【インタビュー】戦略コンサルタントShinさん③

全3回

  1. 【インタビュー】戦略コンサルタントShinさん
  2. 【インタビュー】戦略コンサルタントShinさん②
  3. 【インタビュー】戦略コンサルタントShinさん③

 

前回はShinさんにとても良いアドバイスをいただきました。

今回はラストです。裏側を暴露できるかな?

 

 

【SPONSORED LINK】

Shinさんのプライベート♡

休みの日はどう過ごしているの?

かずのこ
勝手なイメージですけど、Shinさんは休みの日だろうと自分の糧にするための努力をしていそうだと思っています。ストイックに。
Shin
そんなことないですよ(笑)
土日の内の1日は奥さんと過ごしたりと好きなことしてますよ。もう1日は仕事して勉強してと言う感じですかね。
かずのこ
けっきょく努力してるやん・・・

 

やはりShinさんは根っからの努力型人間。どんな困難でも鍛え上げた努力筋でねじ伏せるのだろう。ゴリゴリなのは間違いじゃなかった。

 

奥さんのどんなところに惹かれたの?

Shinさんの奥さんとの馴れ初めを聞いてみた。

なんでも馴れ初めは友人たちとの飲み会の場で、Shinさんの一目惚れだったようだ。なんとも意外!

 

Shin
僕もともと初対面の女の子に声かけるような性格じゃなかったんですよ。どっちかというと根暗なタイプなので(笑)
でも友人との飲み会に遅れて入ってきた人がすっげぇかわいくて。
かずのこ
で一目惚れと。
Shin
ですねー。速攻でそばに行って、連絡先聞いて、デートに持ち込みました。
かずのこ
いやめっちゃ積極的じゃないですか(笑)
Shin
僕は仕事でもそうなんですけど、心が動けば後はどうとでもなるんですよ。行くべきと思ったら行くだけと思える。僕の良いところといえるかもしれないですね。

 

Shinさんは『ゼロ秒思考』を長く実践してきているので、これと思ったらすぐに最良の選択をして行動することができる。

こんなところでもその判断力は凄まじい力を発揮していた。女性を好きになるのは余程のことだというShinさんは、狙った獲物は決して逃がさないのだ!

 

とまあ、『ゼロ秒思考』はチャンスを逃さないという意味でも間違いなく人生の助けになる。僕も本を買って実践してみよう。
ゼロ秒思考が実際の成果に繋がる理由を解説する

Shinさんのような男性をゲットしたい女性は、飲み会に遅れてやってくるといいぞ!!!

ちなみに歴史上の人物も使った手法なので大いに効果アリだ!!!

 

 

意外とオタク趣味

かずのこ
Shinさん、なんか良いところばかり聞いちゃったので、ちょっとくらい不真面目なとこも教えてください。あるでしょ?
Shin
いいっすよ~。まず僕は結構なオタクですね。アニメも好きだし、ラノベも好きだし、あとエ〇マンガも好きだし・・・。
かずのこ
おー!意外すぎる!

 

普段のShinさんからは想像できないが、こういうところはとても俗っぽいというか、ある種身近に感じられるところではないだろうか。

やはりエ〇マンガは最高だった。

 

本当は面白いことも書きたい

本当はブログに色々書きたいShinさん。

だがしかし、そうできないのには理由があった。

 

Shin
僕のブログがクリーンなのには理由があるんですけど・・・実は奥さんのご両親がブログを見てくださっているんですよね。だから下ネタ厳禁なんです。
かずのこ
ああ~それは・・・困る!(笑)
Shin
僕の両親とかならいいですけどね、だって娘の旦那が「おっぱい大好き」とか言ってるのちょっとイヤじゃないですか。

 

奥さんのご両親がこのインタビュー記事を見ることはないと思ったので、「おっぱい大好き」の文字を入れさせていただきました。

Shinさんのブログがもし好き放題言えてたら書籍化の話はなかったのは間違いないね!

