感情を伝えるのが苦手な人は「返し一発目」に気を付けたら良い

かずのこ(@roomliveman)です!

 

きっと世の中には、感情を上手く伝えられない人が大勢いるんだろうなぁと思っています。

僕もその一人。喜怒哀楽を言葉で表現するのはとても難しい。

 

それでもどんな気持ちでいるのかを相手に伝えることはとっても重要ですよね。心のなかでは「楽しい」と思っているのに、相手に「この人楽しんでるのかな・・・」と思われるのは嫌でしょ?

そういった悩みをカンタンに解決に導く方法があるので、目を通してみてください。

 

何かをしてもらったとき、ひとこと目は「嬉しい!」でOK

相手に何かをしてもらったとき、嬉しいですよね?その嬉しい気持ちは、ちゃんと言葉にしないと伝わらないときだってあります。表情やしぐさで伝えるから大丈夫!って人は、表情づくりに自信がある役者か、ただの自惚れだと思います。

そうやって感情が伝わらないと相手を不安がらせてしまうので、しっかり言葉で感情を伝えましょう。

失敗例

感情を上手く伝えられない人はこういったことが起こります。

はい、これあげる♪
((わぁ、嬉しい・・・)) ←言わない
ありがとう。これ何?
((反応が薄い・・・イマイチだったのかな・・・?))

これはバッテン!

なぜなら、嬉しいと思っているのに相手に伝わっていないからです。相手は自分のしたことに喜んでもらえたのか分からなくなるだけ。

僕自身よくやってしまいます。あとになってもっとちゃんと伝えられたらよかった・・・!と思うこともしばしば。何かをしてあげた方も、もちろん喜んでもらえた方が嬉しいですよね。

 

そんなわけで、「返し一発目」に気を付けてみよう!

 

成功例

「返し一発目」を意識したケースです。

はい、これあげる♪ [/voice] 嬉しい・・・![/voice] ありがとう。これ何? [/voice] ((嬉しいって言ってくれた!))[/voice]

はいうまくいった!!

こんな簡単にいくわけねーだろと思うかもしれませんが、そのときどんな気持ちでいるのかを伝えるのは重要です。

なぜなら、嬉しかったということが相手に伝わるから。これ馬鹿にできませんよ。

 

感じたことは言葉にしないと伝わらない

喜怒哀楽の他にも、言葉では言い表せない感情があると思います。人間ですから。

それでも、感情を伝えることを諦めたら相手にとっては無いのと同じです。

だから諦めたりせず、自分の感情を主張していけるように努力してみましょう。言えたらスッキリしますよ!

僕自身、思っていることを素直にしゃべる大切さはこのとき学びました。

え、野望って語るもんじゃないの!?『野望の会』に参加して本当に良かった! | 50cm四方の暮らし

まずは「返し一発目」を意識してやってみることをおすすめします。

 

わたしはいま〇〇〇です

もうひとつ、何かをしてくれたときじゃなくても、自分がいまどう思っているのか素直に伝えることは効果的ですよ。

返し一発目じゃなくても、自分に喋る機会がまわってきたら素直に言葉にすればいいんです。

 

約束をほっぽって忘れられたら「わたしはいま悲しいです」と言えば忘れられたことの悲しさが相手に伝わるし、「わたしはいま怒っています」と言えば相手はことの重大さを理解する。

一番良くないのは、ほんとは悲しいし怒ってたのに「いいよいいよ気にしないで、しょうがないよ」と言ってしまうことです。それは自己満足で、相手のためにも自分のためにもならないよね。

 

練習あるのみ!

自分の気持ちを確認して言葉にするまでには慣れが必要。

でも素直にパッと気持ちを伝えることができるようになったら、人との距離感もグッと縮まりますよ。

人に伝えることが苦手な僕が実際にやって出来たぐらいだから、誰でも使えると思います!

「返し一発目」と「わたしはいま〇〇〇です」を上手く使って、感情を伝えるエキスパートになってください!

 

以上、かずのこでした!

 

こちらもどうぞ

『SPARX(スパークス)』はネガティブ思考を変化させる方法を教えてくれた!

え、野望って語るもんじゃないの!?『野望の会』に参加して本当に良かった!

買ったゲームを遊んで正直すぎる感想を言ってたら公式にインタビューを受けた話

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なプロフィール
・無気力な引きこもりを活動的に変えた13の大きな出来事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です