【悲嘆】ひきこもりが外に出るためにはお金がないとダメなんだよ!

28歳のひきこもり、かずのこです。

ぼくのなかで、自由に使えるお金が減った結果「ある変化」が起きていることに気付いてしまったので、まとめておこうと思います。

結論から言うと・・・「自由に使えるお金があった頃に比べて、お金が少なくなった今の方が家から出ない日が多いということです。

お金がある お金がない
外出の頻度 多い 少ない

表にしたからなんだって話ですが、これは由々しき事態です。

なぜなら、お金が少ないということは、ひきこもりから「意欲」や「気力」を奪っているということだからだよ!

ひきこもりはお金がないとより引きこもってしまう

たとえば消費税が上がり、物価が高くなるとあなたはどうしますか?

物価が安かった頃に比べて、買い物の量を控えるようになりませんか?

まぁぶっちゃけそれと同じです。ひきこもりは今持っている残り少ないお金を失いたくないあまり、出費する機会(=外出の機会)を減らしていくわけです。

「ホンマか工藤!?」

と思った方のために、とっても分かりやすいサンプルを用意いたしました。

ぼくのスケジュール表です。

 

お金をもっていたときのスケジュールと、もっていないときのスケジュールの差

そんなわけで、実際のスケジュール画面を見ながら確認していきましょう。

たとえばコレ↓

ひきこもりのスケジュール

2018年はぼくが1番お金を稼いでいた時期です。青いバーがある部分は、ほぼすべて外出するタイプの予定。

こう見えて1年ほど前までは、コンスタントに月10〜25万円を在宅で稼ぐリッチなひきこもりでした。あの頃に戻りてえ。

貯金100万円超えた

引きこもりだけど貯金額が100万円を超えました。

2018年10月9日

 

そして「お金に余裕があることに気付いた」あたりのスケジュールがこちら↓

ひきこもりのスケジュール(リッチ)

見てくださいこれ!!ほぼ毎日埋まっとるやないかい!!

貯金が100均万円を超えていると頭ではなく心で理解した瞬間、毎日のように外出しておりました。

仕事もパソコンを持ち出してカフェなどでやっていたし、夜は毎日のように誰かと食べに行っていました。なんて社会性に富んでいるんだ!

もちろん朝にはしっかり起きてシャワーを浴びていたし、面白そうなイベントにはどんどん参加していきましたとも。

この頃は誰もぼくのことをひきこもりだとは思っていませんでしたね、正直ね。

 

しかし!!!

お金を使いすぎて貯金が減り、仕事が減ってしまった現在はというと・・・

ひきこもりのスケジュール(貧困)

すっくな

月の半分もいけば予定でギュウギュウだったあの頃とはほど遠い、「ひきこもりの面目躍如でい!」とでも言いたげなこのスッカスカ具合。

スケジュールを見て分かる通り、現在は家から1歩も出ない日が当たり前のように続いております。

毎日ダラダラ昼に起き上がり、無気力感につつまれています。

 

家にいる間何をしているかというと、ずっと『モンハン』をしてます。

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション - PS4

友人からタダでもらったPS4と、約6,000円で購入したモンハン。

たったこれだけで長い間楽しんでおります。

一度買えばそれ以上はお金がかからないので、ゲームは非常にコスパが高い。

そしてお金が出ていかない代わりに、ぼくも家から出ていかないという有様。

 

どうでしょう?これがお金をなくしたひきこもりのリアルです。

 

脱ひきこもりするためにはお金が絶対に必要

脱ひきこもりの定義が何なのかって話もありますが、家族以外の人と会って話したり、集まりに参加したりするだけでもお金がいる。絶対にいる!

  • 交通費
  • 参加費
  • 飲み物代
  • ご飯代

外にいくためにはどうしてもお金がかかってしまうもの。

少ないお金を使ってまで外に出ようというひきこもりは、むしろ貴重なんですよね。

それなのに、意欲あるひきこもりに対して「お金を持ってない方が悪い」っていうのは酷な話だとは思いませんか?

ひきこもりが社交性や意欲を身に付けられたら、それこそ社会復帰にも繋がるかもしれないんですよ。

もし家にひきこもりの子どもがいて、お金はないけど外に出たそうにしていたら、1000円でもいいのでお小遣いを渡してあげてほしいもんです。

お金がないひきこもり代表として、そう伝えていきたいと思います。

 

というか、ぼくがその1000円ほしいです。

1000円ください。

あとバレンタインデーなのでチョコもください。

 

おわり

【SPONSORED LINK】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です