pairs(ペアーズ)で初めて出会えた子が超可愛くてビビった話

こんにちは。pairs(ペアーズ)の有料会員に登録して2ヵ月が経ったかずのこです。

そう・・・この2か月間、まさかのノンフィニッシュ(出会いなし)でした。

でも今回!とうとう!pairsを利用して初めて出会うことができましたよ!!

ありがとう、ありがとう。

pairsとは?

  • facebook上最大手のマッチングサービス
  • 累計会員数450万人
  • facebookの友達は出てこないしくみになっている(安心!)

今回どんな出会いだったのか一部始終を語ります。参考になればいいね!

 

【SPONSORED LINK】

pairsで本当に出会えたガチ体験談

pairs体験談1:マッチングしてから会うまで

ペアーズの有料会員になってから丁度2ヵ月が経ったころ、自分より4歳年下の女の子とマッチングしました。

趣味がカメラとのことで、プロフィール写真にも一眼で撮ったような写真が。実はぼくも一眼レフ(おさがり)を持っていたので、話のネタとして持ち出したんですね。

そしたら相手(以降Nさんと仮称)がくいついてくれて、会話が盛り上がってきました。正直これはキタ!と思って、カメラの撮影の仕方を教えてもらうという名目で誘いました。

かずのこ
カメラ持ってはいるんですけど、撮影モードとかよく分からないので、よければ会って教えてほしいです!

いま思えば、何かをダシにして会う口実をつくるのはやめた方がいいです。相手によっちゃ「男らしくない」と一蹴されて終わりです。今回は見逃されたけど気をつけよう!

そんなこんなで、午前中に市街で待ち合わせをするまでこぎつけたのだ!

pairs体験談2:出会い

かずのこ
えっ・・・かわいい

思わずそう思ってしまったほどかわいい子が来ました。ほんとビックリした。思わずNさん本人に「こんなかわいい子だとは思いませんでした」って言ってしまったくらいには。

とりあえずアーケード街を並んで歩きながら話をしました。pairs内のトークで話したことを振り返って話したりしたんだけど、ちょっとドギマギしてたのは否めない。

引きこもり独特の「声がかすれて出ない」のにも悩まされましたよ。声はちゃんと出せるようになった方がいいですね~。

pairs体験談3:お昼ごはん

ひとつ昼ご飯を食べる店に目星をつけておいたんですよ。でもそこが人気すぎて、予約いっぱいで入れず。中まで入ってから判明したから余計残念感が漂いました。

「やっちまったー」と思ったけど、Nさんは笑って残念ですねーと言ってくれる。やさしい。

次に入ったところはピザが美味しそうなお店で、レトロアメリカン調な雰囲気あるお店。ここは空いてましたよ。

カメラのことや、休日の過ごし方について話してたけど、ちょっと続かなかったりしたんですよ。最初はぼくの話術がくそすぎて楽しんでもらってないのかなーと思ったけど、どうやらNさんもけっこう緊張してたみたい。

かわいいのに、男慣れしてなさそうでした。それは話を聞いてても分かったな。

まぁとにかく、そんなことを考えてるとはおくびにも出さず、ピザをほおばって「おいしいねー」なんて言ってたのでした。

カフェ風のお店もいいけど、何かしらこだわりがありそうな店はいいですよね。デート時のチョイスとしておすすめ。

デザートも食べたぜ!こんなの何年ぶりだよ!

やはりカメラでご飯を撮影していたNさん。でかくて重そうなのを持ってましたよ。「そのカメラどんくらい重いの?」と聞いて、さり気なくカメラを手渡してもらったりもしました。(予想外のタッチ)

このお店はぼくのおごりでしたが、ピザ1枚とデザートで満足したので出費はほとんどない感じ。

でもまぁ、お金を払おうとする姿勢は男女ともに大事なことだよね。

pairs体験談4:フクロウカフェに行く

ぼくは去年、フクロウカフェが広島にあることを知っていたんですね。まず間違いなく、100%行ってよかったと思ってもらえるに違いないと思って案内しました。

フクロウの雛!どうよこのかわいさ!

