「応援してる」のにお金を出し渋るって、それ応援できてないから!

かずのこ

 

どうも、かずのこです!

今日も元気に引きこもってます。

 

そんな僕が引きこもらずにワークショップに行ったとき、18:00~22:00のワークショップイベントで計8,000円は使いました。

ポーンっとね、とびましたね。

僕の月の収入はそこまであるわけじゃないので、手痛い出費といえば手痛い出費。

 

だけど、僕は後悔も反省もしていない。

なぜかって?

そんなの、人を応援しているからにきまってるじゃないか。

 

 

【SPONSORED LINK】

活動を応援しているのにお金を出し渋る自分にサヨナラ!

僕がワークショップに行った目的は、ふんどしを染めている夫婦のところへ顔を出すことでした。

行く前は正直に言ってふんどしを買うつもりはなく、ただ「やってる~?」なノリで顔を出そうとしてた。

でも、行ったらね・・・思いましたよ。

がんばっている人たちの応援に来たのに、「値段が高いからいいや」といってお金を出し渋るってどうなの?

 

その夫婦と知り合ったのはほんの1ヵ月前だし、会ったことも1,2回くらいしかない。

でも、それでも、ふんどしを取り扱いはじめた理由だとか、こだわりを聞いた後に、素直に応援しようという気持ちでいっぱいになったんですよ。

 

 

応援しているのに買わないって正直どうなの?

その人が商品を取り扱っているのなら、ぼくにできる最大限の応援は

「お金を払って購入し、たくさんの人に知ってもらうために発信すること」

ということにほかならない。

 

けっして、

「応援はしているけど、商品の値段が高いし、自分には必要のないものだから買わないよ。あ、でも応援はしてるよ」

ではないのだ!!!

それじゃ矛盾してますよ、矛盾。

 

 

それだけ応援してもらえた人はどんな思いになるだろうか?

収入もそこまでないのに、自分たちの商品を買ってくれる。

そう思ってもらえていたなら、僕はこれ以上ないほどの買い物をした

その夫婦の感謝の気持ちもいただいたし、今後もいい関係を築くことができそうな予感もある。

商品の価値だけじゃ判断できないものもあるんだよ。

 

こんなにいい買い物ができるのは、生産して売っている人が目の前にいるワークショップならでは。

他にも初対面の人の商品を購入したり、体験したり、仲良くなったりしました!

遊びに行く約束もしました!(笑)

 

 

【SPONSORED LINK】

買うことで得るもの、買わないことで失くすものを考えたことある?

 

僕がいきなり路上で商品を売られたとしても、買わないことで僕が失くすものは少ない。

けどもし、「応援してます!」と言っている人に対して「でも買いません!」と言ったら、それこそいろんなものを失くしてしまう。

応援してもらっている人からすれば「なんじゃアイツ」だろう。どれだけガッカリすると思う?

でも、そこでお金を出して買ってくれたなら「この人は本当に自分のことを応援してくれている」と思うんじゃないかな。

 

 

僕はお金を出し渋らない!

お金を出すことで得られるもの、出さないことで失くすもの。

それはなにも商品だけじゃない。

目に見えないところで、大きなものが動いているんですよ。

 

あなたは大事なところで、目に見えない大事なものを失っていませんか?

 

 

p.s.

またふんどしのレビューします。マジで生活変わるよこれ!

しました!

健康の悩みとさようなら!ふんどしで『末端冷え性』を改善できた!

 

 

こちらもどうぞ

サルでもできる、大人になってから友達を増やせるかんたんな方法

超がつくほどドケチな人は、友達の前でお金をケチって良いことがひとつでもあった?

依存からの脱却!永田カビ『一人交換日記』の見どころを紹介します

 

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です