 

厨二病?

Shinさんは自称厨二病患者らしい。

BLEACHや西尾維新作品が好きで、ネーミングセンスがどことなく厨二病っぽいコンサルティグファームのことを気に入っているのだそう。

コンサルタントになった理由は「コンサルティングファームって、カッコいい名前のところが多いから」だったそうな。マジかよ!

 

Shinさんがもし自分でコサルティングファームを立ち上げることになったとしたら、ファーム名は『Outward Matrix』がいいそうです。納得。
ぼくの厨二病を形成した懐かしの漫画やラノベ、コンサルファームを紹介しようか

 

ちなみに僕が一番好きな漫画の技名は「勇者の剣(クサカベ)」です。

 

 

【SPONSORED LINK】

最後に

Shinさんがコンサルタントにかける情熱

コンサルタントは人を相手にする仕事だ。だからお金を払っていただいてる分努力はするけど、どうしても合わない人はいるもの。

そんな中で、Shinさんはコンサルタントとしてどんな人と一緒に仕事をしたいか、どんなコンサルタントになりたいかを語ってくれた。

 

Shin
金払ってるんだから死ぬほど仕事しろよっていう人がいるんですけど、そう言われるとこっちとしてはやる気が出なくなりますよね。逆に、大変なので力を貸してください、一緒に頑張りましょうってお客さんの方が良いですね。
かずのこ
仕事の成果とかにも影響してきますか?
Shin
極力しないようにはしますけどね。ただ最近は、お客さんだったり、海外のコンサルタントだったりっていう人と、ある意味仕事を超えた関係にならないといけないかなって思います。
かずのこ
仕事を超えた関係ですか。
Shin
金払ってやってるってなると、どうしても関係が浅くなっちゃうんですよ。
すごく昭和な感じですけど、一緒に食べに行ったり飲みに行ったりとかして、相手個人のことを知って、それぞれが何をしたいのかを理解することが会社の総体系を理解することになるんですね。僕はそういうことができるコンサルタントになりたいと思っています。
かずのこ
それは、すごい・・・素晴らしいと思います!

 

例え職種を選んだ理由がファーム名だからとはいえ、Shinさんは今の仕事を愛し、どうすればよくなるか、自分を成長させてくれるかを考えている。

好きな仕事をするよりも、もっと大事なのは仕事を好きになることだと身をもって証明している。

これはかなわないなぁと思った。

 

Shinさんから読んでいる人へのメッセージ

Shinさんから読者に対してのメッセージをいただきました。

 

Shin
何か分からないことがあったら、Twitterなどで質問していただけたら僕も一生懸命考えますよ。皆さんと仲良くなりたいと思うので、話しかけてください!

 

通話していた1時間、本当に色んなことを話してもらった。それにとても親しみやすい人だとも思った。

Shinさんは仕事を味方に付けている。その結果、多くの幸せが舞い込むことになったのだ。

 

「もしも」はないけど、あのとき仕事を諦めて逃げてしまえば、今の幸せは何一つ掴めなかったかもしれない。

今こうして大きな評価を受けていることは、諦めず頑張り続けていることへのご褒美だからだと声を大にして言えるだろう。

 

かずのこ
濃い話をたくさん聞けました!Shinさん、インタビューを受けてくださって本当にありがとうございました!
Shin
こちらこそありがとうございました!

 

Shinさんのブログはこちら

Outward Matrix

 

 

【SPONSORED LINK】



かずのこと会話できるよ








この記事を書いているのはこんな人

不登校・適応障害を経験して、実家に引きこもりました。引きこもりながらでもできることを探し続け、ブログや在宅ワークをしています。友達たくさん作れたよ。

最新記事情報やリアルなつぶやきを見ることができるTwitter
不安を解消する方法の配信、個別の相談もするLINE@
かずのこの株主になって活動を応援できるVALU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です