こんなふうに、スペースの中に所狭しとフクロウがいるんですよ。ケージとかに入ってるわけじゃなくて、ほんとに間近で見れるんです。

入ったとたん、Nさんの顔がパァっと明るくなってワクワクしているのが分かりました。

凛々しくもキュートな佇まい。これはカメラで撮りたくなるでしょ?

オプションで餌やりができたり、手に乗っけたりできるんですよ。すごくない?

こういう体験できる系のスポットは知っておいて損はないです。

手に乗っているところを撮らせてもらったりしました。撫でると羽毛がフワフワしててたまらないんですよね。これにはNさんもニッコリ。

で、ここで楽しんだのは良いんだけどひとつミスをしました。

支払いのとき、モタついてたらNさんが全部払っちゃったんですよね。「さっき奢ってもらったから」って言ってたけど、いやさっき奢った分の2倍くらいあるよ!

やっちまったなあ!

pairs体験談5:別れ際の話

フクロウカフェを出たところで、Nさんは時計を気にしていました。もうそろそろ帰らなきゃいけないのか、ぼくといることに耐えられなくなっていたのか、それは分かりません。

Nさんに奢らせてしまったこと、思っていたよりも話が弾まなかったことばかり思い返して、すっかり失敗したと思い込んでいました。

帰りのバス停がある方向へ歩いている間、あまり話題を切り出せずにいたのも不安を煽っていました。もっと楽しませてあげられたらよかったなーとばかり考えてた感じ。

とにかく奢られた分くらいは返そうと思って、コンビニで崩して渡そうとしました。

Nさん
べつにいいですよ~
かずのこ
いや、こういうのはちゃんとしないと気になっちゃうでしょ、奢ってくれたのは嬉しかったけど返すよ

そんな感じでお互いに譲りませんでした。かずのこ、ここでピンときた。

「もしかして、Nさんはここで終わりにしたくないから受け取りを拒んでいるのではないか」と。

かずのこ
受け取ってくれないなら、どうすればいい?
じゃあ、どうしたいですか?
かずのこ
もし次も会ってくれるなら、そのときに奢るよ

これで正解!間違いない!Nさんも笑って、本当に楽しかったんですよと言ってくれた!

金の切れ目は縁の切れ目ってわけじゃないけど、次の約束がないと続かないのは確か。Nさんに見限られたかもって早とちりしてたけど、次につながって良かったですね。

pairsでの出会いを経験してわかったこと

pairsで実際に出会うのって難しいなと思ってたけど、それは合う約束をしてこなかったからだと気付きました。会う約束さえできれば、じっさいに会うのはそんなに難しくなかった。

まあマッチングするまでが大変ってのはあるかもしれないですけどね。そこらへんのこともいずれ書きます。

ただ、pairsは会うまでがゴールじゃなくて、むしろスタート地点でしかないと思います。お互いに話が合うか、いっしょに居て心地良いか、そういうのは会ってみないと分からない。「会える=付き合える」という方程式は成り立たないんで、そこんとこ男性は気を付けた方がいいかもね。

今回、会ってから別れるまで3時間ほどでしたが、最初はそれくらいでも充分です。はじめから1回ですべてを決めようとせず、今後なんどか会うのを想定しておいた方がいいと思いました。そこは付き合う前にデートに誘うのと何も変わらないですね。

 

【SPONSORED LINK】

まとめ:pairsは、かわいい女の子と会える!

Nさん本当にかわいかったから。ビビったから。見た目は会うまでほとんど分からなかったけど、それでいいんだと思います。

めっちゃかわいい子としか会いたくない!

なんて思ってても相手にされないのがオチ。大事なのは、女性の方から「会ってみてもいいかな」と思われるようになるってことですね。

それについてはプロフィールの書き方や、会うときの服装などに気を遣わないといけませんね。それについても後日ブログに書こうと思います。

pairsはいいぞ。引きこもりがちで異性との出会いがない人は、ぜひ一度使ってみてくれっ!

【SPONSORED LINK】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です