≪0% vs 100%≫両極端な考え方を緩くする魔法の呪文

 

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

 

全部やりきったか、まったくできなかったかのどちらかになってしまう、両極端な思考を持ってはいませんか?

 

友達と遊ぶ約束で例えます。

両極端とは朝起きたときに集合時間を過ぎていると「もう行かない」と決めてしまう思考のことです。

しっかり準備できていたら最初から最後まで楽しく遊べるのに、一度つまづいたらそのあとのことが何もできなくなる。

まさに、0%か100%のどちらかしかできない両極端!

 

僕も実際コレの気がありました。

物心ついたときから「やるか?やらないか?」の二者択一のみで、「あいだをとってこれだけやる」と考えることができない人間だったんですよ。

 

100%がこなせるならその方が良いに決まっています。

問題は0%をどうすれば減らすことができるか?

そこに焦点を当てよう。

 

 

両極端な考え方を緩くする魔法の呪文

時間通りに外出して、最後まで遊ぶことが100%だとすれば、外出できないことが0%。

0か100かの両極端な考え方をしていると、時間通りに外出できなかった時点で全てを諦めてしまいがちなんだよね。

100%にならないと思った瞬間、「できなかった・・・」とやる気のボルテージが下がりきって後悔⇒ストレスを抱えたりして。

 

僕はいつもこんな感じですが、どうですか?

いつまで経ってもこんなことばかり気にしていたらしんどいですよね。

 

この両極端な考え方はどうすればいいのか?

もし0%の状況になってしまったとき、こう考えれば上手くいきます。

 

「100%は無理だったけど、10%か20%くらいはできるだろう」

 

 

0%が諸悪の根源

0%とはつまり、何もできなかったということですよね。

これが一番精神的に効くマイナス体験です。

少しでも何かできたことがあれば、そっちの方に意識を向けられるのに。

0%というのは毒ですよホントに。

ぜひ減らしていこう。

 

 

どうすれば10%や20%になるのよ?

0%と100%はだいたいみんな同じ「できたかできなかったか」だけど、10%や20%となると、自分で決めてオッケーです!

ベッドから起き上がるのがしんどいなら、起き上がってスマホを見るだけでも達成度20%にしちゃって良いんですよ。

要は、「少しでも何かできた!」と脳みそに思わせることが大事。

達成度がどれだけなのかは自分で決めて、これだけできた自分すごい!と感じることが0%をなくしていく最短ルートなんですよね。

 

 

かずのこの場合2コマ漫画

 

漫画じゃねえし面白くもねえ。

でも、ちゃんと出る準備しましたよ。

ヒゲ剃って、久しぶりに髪をセットして、着替えて、外出する。

 

これだけで自分のなかでは60%くらいです。

出るまでが一番しんどいからね~。

 

 

0%じゃなかったら勝ち

メイン予定は達成できなかったけど、途中からでも何かできたことで0%は免れました。

こうやって、「100%は無理だったけど、10%か20%くらいはできるだろう」と考えてみると意外と動けるもんです。

そうして最後には、「今日は何もできなかった・・・」じゃなく「今日は半分くらいはできたよ」になるんですよね。

単純だけど、本当に大事な視点だと思っています。

 

テストの点を0点から30点に上げることに大きな意味がある。

100%じゃなければ達成にならないなんて考えず、設定を緩くして20%30%を目指していこうよ!

 

 

行動したいけど気持ちが・・・と思った人は、下の記事も参考になると思います。

 

こちらもどうぞ

うつ病改善ゲーム『SPARX(スパークス)』認知行動療法により、活動は自らを助ける!

”宣言したのに行動できない”がうつ状態を悪化させる!!

理想の自分と現実の自分のギャップに苦しむ人が強くなる方法

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なプロフィール
・無気力な引きこもりを活動的に変えた13の大きな出来事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です