【インタビュー】ブラック企業から脱出成功した成松さん②

全3回

  1. 【インタビュー】ブラック企業から脱出成功した成松さん
  2. 【インタビュー】ブラック企業から脱出成功した成松さん②
  3. 【インタビュー】ブラック企業から脱出成功した成松さん③

 

前回はブログタイトルにもなっている”ブラック企業”について書きました。

今回はキャンプ場建設について!

 

成松さんの夢であるキャンプ場建設について

キャンプ場を作りたいって本当?

成松
この7月で退職になるんですけど、フリーになったらキャンプ場を建てたいと思っているんですよ。京都に土地があるので、みんなでキャンプ場作りましょう!みたいな感じで。
かずのこ
すごい!土地もあるんですね。
成松
辺境の地なんで人が集まるかどうか分からないですけどね(笑)
で、自分ひとりで作るんじゃなくて、みんなで1から作りましょ~ってしたいです。最終的には、みんなでシェアするキャンプ場が作りたいな!

 

成松さんはみんなで作り、みんなで楽しむキャンプ場を作るのが夢で、会社を辞めた後は本格的に活動し始めるのだそうだ。

12時間勤務なんて当たり前にしてくる会社に勤めながらでは、こういうことはできないなぁと思いつつ、キャンプ場作りにはとても魅力的なものを感じた。

 

キャンプ場はどんな感じにしたいの?

どんなものになるのか想像してみたかったので、成松さんが思い描くキャンプ場のビジョンを伺った。

 

成松
まず、広さがだいたい1000坪くらいになりますね。

 

・・・なるほど、よくわからん。

ググってみると、坪を面積に変換してくれるなんとも便利なサイトがあったので計算してみた。

えっと、京都だから畳サイズは京間かな?そんで1000坪を打ち込むと・・・出た。

1000坪は約3305㎡、京都の畳に置き換えると約1812畳だー!!

ますますわからん。

 

かずのこ
広いならアスレチックとか作れそうですね!
成松
そうですね!木がたくさんあるんで、利用できればロープウェ-なんかも作れそうですね!
かずのこ
ふぉぉぉ・・・ロープウェー・・・!
成松
ツリーハウスとか作りたいですね!
かずのこ
あ~いい!ツリーハウスいい!
・・・出来上がるのに何年かかるんだろって話ですが。
成松
そうですね~!どれだけスキル持った人を集められるかによりますね(笑)

 

作りたいものがどんどん浮かんできて、まるで夢のオモチャ箱のようだった。

こういった心が躍るような構想には、多くの人が共感してくれることと思う。

僕もワクワクを禁じえなかった。

 

成松
建設を手伝ってくれた初期メンバーには永久会員権をプレゼントしたりするのも良いなと考えてます。
かずのこ
いいですね~!

 

 

成松さんの想い

成松さんがブログを始めた理由は人の役に立ちたいから。同じようにブラック企業で働く人や、社会に疲れた人たちに情報発信がしたいという想いからであった。

キャンプ場建設も、癒される場所を提供したいという想いからだという。

人との関わりを大切にしたい。そんな成松さんの気持ちが伝わってきた。

 

成松
僕はどっちかと言うと、みんながワイワイ楽しむのを見たい人なんですよ。
かずのこ
ワイワイする方じゃなくてですか?
成松
するのは苦手なんですよ(笑)
自分が企画したことを楽しんでくれる、そんな姿が見たいというか。提供する側でありたいなと思いますね。
キャンプ場でも、みんながそれぞれやりたいことを自由にできる場所にしたいと思いますね!

 

本当に楽しみだ。僕もぜひ手伝いに行きたい。

また、働くうえで人との関わり方もここ最近で変化が起こったようだ。

 

成松
今までは人に任せられなくて全部自分でやってたんですけど、独立するうえでやること減らさなあかんわと思ったんですよ。それで、いかに人に頼るか、いかに人にやってもらうか、いかに人に気持ちよく働いてもらうか。それを追求しないと良いものは生まれないと思いました。それはいまの会社で学んだことですね。 
かずのこ
いやすごい、なかなかそこまでたどりつかないもんですよね。
成松
飲食はチームワークなんで、もちろんオラついて来い!みたいな人もいますけど、そうじゃないんですよ。
「みんなが気持ちよく働けるように」って思って声掛けをしていくと、みんなむっちゃいい仕事してくれるんですよね!
かずのこ
ほぉ・・・!
成松
もちろんオラついて来い!でも店は回るんですけど、ある程度のレベル止まりなんですよ。
でもみんなが気持ちよく働いて、普段よりもっと良いパフォーマンスで働けるんならそれだけ良いものができるんです。
過去オラついて上手くいかなくて、泣くこともありました。人がついてきてくれないから。それで悩んで、考え方を変えましたね。実際は声掛けの仕方を変えました。
かずのこ
どんなふうにですか?
成松
「これやってや~」じゃなくて、「次何やろうと思ってるん?」「そっかそっか!じゃあそれ頼むわ~!」って感じで。
かずのこ
へぇ~!そのちょっとした違いで変わったんですか?
成松
ぜんっぜん違いますね!思ってることを聞いてあげると心を開いてくれて、こちらの言ったことも聞いてくれやすいんですよ。

 

相手にも考えがあるのに、それを遮って自分の想いをぶつけても相手からしたら不満に思う、そう言っていた。

成松さんは過去に自分の意見を押し通そうと躍起になったことがあったのかもしれない。

たとえそれが本人のためだと思っていても、その人の想いを踏みにじってはこちらの言い分が分かってもらえるはずもない、ということだと思う。

 

成松さんは自分の行いを反省し分析して、人との関わり方を変化させた。

これからの人生で間違いなく役に立つ、大いなる変化だ。

 

友達追加して、ブログには書いていない裏情報を知ろう!個人的に相談OK
友だち追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です