそうだ。それは完全に引きこもっているね・・・!

 

あやまん☆
当時はネットも携帯電話もなかったですからね。固定電話の線を抜いて、ドアチャイムにも出ず、完全にシャットアウトしてましたね。
かずのこ
へえ~!ガッツリ引きこもりですね。
あやまん☆
そういう時間を作ってましたね。ていうより、そうしたくなっちゃうんですよね。

 

引きこもっている間は、本や漫画を読んだり、文章を書いたりと好きなことをやっていたとのこと。とにかく好きなことしかしないのが信条。

 

かずのこ
誰にも邪魔されない自分だけの時間は必要ですよね!
あやまん☆
5日も引きこもるとだんだんウズウズしてきちゃいますけど(笑)

 

 

だけど、子どものことを考えると引きこもれなかった

主婦になりたてのころは自分のことより子どものことを優先させなければいけないので、しんどい時期があったそうだ。

自分の時間より子どもの時間をもたなければいけないなんて、僕だったら上手くできる気がしない。自分の時間が誰よりも必要な性格だし。

あやまん☆さんもそんな生き方をしてきたと思うが、それでもしっかり子どもを優先できるのはとても偉いと思うのだ。

 

あやまん☆
でも最近は、子どもの時間をうまくコントロールできたら、できないことはないんだなーって思うようになりました。
かずのこ
コントロールするとは・・・?
あやまん☆
それは、家の中で子どもと思いっきり遊ぶことなんです。子どもがやりたいようにやらせてあげて、言うことも聞いてあげてっていう、集中して子どもと一緒に遊ぶ時間を作るんですよ。
かずのこ
ほぉぉ、それは面白いですね。
あやまん☆
4~5歳なら子どもの1人遊びの「親に邪魔されたくない時間」がすごく増えるんですね。
かずのこ
そうなんですか~!
あやまん☆
そうなんです。なのでそういう時間をもってあげれば、「ママ今からちょっと集中したいから遊んでて」っていうのも聞いてくれるんですよね。

 

実にメリハリの利いた作戦で、実用的なんじゃないかな。夫のほうも気を利かせて子どもと2人で外出してくれて、とても助かっているそうだ。理解ある夫だなぁ。

子どもだけじゃなく夫婦の心のケアも考えることで、家庭はまわっていくのかもしれない。

 

 

教育者になりたかった夢を今かなえる

かずのこ
あやまん☆さんはホームティーチャーの資格を持ってらっしゃるんですよね?
あやまん☆
資格っていうか、ECCに受かったんですよ。英会話はまだなんですけど。国語算数とか英検英語とかは教えられるようになりました!

 

予定では来年の秋までには開業されるようで!準備はいろいろ大変だけどぜひ上手くいってほしい。

 

かずのこ
ご自身でも42歳ですが~って言ってましたけど、「今からでも夢はかなえられる」と仰っていたことがそのままブログにも活かせると思いますね。
あやまん☆
そうですね~。自分が20代だったころを考えたらそうかも。
かずのこ
20代のころですか?
あやまん☆
そう、私が18歳で大学に入ったときに30歳の同級生がいたんですよ。その人は家庭の事情で高校卒業後すぐ家の仕事の手伝いをしてたけど、ずっと教師になりたかったそうなんです。その夢をどうしても諦めきれなくて、コツコツお金を貯めて自分の力で社会人入学したんですよ。
かずのこ
それはすごいですねぇ~!
あやまん☆
そう、それを聞いてすごい感動したのを覚えています。それからですね、本気になればできるってどんどん思いが強くなっていったのは。

 

そういう人たちがいなければ周りに流される人生だったかもしれない。教育者になることを諦めかけた時期もあったという。

しかし本気になればできないことはない。あやまん☆さんはどうしてもかなえたい夢があるから、かなえるのは何歳からでもできるということを学んだのだ。

 

あやまん☆
教壇に立つことにこだわらなくても、子どもと関わる仕事はできるじゃん?って思いました。

 

僕も「もう歳だから・・・」で諦めるようなことは今後絶対にしたくないなと感じた。

 

 

次はかずのこも泣いた、人生の転機となった出来事の話

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なかずのこのプロフィール
・引きこもりの悩みを克服して、前向きに生きるための記事厳選!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です