【インタビュー】笑えるセールスマン平手さん③

全4回

  1. 【インタビュー】笑えるセールスマン平手さん
  2. 【インタビュー】笑えるセールスマン平手さん②
  3. 【インタビュー】笑えるセールスマン平手さん③
  4. 【インタビュー】笑えるセールスマン平手さん④

 

バセドウ病に気付かないまま心肺停止

平手さんはブラック企業から逃げ出してから、半年ほど日雇いで生活していた。

そんなある日、なんといきなり心肺停止状態になってしまったという。

その時の様子を詳しく聞いてみた。

 

笑えるセールスマン平手
病気としてはバセドウ病ということだったんですけど、バセドウ病で死ぬ人はほぼいないんですね。

 

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気、すなわち甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。

バセドウ病は、甲状腺の機能が亢進し、過剰に甲状腺ホルモンを作る病気です。では、なぜこうした異常が起こるのでしょうか。
実は、その異常には免疫が関係しています。免疫は侵入した外敵を攻撃し、健康を維持するための大切な仕組みです。ところが、まれに自分自身の体を攻撃目標とする抗体を作ってしまう病気があります。これを「自己免疫疾患」といい、バセドウ病もこの一種なのです。

引用:http://www.ito-hospital.jp/02_thyroid_disease/02_4_1about_basedow.html

 

笑えるセールスマン平手
実際には代謝が良くなりすぎるんですよ。例えば今かずのこさんと座って話しているんですが、身体の中は全力疾走してるのと変わらないんですよね。身体にかかる負担が半端ないんです。
かずのこ
そうなんですか!体力も少なくなってしまうんですかね。
笑えるセールスマン平手
サーフィンやってても、沖に出られないくらいでしたね~。すぐに疲れてしまうので。

 

早めに気付いていれば、バセドウ病に早くに対処できていたかもしれない。しかしバセドウ病にはこれといった前兆がないので気づかなかったようだ。

しいて言えば、ものすごく痩せるのだそうだが・・・。

 

笑えるセールスマン平手
確かに僕、当時は滅茶苦茶痩せてました。身長176cmに対して体重も40kg代まで減ってて、服もレディースのを着れましたね(笑)
かずのこ
めちゃくちゃ痩せてるじゃないですか!
笑えるセールスマン平手
最初は体力がないだけなのかなって思ってましたけど、末期にはコンビニで5分立ち読みすらできなかったですね。立ってられないというか、肩で息しちゃうんですよ。
それでもまだ「自分体力ねーなー」だったんですけど(笑)
かずのこ
ブラック根性染みついちゃってますよそれ!
笑えるセールスマン平手
そうそう!そういうとこがダメでしたね(笑)
それで最終的にどうなったかって言うと、心臓に負担がかかりすぎて肥大化しちゃってたんですよね。胸のあたりに水も溜まっちゃってポッコリしてたんです。

 

平手さんはジェスチャーで自分の胸のあたりに当時の胸の大きさを教えてくれた。

ちょっと、それ大きすぎ・・・。

 

笑えるセールスマン平手
でも当時僕は無駄にポジティブだったので「太ったな」って思ってたんですよ。
かずのこ
ぽ、ポジティブすぎる・・・。
笑えるセールスマン平手
ね~(笑) それで友達と飲みに行ったときに、お前それ絶対おかしいよって言われたんです。
かずのこ
人に言われて「おかしいな」って気付いたんですか?
笑えるセールスマン平手
「やっぱりそうかなぁ?」って感じでした(笑)
確かに違和感を感じることも増えてたし、飲み会終わったあとに救急で病院に行ったら「すぐに入院してください」と言われました。
かずのこ
やっぱりそうだったんですね~・・・。
笑えるセールスマン平手
その時病名も言われずにいきなりそういわれたんで、「明後日でもいいですか?」って聞いちゃったんですよ(笑)
かずのこ
ぶはっ!先延ばししたんですか(笑)
笑えるセールスマン平手
その次の日にバーベキューがあってとても楽しみにしてたんですよ(笑)
だからバーベキューに行って・・・そのあと入院をしようかなと(笑)

 

医者の「すぐ入院しなさい」とバーベキューを天秤にかけ、バーベキューをとった平手さん・・・。

その2日後、病院で入院の手続きを行っているときに倒れ、心肺停止になったという。

 

