ニート,引きこもりが悩みから解放されないのは自分を責めているからだ

僕は引きこもりです。

細かいことをいうと、両親が仕事でいない間家事などをして家を守っているので、家事手伝い(自宅警備員)ですね。在宅で仕事を始めるまでは、完全にニートのそれでした。

日本において、ニートとは、15歳から34歳までの、家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者を言うんだそうですよ。

まあなるほど~とは思いますけど、なんだかニートっていう言葉自体、世間では軽蔑な意味をもって呼ばれていますよね。いったいどうしてなんでしょうか?

 

【SPONSORED LINK】

「ニート」から連想されるものは「社会不適合者」「落ちこぼれ」

世間では、ニートは軽蔑の対象とされています。

  • 働かないのは悪いこと
  • 稼げないなんて生きている意味がない

本当にそうでなんしょうか?少なくとも収入がなくても幸せに生きている人たちはたくさんいるはずです。

言われてみれば、毎日一生懸命働いている人はがんばっているんでしょうね。でも、それと同じことができないなら悪いというのは違うんじゃないですか?

改めて、社会の”ふつう”と言われている生き方をしている人たちに問いたい。あなたの思う社会が正しいものだなんて誰が決めたんですか?

 

ぼくらの生きる社会ってなんなんだ

朝から夜まで働いて給料で生活していく。そういう生き方にケチをつける気はありません。でもですよ?それと同じことができなければ負け組認定って、おかしいと思わないんでしょうか?

集団に入って働けなかったり、一度でも挫折したら蹴り落とされたりするような、そんな世の中がふつうの社会だとでもいうのでしょうかね?稼いだら偉いの?もう勤労の義務を掲げても意味がないことは分かってるはず。

周りがみんなそうだから、とりあえず自分も従っている。周りが会社員になって働いているから、自分も就活して会社で働いている。そこからはみ出た者は社会に当てはまらなかったと不適合者の烙印を押され、軽蔑される。

それが、引きこもりやニートが排除される社会というものです。

 

負け組になりたくないという思いが強すぎる会社員

引きこもりやニートを蔑んでいるのって、自分がそうはなりたくない、負け組になりたくないって強く思っているからですよね。ニートだからといって負け組という決まりはないし、そもそも同じ土俵に立って争ってるわけでもないのに。

頑張って働いている自分を肯定したくて、下を見て安心しているつもりですか?下ばかり見ていることに、なんの幸せがあるというんでしょうかね。

自分はこれでいい、ああはなりたくない。そう思うのは自由だけど、自分の生き方にまったく疑問を持たないのはよくないですよ。ひたすら視野が狭くなっていきますからね。

 

人の生き方に文句を言わないでくれ

軽蔑する人ばかりではないとは思っています。けど引きこもり・ニート本人だって、正直なところ「ほっといてほしい」と思っていますよ。あれこれ言われなくても、経済的に自立しなきゃいけないことはみーんな分かっています。

問題は、どうすれば自分ができることで食っていけるようになるか。

もし、引きこもりやニートが「自分はこれがやりたい!」というものが見つけられたら馬鹿にできないですよ。会社員みたいに時間が拘束されていないので、考えて行動する時間がたっぷりありますから。

引きこもり・ニートにもこれからの人生がある。その生き方は自分で決めるものであって、誰かに強制されるものじゃないはずです。

上司や親に言われた通りに生きることは、自立とは言わない。あなたは自分の生き方をしていますか?

 

引きこもり・ニートの1番の敵は“自分自身”だ

引きこもりやニートは自己肯定感の低い人が多い。自分を過小評価しすぎて、社会ではどこにも通用しないと思っている。だから殻に閉じこもってしまう性質があるんですね。

自分なんかが社会に出たら、人に迷惑をかけることになる。そう思っている人も少なくありません。社会不適合者だからと、自分で自分を追い込んでいるからです。

本当は活躍できる場所や、会社でも適所があるかもしれないのに、社会に見放されたと思って閉じこもっているんですよ。とても哀しいとは思いませんか?

そうじゃないんだと、君に合う環境が絶対にあるから、自分のペースで探していいんだよと、誰かが教えてあげられたら、その人は変われるに違いない。少なくとも、生きていくことに対する心の負担は減ります。

自分の殻に閉じこもるのは本当に自分がやりたいことを見つける期間であり、将来それで飛び立っていくためのサナギの期間なんだとぼくは考えています。

今は頭の中がゴチャゴチャしてて、何も考えないようにして現実から逃げているかもしれない。けど、いずれは飛び立つ日がくるんです。輝ける日がくるんです。

 

引きこもり・ニートという名称だけにとらわれ、その人自身を見てあげなくてどうする

残念ながら、今の日本には正社員教崇拝者が多すぎます。だから、ニートや引きこもりの人を引きずり出してでも更生させようとする。

なにも悪いことしてないのに、どうして更生されなきゃいけないんですか?ぼくらにとって肩身が狭くて生きづらい社会へ放り込むための洗脳としか考えられませんよ。

周りから無理やり社会に送り込まれた人は必ずまた挫折します。なぜなら問題は根本的に解決していないから。いいように傷つけられて、会社に使いつぶされて終わるだけ。そんなのはイヤだよね。

 

【SPONSORED LINK】

引きこもり・ニートの人は、今こそ究極のチャンスの時期です

これから人の生き方は多様化して、全員が会社員として働かなければならない時代は終わりを告げようとしています。

そんなときに、親世代が「安定した職業に就け~」とゴチャゴチャ言おうとも、自分がやりたいことを進めていけば必ずそれがライフワークになる。

新しい社会を作っていく世代は僕らです。バブルに生きた人たちじゃない。

僕は、ニートと呼ばれる人たちを応援しています。いっしょにこれからの新しい生き方を模索していきましょう。

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です