【観光】尾道の“極小路地裏”を探す旅に出たよ

こんにちは!!GWに入りましたが、尾道に観光へ行かれる予定ですか?そうですね?

尾道といえば、独特な坂の風景や猫のいる道がメインに思う方もいらっしゃると思います。

しかしなんども観光に訪れていると、たまには違った景色を探したくなるもんです・・・

 

というわけでいつもと“ちょっとだけ”違う雰囲気の尾道を味わうため、『極小路地裏』を探して尾道を旅してみました!

ちょっと変わった尾道観光 〜ぶらり極小路地裏探しの旅〜

尾道

今回おもに巡ったのは「尾道本通り商店街」

古びたアーケードが強い日差しを防いでくれる、懐かしみ溢れる通り。ちなみにけっこう長い。

※商店街の長さはアーケード以外も含めて1.6kmもある!

そして特徴的なのが、ものすごく狭い路地裏の存在である。

  • 人がなんとか通れるくらいの幅
  • 誰も通らないから好きなものをぶら下げている家
  • 路地裏の先に見えるモノ

今回はそんな路地裏を探し回った。

いったいどんな極小路地裏が待ち受けているのだろうか!

 

尾道

まずはじめに見つけたのがコチラの路地裏。誰かの家につながっているのかと思えば・・・

尾道

まったくそんなことはなく、また別の道に続いていた。

屋根のある路地裏というのは他では見たことがないので印象に残っている。

 

尾道

ここも屋根ありの路地裏。「少年を守る店」と書かれてあるが、昼でも光を受けないこの路地は少年たちを守ってくれるのだろうか?

 

尾道

ここも路地裏・・・ではない!

路地裏かと思って近づいたら、なぞのドアノブと鍵があった。

そこ、開くのか?開いたとしても人が通れるのか??

 

尾道

なつかしい

 

尾道

こちらは閉鎖されている路地裏。ここまで狭いと何も置けないだろうね。

右にある赤い排水管?がおしゃれ。

尾道

尾道の電柱にはどれもはしごが付属している。

避難用なんだろうか?

 

尾道

ナナメに折れ曲がった配管がシャレオツな路地裏。

先に見えるのは行き止まりか、それとも・・・?

 

尾道

この路地裏はどちらかというと広い方。

よく見れば右下に〇〇小路と書いてある。草が生えててよく見えねえぞ。

 

尾道

これは極小路地裏ではないが、路地の先に見える階段がとても美しかったので撮影した。

尾道にはこんな風景が山ほどある。

 

尾道

「あんたたち!やぁーっておしまい!」「「アラホラサッサ〜!」」

 

尾道

「のらないでください」

 

 

尾道

路地裏の先に緑が見えると、とてもノスタルジックな気持ちになることがわかった。

 

尾道

お店の前にあった謎の書き置き。上を見ると・・・

尾道

なぁーるほどね!

 

尾道 尾道

ここの路地裏も、山にある寺と空がキレイに見えるポジションだった。

おそらくあれは有名な千光寺、受験前に祈願に行ったなぁ・・・

 

尾道

ところで電柱にかならずついてるこの3つの出っ張り、なんだと思う?

答えは・・・CMのあとで!

 

【SPONSORED LINK】

 

尾道

極小路地裏じゃなくてごめんね!意外と少ないのよ!

しかしキレイな通りですね。左側にはなぜか人が並んでるし。

 

尾道

並んでる先に行くと、クレープ屋さんがありました。

こんなとこにクレープ屋があるなんて思わなかったからびっくり!有名なんかな?