かずのこ
病院で倒れたんですか。
笑えるセールスマン平手
そうです、病院で倒れてなかったら僕いま生きてないんですよ。

 

平手さんは運良く(?)病院内で倒れたのですぐにAEDで蘇生されたという。

 

夢と現実の境があやふやになっていた入院期に見たもの

初めの診察時点で何らかの数値が致死量を超えていたらしい平手さん、1週間ほど意識がなかったようだ。

その間何の記憶もないから、三途の川はないらしい。

しかし目覚めたとき、夢と現実の境目がなくなっていた。

 

笑えるセールスマン平手
頭で考えても身体が動かないんです。ずっと天井を見ていたんですけど、病院の天井って変な模様があるじゃないですか。分かります?
かずのこ
分かります、あのヒジキみたいなの。
笑えるセールスマン平手
そうですそうです!(笑) その模様からね、人が出てくるように見えてたんですよ。鉄で身体をがんじがらめにされたように感じて、天井の模様から人が出てくる・・・!といったような記憶があります。

 

天井のヒジキから人が出てくるイメージ図(勝手につくった)

img_6812

 

笑えるセールスマン平手
あと、昔よくあったタオルをグルグル~って巻くやつあるじゃないですか。
かずのこ
ああ、ありましたね。

参考:ロールタオル(キャビネットタオル)

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/blackmoon729/64469649.html

http://blogs.yahoo.co.jp/blackmoon729/64469649.html

 

笑えるセールスマン平手
それがね、ストリートファイターのガイルにずっと見えてまして。
かずのこ
!!???

 

参考:ストリートファイターⅡのガイル

出典:https://twitter.com/neomatsukura0

https://twitter.com/neomatsukura0

 

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/blackmoon729/64469649.html
出典:https://twitter.com/neomatsukura0

 

あれ・・・言われてみれば似てる・・・??

 

9877aea6

すみません゛っ

 

かずのこ
洗面所にガイルがいたんですね。
笑えるセールスマン平手
これホントなんですよ!ガイルいるやん!ってずっと思ってましたからね!いつソニックブームが飛んでくるかヒヤヒヤしてました。

※ソニックブーム:ガイルの必殺技である飛び道具。ブーメランのような形状で飛んでくる。

 

日中ガイルに狙われていた平手さん。リクライニングベッドが起こされると嫌でも目に入るので、ずっと気になっていたという。

 

かずのこ
いつ飛んでくるか分かんないのはこわいですね!
笑えるセールスマン平手
そうですね~!まぁ結局飛んでこなかったんですけど。

 

あとはなぜか起きているのに「とんねるずと一緒に小料理屋を経営している設定」が頭の中にあったり・・・

中学のころ好きだったバンド「黒夢」のボーカルの清春の生まれ変わりだと確信していたり・・・(清春氏はご存命です)

とにかく起きているのに夢の中にいるような感覚だったそう。

ちゃんと映像も頭の中にあったようで、ますます現実との境がなかったようだ。集中治療室にいた間はそういう幻覚・錯覚が当たり前だったと言う。

 

生きてると罰金ばかり取られる!!

退院してからも病院に通いつつ、たまに日雇いのバイトをする生活が半年続いた平手さん。

そのとき感じていたことを教えてくれた。

 

笑えるセールスマン平手
税金って払う義務があるじゃないですか。それがアホらしいなと思ったんですよ。本来はそこで死んでたはずなのに、なんで生き返らされて金を払わされなければいけないんだ?って。
かずのこ
なるほど・・・生きてると色々税金がかかってしまいますもんね。
笑えるセールスマン平手
当時はネガティブ思考だったんで、税金のこと”罰金”って呼んでましたね(笑)
なんでこんなに罰金を払わなくちゃいけないんだ、オレは生きたいだけなんだ!と思ってました。それでますますお金への執着が増しました。

 

働けないうちは”いかにお金を使わずに楽しめるか”を考えていたそうだ。

そしてやることもないので寝たいときに寝て、起きたいときに起きる。そんな暮らしを続けていた。

 

笑えるセールスマン平手
精神的には健康でしたけど、今思えば人間らしい生活はできてなかったですね~。

 

「心肺停止による臨死体験」

これがふたつめの転機だった。

 

お金への執着と、一度死んだ身だという観念が平手さんの人生に大きな影響を与えた。

それから平手さんは携帯会社へと身を移すことになる。

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なプロフィール
・無気力な引きこもりを活動的に変えた13の大きな出来事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です