【インタビュー】元DQNブロガー雅之さん

全2回

  1. 【インタビュー】元DQNブロガー雅之さん
  2. 【インタビュー】元DQNブロガー雅之さん②

 

あなたにフォーカス!~インタビュー記事作成~

自称聞き上手のかずのこがインタビューを行います!

僕は聞き役の才が困るくらいありすぎて、相手の隠れた良いところ、主張を引き出すことができます。その能力を活かしてインタビュー記事を作っちゃおうという企画でございます。

詳しくはこちらで

 

聞き上手がおくる、あなた自身にフォーカスをあてたインタビュー企画第13弾!

このたびインタビューを依頼してくださったのは、ブログを始めたての雅之さん

現在は僕と同じ引きこもりをしていらっしゃるということなので、シンパシーを感じているのはヒミツだ。

だけど、ただの引きこもりと侮るなかれ!

雅之さんは「引きこもり」というレッテルに立ち向かっていく発信をする道を選んだのだ。

 

インタビューのお相手:雅之さん

”元DQNブロガー”という肩書で僕は軽くビビッていた。

『DQN』・・・これほど引きこもりを震え上がらせるワードが存在するだろうか?

 

ヤンキー(不良)もしくは、軽率そうな者や実際にそうである者、粗暴そうな風貌をしている者や実際に粗暴な者、また、非常識で知識や知能が乏しい者を指すときに用いられる。
2010年の調査では、一般的なインターネットスラングであるとみなされている。

Wikipediaより

ヒィッ!それではインタビュー内容へチェケラッ!

 

 

インタビュー開始!

かずのこ
どうもかずのこです!今日はインタビューということでよろしくお願いします~!
雅之
よろしくおねがいします!

 

実はね、雅之さんとは2度目の通話なんだ。

年明けに深夜の通話相手を募集したら来てくれたのが雅之さん。

今回はインタビューということもあり、(肩書きにびくついていたのもあり)軽く緊張感のあるものとなりました!

 

 

なんで”元DQNブロガー”って名乗ったの?

かずのこ
どうして元DQNブロガーって名乗ったんでしょうか?
雅之
実はですね、ブログをはじめようとしたときにプロブロガーのコンサルを受けたんですよ~。
かずのこ
お、そうなんですか。
雅之
一度やってたブログを辞めちゃったんですけど、でもやっぱり僕が書けることがあるはず!と思いましたね~。

 

ブログをやってて、自分に書けることが見つからず自信を無くしてしまうって人はたくさんいるんじゃないだろうか?

雅之さんは以前にもブログを運営していたけど、自信を無くして一度辞めてしまっていたそうな。

 

そんな彼を「自分にも書けることがある」と思わせたプロの仕事はすごい。

けど本当にすごいのは、背中を押されてやる気を出すことができる雅之さん自身だと、かずのこは強く感じるのだった。

 

 

 

雅之さんがDQNと化したキッカケ

雅之
僕がDQNと呼ばれる人たちと関わったのがキッカケなんですけどね。高校を中退して定時制の学校に通ったんですよ。
かずのこ
ほほー。
雅之
定時制の学校って、なんかこうDQNの集まりみたいなのがありますよね。
かずのこ
ああ・・・(察した)
雅之
僕は野球が好きで、いっしょにやらないかと誘われたんです。
雅之
その中にDQNがいたんですよ。

 

定時制の学校は、オタクとDQNが3:7の割合で存在している(想像)

そのなかで野球しているとなれば、DQNとお友達になるのはもはや必然だね!

 

 

えっ!あなたガリ勉だったの?

雅之
僕はですね、もともとは机にかじりついて離れないほどのガリ勉野郎だったんですよ。
かずのこ
エエエ!
雅之
親がね、すごくマジメというか・・・”まとも”な人間だったから教育も厳しかったんですよ。

 

  1. 中学受験で私立へ
  2. エレベーター方式で高校に入学

もちろんDQNとはまったく無縁。

雅之さんはある意味エリート街道な進路を歩まされていたようだ。

でもその生き方が本人にとってあっているとは限らず・・・

 

雅之
「高校生活ってつまんねーな」って単純に思っちゃったんですよ。それで中退しちゃいましたね。

 

雅之さんは高校生活に疑問をもって、レールから外れた

 

 

ガリ勉すぎて、これまで友達と言える人がいなかった

かずのこ
ということは、今までとはまったく反対なタイプの人と関わるようになったんですね。
雅之
というより、まともに友達だと言える人がいなかったんですよ。
かずのこ
いなかったんですか?
雅之
そうなんですよ~!子どものころから人付き合いがすっごく苦手だったんです。

 

自分とは正反対の人間と関わるようになった。

環境の変化という意味では、これ以上ない出来事だ。

 

 

DQNと知り合ってからの話

雅之
そのまま定時制は卒業しました。でも進学も就職もせず、完全にプータローでした。そのときは本当に遊んでましたね~!
かずのこ
((なんか声色が明るくなったぞ・・・?))
雅之
好きな野球もやってましたし、別のDQNとも付き合いが始まったんですよね~。そこからDQNエピソードもあったりするんですけど(笑)

