変わりたいと心の中で思ったなら!そのときすでに行動は終わっているんだ!

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

 

僕は今、家から飛び出て新しいことをしたくてたまらない時期に入っています。

今までも似たような感覚はありましたが、それとはちょっと違います。

なんかおもろいことしたいなーといった漠然とした思いではなく、今までの人生の流れを断ち切り、これからを楽しくワクワクしながら生きたくてたまらないんです。

 

ここ最近そうやってモヤモヤした感情を持て余しながらも、なんとなーくブログを更新していましたが、今日色んな人の記事や書籍を読み漁っていて、パッと閃きました。

 

「あれこれ悩んでも変わらないし、とりあえず挑戦していった方が早いんじゃないか?」

 

自分がやりたいことも明確なビジョンとして出せていないまま、ブログを更新することだけを目的としていた僕は、1%の閃きを引き当てたような気になりました。

 

ブログを始めた当初の1番の目的は達成された

 

これまでは”自分が引きこもりニートであることを自覚し、自分を許してあげるための期間”だった。

それは本格的にブログを始めた大きな目的のひとつでした。

 

でも、それが達成されたいま、残っている目的はブログで稼ぐことだけ。そのためには、記事をたくさん更新して、多くの人に見てもらうために云々・・・。

そんなんじゃぜんぜんワクワクせんわっ!

 

収益化を考えることが悪いわけじゃないですが、ブログ収益化だけを考えて黙々と毎日過ごすのは、まったくもって面白みがないと思ったんですよ。

そんで記事を書いてる僕が面白みを感じていないと、記事の中身も面白みのなさが反映されてしまう

それに気付いていた僕は、何でもいいから面白いことをしたいという、漠然とした悩みを持っていました。

 

でもまぁ、そんな漠然とした悩みから焦って行動しようとしても「とりあえず外に出て散歩してみよう」だとか、「とりあえず中心街へ行ってカフェにでも入ってみよう」では、何の得にもならない。

休日をどう過ごそうか悩んでいるリーマンとどう違うんですかっていうね。

 

 

ブログのネタ探しじゃなく、人生のワクワクすること探しがしたい

 

僕はブログを充実させることが、人生の充実に繋がるんじゃないかと考えていたんですが、まったくもって順番が逆でした。

やっていることをブログに書き残すからこそ、共感や学びが生まれ、人が見たい!と思うような記事を書けるんですよね。

 

ニート男性のイラスト

僕は引きこもってニートをしていることは書ける。でも、それしか書けないんです。

ニートをネタに仕事にしようっていうのも、悪くない考えだとは思っていますが、ただのニートで自己ブランディングするのにはどうしても限界がある。

四六時中家にこもっているだけのニートを見てワクワクする人なんかいないじゃん。

それなら、元ニートが好きなことして暮らしてますってやった方が見てる側も楽しいんじゃないか?

 

 

どう生きていきたいかは、挑戦していくうちに分かってくる

 

僕は今日読んだ記事で、”自分がやりたいこと”というのが少し見えた気がしたんです。

そんな僕の背中を押してくれたのは、この3つです。

  1. 自己肯定感が低い僕が実践!自分を愛する力を劇的に高める方法
  2. 本物のコーチングを受けて分かった、夢を夢で終わらせない目標設定法
  3. 「新卒フリーランス」?別にそれ、特別な選択肢じゃないよね。

 

どれも素晴らしい記事。

今の僕には書けません。

 

今のままじゃダメダー精神ではしんどくて長続きしないので、自分の気持ちに素直になってやりたいと思ったことに視点を向ける。

やりたいこと=夢そのものを目標として、具体的にやるべきことを設定する。

そして、今の時代は何でもアリだということを認識する。

 

これらの記事を読んでいたら、くすぶっているだけで「僕いま考えているから!」と喚いているような近頃の自分に呆れてしまいそうです。

これは自分にウソをついている味ですよ。とってもしょっぱい。

 

イケハヤ氏の紹介している田舎で勉強する環境っていうのも、めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか。

こういう手段が増えてきているのが、今の時代のいいところなんですね。

ワクワクしてきました。

 

バンジージャンプのイラスト

 

僕が動けなかった枷は、お金がないという思い込みだった

 

僕はもちろん無職だし、お金を稼ぐあてはないので、今すぐ使える大金はありません。

だから、フリーランス養成スクールや、プログラミング講座なんかは、お金が貯まったら始めようと思っていました。

でも、そのお金っていつ貯まるの?

 

 

おそらくこういうことでしょう。

お金が貯まったらやろうなんて思っているうちは、なにも始められません。

 

そう言って始められない理由を作っては、家に引きこもっているだけの哀れな自分が見えるようです。

リスクをとれない人は何をやろうとしてもダメだって、今まで散々見てきたはずなのに、すっかり忘れちゃってましたよ!

そんな自分に向けて、心からの言葉を送ります。

 

 

「変わりたいと心の中で思ったなら!そのときすでに行動は終わっているんだ!」

 

 

プロシュート兄貴はやっぱり偉大だった。

 

プロシュートの兄貴

僕らのプロシュート兄貴

 

 

行動を起こし続けよう、これからの僕は

 

僕が何か行動を起こそうと思って、最初に始めたのがブログでした。

つまり、行動を起こすというタスクはできるようになったんです。

そうなると次もまた、行動を起こすというタスクをこなすべきなんですね。

 

新しい行動は繰り返し起こしていかなければならない。

そのたくさんの行動のなかで、どんどん取捨選択をしていくべきだ。

むしろそれができないと、自分の生き方を見つけるなんて夢物語はいつまでたっても叶わないに違いありません。

 

僕はブログを始めて約1か月半で、

「何も考えたくない引きこもりニート」から

「これからの人生にワクワクして挑戦する準備ができている引きこもりニート」へと変貌しました。

自分でも劇的な変化だと思います。

でもそこで足踏みしてちゃ、せっかくの勢いがもったいない。

 

僕が欲する最高の生き方は、すでに目の前に広がっているのかもしれませんからね!

 

 

 

友達追加して、ブログには書いていない裏情報を知ろう!個人的に相談OK
友だち追加

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • こんにちは。
    今回の記事は個人的にも耳がいたい記事でした。

    コンフォートゾーン…厄介ですよね。
    私は、かずのこさん含めて先達が発破や奮起する姿を羨ましく見ていることが気持ちよくてなかなか…
    ただ、こちらも動き出さなくてはと思えた今日この頃です。

    ちなみに、八木仁平さんという方をご存じですか?
    (やぎろぐの運営者です)
    彼とかずのこさんが模索しているものが何か近しいなと勝手に思っております。
    だから何だ?という話ですが。
    コメント失礼しました。

    • いつもコメントありがとうございます!
      コンフォートゾーン知らなかったので調べましたけど、とても納得がいきました。
      無気力人間はとくにゾーンにとどまろうとする意志が強くて困りますね~。

      八木仁平さんは存じていますよ。
      僕も参考にしたいと思っています。

  • そうそうたるメンツの中で僕の記事を紹介していただいてありがとうございます。
    Tweetまでしていただき感謝です。
    ブログ面白いですね!今後もチェックさせていただきますね^^
    これからどうぞよろしくお願いします!

    • いつも楽しく見させていただいています!
      コメントありがとうございます。
      まだまだ発展途上でしかないですが、Keiさんにも負けないものにするつもりです。
      よろしくお願いしますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です