【インタビュー】双極性障害ブロガーほっしーさん③

全3回

  1. 【インタビュー】双極性障害ブロガーほっしーさん
  2. 【インタビュー】双極性障害ブロガーほっしーさん②
  3. 【インタビュー】双極性障害ブロガーほっしーさん③

 

【SPONSORED LINK】

ほっしーさんってプライベートをあまり出してないよね

ネットに個人情報を出すことについて、ちょっと言及してみた。

とはいえ、すでに実名顔出しで「双極性障害です」とカミングアウトしている時点で、プライベートもくそもないんだけどね。

 

かずのこ
ほっしーさんってブログであまりプライベートなことは書かれてないですよね。ふだんどうやって過ごされているのか、あまり知らないです。
ほっしー
たしかにそうですね。ふだんの過ごし方・・・記事のリライトと新規作成ですね!
かずのこ
ブログやんけ!

 

やけにドヤるほっしーさんであった。(でも本当にブログばっかり書いてるっぽい)

それで聞いてみたら本当にブログに絡んだ内容ばかりだったのだが、ブログからは想像もつかないようなネタがこんもり出てきたよ( ^)o(^ )

 

 

マル秘① 実はとあるオタク

ほっしー
っていうのはおいといて、実はアニメオタクだったんですよ。
かずのこ
へぇ!そうなんですか。
ほっしー
高校のころアニメオタクだったんだけど、今ではアニメから離れていっちゃって。それで最終的に残ったのが、「水樹奈々大好き」っていう気持ちだけでした。
かずのこ
水樹奈々。
ほっしー
そうなんですよねぇ~。ブログではいつも「書きたいこと書かなきゃダセェよ」とか言ってるくせに、「水樹奈々大好き」なのは書けてないんですよね。ハッハッハァ
かずのこ
むしろそこを一番書きたいんじゃ・・・?
ほっしー
そうなんですけどね、いやぁ~ちょっとあのブログにゃ書けねえよなあ~

 

▲証拠品の水樹奈々グッズ

水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日[1] – )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ、ナレーター、作詞家、俳優。

wikipediaより

 

硬派でストイックな双極性男子(?)と見せかけて、実はアイドル声優オタクというギャップ。

ブログオタクかと思いきや、そんなオタク気質があったなんてね。

水樹奈々のライブ映像を見ながらブログを書いてたりするらしいよ。モチベーション上がりそう(´◉◞౪◟◉)

 

 

マル秘② Twitterでの集客に時間をかけまくっている

かずのこ
ブログ書いてないときはずっと水樹奈々なんですか?
ほっしー
まぁ他にもB’zとかブルーノマーズとか聞いたりしてますけど、基本的にブログを書いてない時間ってないんですよねぇ
かずのこ
すごい、ホントにブログだけなんや。
ほっしー
しいて言えばTwitterで自動投稿するための仕込みにかなり時間かけてるくらいっすね。

 

ほっしーさんはブログに人を呼ぶためのSNS活用にも余念がないのだそうな。

Twitterの自動投稿は、あらかじめ書いておいた文章を設定した時間に勝手にツイートしてくれるツールを使用しているとのこと。

え?じゃあいつものツイートって自動投稿がほとんどなの?

 

ほっしー
朝は自動じゃないんですけど、15時,17時,21時,22時にしてるツイートは全部自動投稿ですね。
かずのこ
今明かされる衝撃の真実。

 

ほっしーさんがいうには、Twitterにアクセスする人の割合が多い時間帯を狙って投稿しているのだとか。

そこに過去記事やら、昨日書いた記事などを”設定くさくない程度に”組み込んでいってるんだって。すごーい!

他の人の記事をシェアする → 「そういえば僕のブログでもこんなことを書きました」と誘導する手法もよく使ってるんだって。せこーい!

 

かずのこ
やっぱり設計やらシステムやらが好きなんですかね。
ほっしー
もう大好き。ふつうにツイートすればいいのにって思いますけどね~

 

セールスっぽい文章だとフォロワーに敬遠されてしまいがちなTwitter。

いやらしくなく、それでいて見てもらうための方法がうまく考えられてるな!