 

雅之さんとしては、DQNに対して怖いといったような感覚はなく、その人たちと遊ぶ日々は純粋に楽しかったみたい。

 

 

元DQNなエピソード、教えてくださいよ~

かずのこ
その元DQNなエピソードを教えてほしいです。
雅之
ええー聞きたいですかぁ?(笑)
かずのこ
モチロン!
雅之
あーでも、深く関わると”めんどくさい”って思っちゃうんで、言うほどDQNに染まってたわけじゃないんですよ。
かずのこ
えっそうなんだ?DQNに染まりたくなかったんですか?
雅之
そうですね~(笑)

 

元DQNとは言いつつも、DQNには染まりたくなかった雅之さん。

楽しいと言っていたのに、なぜ染まりたくなかったのか?

 

 

DQNの「つまらない」ところ

雅之
DQNっていうくらいだから、よく集まってたむろしてるんですよ。でも彼らが話してる内容は、も~幼稚でしたね!
かずのこ
幼稚??たとえばどんな感じだったんですか?
雅之
かんたんに言ってしまえば、ひと言目には「ウゼェ」、ふた言目には「ダリィ」、そういったことしか言わないんですよね。
かずのこ
(笑)
雅之
DQNの会話っていうのは100%”他人との共感”を求めてるんですよ(笑)
かずのこ
へぇー!
雅之
だから話を振っても、つまらないって思われたら完全に無反応なんですよ!(笑)
雅之
ほかには「貸した金返さねえ」とか「浜辺でロケット花火やって警察がきた」とか、そういった馬鹿なことばかり言ってるんですよ。
もうこいつら・・・めんどくせえなと!

 

 

DQNの「めんどくさい」ところ

雅之
つまらないし、めんどくせえなと思ってDQNとは縁を切っていったんですよ。そしたらまた更にめんどくさいことが起きて(笑)
かずのこ
いったいどんなことがあったんですか?
雅之
「縁を切るときはちゃんと連絡してから縁を切れ!」って言うんですよね。「友達の輪を崩すな」とかね。
かずのこ
へええ~!
雅之
でも僕は、合わないと思ったらスパッと切っちゃうタイプなんで、いちいち連絡がいるなんて、さらにめんどくさくて・・・(笑)

 

なるほど、それはDQNを体験した人にしか分からないことだ。

でも、DQNにも良いところがあるらしい。

 

 

めんどくさいけど、それがDQNの長所かもしれないと思った

雅之
めんどくさいとは思ってたんだけど、それが長所でもあるって思うようになりました。
かずのこ
めんどくさいのに長所なんですか?
雅之
はい、僕はめんどくさかったけど、仲間思いってことでもありますよね。
かずのこ
たしかに、そうともとれますね。
雅之
だからDQNを一概に”異物”として考えるのはどうなのかなって思います。DQNにはDQNの良さがあったんです。

 

性格が合わないと付き合い続けるのはしんどい。

それでもDQNたちは、雅之さんのことを友達だと認めていた。

そのうえで「友達の輪を乱すな」と言ったのかもしれない。

それは仲間想いからくる言葉だと、雅之さんは感じていた。

 

 

DQNにレッテルを貼るのは間違っていたのかもしれない

雅之
世の中的には、人に対してレッテルを貼る風潮があるじゃないですか。
かずのこ
ありますね。それはDQNに対してですか?
雅之
うん、DQNもそうだし、引きこもりやニートに対してもそうですよね。世の中の人はニートを「甘え」だって言うし。
かずのこ
うんうん、そうですね。
雅之
本当はそうじゃないんですよ!DQNに仲間想いっていう長所があったように、レッテルを貼られている人にも良いところがあるんですよ。
かずのこ
おお!
雅之
だから僕はレッテル貼りがなくなる世の中になればいいなって思ってます。

 

DQNというだけで、人々の頭の中にはあるイメージが浮かび上がるよね。

でもだからといって、そのイメージをすべてのDQNに勝手に押し付けたりしてない?

DQNだって、「こう見えてコイツめっちゃ母親思いなんすよ」とか言うじゃないか。

 

引きこもりやニートだってそうだ。

引きこもる理由や、働かない理由は人によって違う。

レッテルを貼って決めつけることは、誰にもできないはずだ。

 

 

自分がレッテルを貼ってきたからこそ感じること

かずのこ
雅之さんは、世間からレッテルを貼られる存在を経験してきたから、レッテルをなくしたいと?
雅之
そうですね~!
実は、自分自身人にレッテルを貼っていたんですよ。自分と合わないと思ったことを否定するというか。
かずのこ
自分と会わないと思ったことをですか。
雅之
でも、人のことを決めつけて一方的に否定なんて、やっぱりしちゃいけないですよ。

 

雅之さん自身も人にレッテルを貼っていた。

貼る方と貼られる方、どちらも経験したから、レッテルから解放されることを望んでいるのかもしれない。

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なかずのこのプロフィール
・引きこもりの悩みを克服して、前向きに生きるための記事厳選!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です