尾道

それにしてもキレイな青空ですわ。尾道にかぎっては、張り巡らされた電線にも情緒を感じるね。

 

尾道

こちらはお店の横にある路地裏。

本当はきっと家の一部なんだろうけど、向こう側の道まで通り抜けられる。

尾道

ちなみに人気のゲストハウス「あなごのねどこ」でございます。

 

尾道 尾道 尾道

ペットショップにニワトリいるのはじめてみた

 

尾道

点字ブロックが続く変わった路地裏。

前が見えてても人とぶつかりそうになるよ。

 

尾道

なんか干されてる

 

尾道

ここは駐車場横の路地裏。

なぜここを撮影したかというと・・・

尾道

よく見ると奥に社的ななにかが見えたからだ。

ちなみに若干遠かったから実物を見に行ってはいない(ものぐさ)

 

尾道

まがりくねった道の先に待っているいくつもの小さな光

尾道

ほんの数段だけある階段って・・・いいよね・・・

 

尾道 尾道

クソ長極小路地裏くん。

 

尾道

路地裏の奥に住まわれている人は、いつもここを通るのかな?

自転車とかどうするんだろう?

 

尾道

雰囲気がありすぎる路地裏。

タイルを踏んで超えた先には何が待っているのか。

 

尾道

狭いのにちょっと小ぎれいなこちらは「鎮神小路」と名付けられている。

この小道の先には熊野神社があり、神様がこの道を通る際「お鎮まりになる」ということから「鎮神小路」と名付けられたのだそう。

※Google調べ

 

尾道

たしかに路地の先に神社がありました。

神聖な雰囲気〜〜〜!

 

尾道

これは寂れた廃屋の中に見えた謎の本。中身超気になる。

 

尾道

商店街も端っこまできた。極小路地裏と言える景色はあまり見つからなくなってきたけど、ここまできたらとことんまで探してやる!

 

尾道 尾道

な!れいこもそう思うだろ?

 

尾道

ここはお祭りで使われるためのスペースらしい。

ぐにゃりと曲がった特殊な道なりをしていて、周りには酒場が乱立していました。

夜には人通りが多くなんのかなぁ。

 

尾道

ここは路地裏ではないかもしれない。もはや基準がわからない。

ただ、かなり奇妙な道の作りをしている。車が通ることを想定していない作りだ。

道の突き当たりが家で塞がれているのがとても不思議に思えた。

 

尾道

ネコチャーン!!!!!!

尾道

ネコチャーン・・・

 

尾道

この先に行けばもう帰ってこられないような気さえする。

ここは観光客の知らない土地、尾道だ。

 

尾道

いつからあるのかわからないブルーシート、人気のない住宅地。

ノスタルジーな路地裏。

 

尾道

そして今回随一のゴチャゴチャ空間がこちら。

尾道

マジ卍〜!

 

 

一見ふつうのお庭に見えるコチラも、隠れ路地裏地帯です。

 

尾道

わぁすごい!こわい!!

尾道

いつからあるんやこの看板!もう商品売っとらんやろ!

 

尾道

 

尾道

イヴはどこ?

 

尾道

両隣ともふつうの家だったと思うんだけど、それにしてもこんな風に空間ができることって珍しいよね。

家を建ててはならないスペースだったとしても、地面についてないならべつにいいのか?

 

尾道

食事喫茶YOTAROUです。

実は通り抜けられるので、ここも暫定路地裏です。

尾道にはいろんな路地裏があったぜ

尾道

そんな感じで極小路地裏を巡る旅は終わりました!

本当に多かった!不思議な雰囲気の路地裏だらけでした。

時間があれば路地の先まで行ってみたかったんだけど、そういった楽しみ方は次回時間があるときにやってきます。

その先は自分の目で確かめてみてくれ!!!

 

尾道 尾道

尾道新駅舎から見える景色。

うん、景色を見るなら千光寺に行こう!!

 

GWはぜひ尾道へどうぞ。

非日常的な空気があなたを癒してくれますよ!

 

終わり

 

【SPONSORED LINK】



LINEで情報をお届け!相談もできるよ


お得な情報をLINEでお届けしています。役にたつ本や前向きになれる考え方など、「明日の自信を取り戻す」ための情報を主に配信しています。また、個別で話すこともできるので軽い相談があるときにも使えますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です