 

 

マル秘③ スポーツカーが大好き

https://hr-diary.com/review/car/sportscar

ほかに気分転換になるものを聞いてみたところ、もうひとつ好きだというものを教えてもらえた。

それが大学生のころから好きだったというスポーツカーだ。

 

ほっしー
試乗もさせてもらったりするんですけどね・・・
かずのこ
はい・・・?
ほっしー
車に乗ってるとブログを書きたくなっちゃうんですよねぇ・・・
かずのこ
けっきょくブログか!

 

「これはブログネタになりそうだな」と感じることがあれば、すぐ文章にしたくなるという相変わらずの変態ぶりであった。

営業の人と話しているときも、相手の話していることに少しでもおかしいと感じたら「それっておかしくね?」と思い、ブログに書きたくなっちゃうのだとか。

そりゃ病院に診断を断られるのも仕方ないね!

※ほっしーさんは思ったことをブログに全部書いちゃうので、批判を恐れた精神科に「ブログを書いていらっしゃる星野さんですよね?」と診断を断られたことがある。

 

 

マル秘④ 一番恐れていること

かずのこ
最近は血液検査とかでより詳しく精神疾患について理解できる方法もでてきたみたいですね。
ほっしー
そうみたいですねぇ。
かずのこ
で、もしそれでほっしーさんが双極性障害じゃないって診断されてしまったらどうなるんですかね?
ほっしー
それな。

 

双極性障害になってしまったことで悩むのならまだ分かる。

だが”双極性障害じゃなくなってしまったら”で悩むなんて、やっぱりこの人あたまおかしい(褒め言葉)

 

ほっしー
双極性障害じゃなくなってしまったら、ということを正直一番危惧していますねぇ・・・
かずのこ
今はそう診断されてるとはいえ、ずっと同じとも限りませんからね。
ほっしー
いま考えている対策は2つありますね。
ひとつは完全に黙って「双極性障害です」としてやっていくか、もうひとつは「精神疾患じゃなかった!」っていうブログネタにするか!
かずのこ
マジかこの人。
ほっしー
いま当事者として書いていますから、もし後者の「精神疾患じゃなかった」にするなら、新しい方向性を考えなきゃいけないんですよねぇ・・・
かずのこ
水樹奈々でしょ(即答)
ほっしー
うは!・・・ヤバいなぁ~相当キモくなりますよ?「この角度見てくださいよ」とか言い出しますよ?

 

 

マル秘⑤ やっぱり水樹奈々ガチ勢

ほっしー
もし水樹奈々でブログ書いてたとして、もし叩かれでもしたら本気でブチギレます。だから向いてないと思うんですよね~
かずのこ
ブチギレるんですか!
ほっしー
もうね、そうなったら住所特定して刃物送っちゃいそうなレベルなんで。
かずのこ
そこでメンヘラっぽさを見せなくても・・・
ほっしー
うはは!確かに!

 

ふだんからブログでも真面目なイメージがあったほっしーさんの、非常に意外な一面だった。

であると同時に、メンヘラという言葉を好意的に受け止めている間柄でしか通じないような会話を展開していたように感じる。

 

かずのこ
メンヘラっぽいところいただきましたわ~!
ほっしー
自分のブログを叩かれたところで何も感じないけど、水樹奈々叩かれたらゼッタイ許さない。たしかにメンヘラっぽいですよね~!

 

ちなみに、北川景子も好きだが叩かれても何も感じないらしい。水樹奈々だけは特別だった。

水樹奈々>>>>>[相手の家に刃物を送りつける壁]>>>>>その他

 

ほっしー
これで美味しい料理を作ってください♪

メンヘラっぽさを出せてちょっと嬉しそうなほっしーさんだった。

 

 

【SPONSORED LINK】

インタビューのさいごに聞いたこと「架け橋になる」

インタビュー実施の1時間が過ぎたところで聞きたかったことはほぼ全部聞けたにもかかわらず、そのあとも続けて1時間以上雑談をしていた。相当盛り上がっていたんだなぁ。

有名ブロガーさんの裏話からブログをもっと読まれやすくするコツまで、とにかく色々な話を・・・ほぼブログの話題じゃねえか!

 

かずのこ
最後にひとつだけお聞きしたいんですが、ブログに「双極性障害と精神科医の架け橋になりたい」って書かれてますけど、いまもそう思ってらっしゃるんですか?
ほっしー
まぁ架け橋ってのはカッコつけましたけど、精神疾患の人と精神科医って距離があるんですよね。かずのこさんも経験されたでしょうけど。
かずのこ
そうですね。わかります。
ほっしー
カウンセリングの人に「ブログ見てますよ」と言われるくらいなので、そういう人も見てるんですよ。そこには「書かれたくないから来ないで」と断られましたけどね。
かずのこ
(笑)
ほっしー
精神科関係者も見て、精神疾患者も見てくれるブログになればお互いの考え方のヒントになるんじゃないかな・・・という意味での架け橋です。
かずのこ
たしかに、ほっしーさんのように客観的に書かれているブログは見ないですね。
ほっしー
精神疾患者のブログもありますけど、ほとんどが主観的な内容ですからね。僕は一歩引いて、自分の症状のことや医者の言ったことを見て「だからこう思った」って。
かずのこ
ふむふむ。
ほっしー
マネタイズもしてるから”見やすく”を意識してるし。いうなれば「双極性障害の参考書」のようなものですね。そういう意味での懸け橋です!
かずのこ
お互いのことをより理解するための参考書ですか。
ほっしー
そうですね、精神疾患者には視野を広げてもらいたいし、医者には「こっちは言いたいことを言えてないんだぞ」ってことを知ってもらいたい。
かずのこ
素晴らしいですね!

 

ほっしーさんは自分の症状も含め、すべてを客観的にとらえて判断し、ブログに「誰でも読めるし理解できるように」書いているという。

ブログを見れば、たしかに読みやすく、分かりやすくを意識しているような書き方をしている。参考書というだけあるな!

 

かずのこ
すっごいインタビューぽいですね、いまの。
ほっしー
思います。ここ何日かで一番良いこと言った!

 

 

 もっと精神疾患者に必要とされる情報を!

かずのこ
ほっしーさんは自分にしか書けないっていう使命感は持っていますか?
ほっしー
持ってますよ、もちろん!
ほっしー
たとえば「双極性障害 障害」とか「双極性障害 原因」とかで調べると、精神科医の解説ページばっかりなんですよ。内容も難しいし、薬の成分がどうこうとか、どうでもいいじゃないですか。
かずのこ
たしかに必要ないなぁ。
ほっしー
もっと患者に必要なこと書けるんじゃないかなってところから始めたんですよ。その結果、双極性障害関連ワードでほぼ上位をとれてるので、価値のある情報を提供できているっていう自負はありますね。
かずのこ
なるほど!

 

最後にいいこと言ったとばかりにドヤるほっしーさん。どうもありがとう。

 

 

インタビュー終了!

ほっしーさんは終始、生き生きとした声でしゃべっていました。精神疾患の話を気兼ねなく話せるという場がもたらしたんだろうか?

精神疾患者の周りの人に求められているのは、腫れ物に触る態度じゃなくて受け入れる姿勢かもしれないなと、ふと感じたのだった。

 

かずのこ
ほっしーさん、今回のインタビューどうもありがとうございました!
ほっしー
こちらこそ!ぜひお会いしましょう!

 

広島まで来てくれるという言質もとったところで、今回のインタビューは終了です。

面白い話はたくさんありましたが、泣く泣くカットした部分もあります。ぜひ本人と仲良くなって聞いてください(笑)

 

双極性障害をはじめとして、精神疾患に関する情報が山ほどつまったブログ『双極性男子のあたまのなか』をぜひ読んでみてね!

双極性男子のあたまのなか
双極性障害を中心に、オピニオンなど様々な記事を書いています。ブロガー、ライターとして生計を立てています。

 

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です