『SPARX(スパークス)』でGnatsな思考に気付けるようになろう!!

 

認知行動療法に基づいて、遊ぶほどスキルを身に付けられるゲーム『SPARX』のプレイレポートその5です。

 

SPARXって何?って人は以下の記事をご覧ください!

自分を責めてしまうことってない?ゲーム『SPARX(スパークス)』で改善できるよ
  こんにちは、かずのこ(@roomliveman)です。 突然ですが、あなたは以下のことで身に覚えはありませんか? 自信がない 何かあると自分を責める ものごとに対してやる気が起きない 憂うつな気分になる   僕もかつてはそうでした。 もし「自分もそうかも・・・?」と思ったなら朗報です。 これらの改善効果が証明されている、認知行動療法に基づいて作られたゲームがあるんです!   タイトルは『SPARX(スパークス)』 このゲームは、2016年5月にスマートフォン用アプリとして配信されました。   本国ニュージーランドで、このゲームをプレイした患者の43.7%はうつ病が寛解したそうですよ。 僕は常に自分を責めるクセがありましたが、このゲームを遊ぶようになって少しずつ考え方が変化していきました。   僕がこのゲームを良いと思ったのは、「押しつけがましくない」ところですね。これは大きい! アプリなので、自分がやりたいときに無理せずスッと始められるんです。 ベッドで横になっていてもできる!   わざわざ時間通りにカウンセリングに行く必要もなければ、認知行動療法を学ぶために分厚い本を読み漁る必要もないわけです。 「自分のペースで学べて、カウンセリングと同様の効果が得られるゲーム」それがSPARXです。     SPARX 開発元:SmileBoom Co.Ltd. with アプリーチ   まずSPARXについて紹介します。     SPARXとは? SPARXは、先進国の中で一番10代の自殺率が高いニュージーランドの国家プロジェクトの1つとして、オークランド大学で開発された本格的な3DRPGゲームです。 うつや不安への効果が実証されており、日本やアメリカで保険適用の対象となっている認知行動療法の考えをゲームを通して学ぶことができます。 日本版は、日本人成人でも楽しんでもらえるようにローカライゼーションを行ったものとなっており、 Smart – 賢明で、Positive – 前向きで、Active – 活動的で、Realistic – 現実的な、X-factor thought – 新しい考え方

 

前回のSPARXでは、問題を解決する方法。そして解決するのにSTEPSを使うことを学びました。

あとは憂うつでネガティブな自動思考であるGnatsに対し、前向きな思考をSparksと呼んでたね。今回の5回目は、このGnatsとSparksの関連について記していきます。

前回が気になる方はこちらをどうぞ!

認知行動療法のメイン!?『SPARX(スパークス)』で解決するスキルを身に着けよう!!
  認知行動療法に基づいて、遊ぶほどスキルを身に付けられるゲーム『SPARX』のプレイレポートその4です。 今回は長すぎたので前後編に分けています!この記事は前編にあたります。   SPARXって何?って人は以下の記事をご覧ください! https://kazunoko.xyz/sparx-info/   前回のSPARXでは、気づく・向き合うことを学びました。 何度かマグマに飛び込んで、不死鳥にケンカ売って瞬殺されて・・・そう考えるとあまりいい思い出じゃないですが、人間関係に役立つスキルを教えてもらいましたよね。 気になる方はどうぞ!該当の記事はこちらです。 https://kazunoko.xyz/sparx-3/ SPARXステージ4『解決する』 ガイドお姉さんいつもお世話になっております ‘僕もうれしい!!   このタレ目加減が人当たりの良さを表していますよね。もしかして八方美人か?八方美人なのか?? 社交辞令もそこそこに、最近の様子はどうか質問をされました。一番はじめにプレイしたときと内容は同じです。この2週間の間どんなことを考えていたか、眠れなかったりしたか・・・ってな具合ですね。   ‘出たよこのグラフ   前回に比べてかなり良くなっていることが分かりますね!そろそろ僕の後ろで光源がスタンバってきてるんじゃないかな(※プレイレポートその1参照) レベル7の時点で再度状態を計るみたいなので、その時には完ぺきになっていればいいな。仏のかずのこになっている可能性なくはない。   前回のおさらい 毎回恒例ですが、前回学んだことの復習をガイドさんにしてもらっています。 質問の答えをちょっと間違えたりもしましたが、責められることもなく優しく教鞭をふるってくれます。 自分のせいではないことの責任を取るのは、気分を悪化させるだけです。怒っていいのです。でも、すごく腹が立って爆発しそうなら、立ち去ってください。落ち着いたら、戻ってきて対応してください。 僕はつい、なんでも自分に非があると感じてしまうきらいがあります。相手の言い分の中に自分への非難があるのかどうか、放棄せずに考えていかないとですね。

 

ステージ5 Gnatsに『気づく』

ガイドさん、今日もよろしくね

続けます続けます

↑続けます続けます

 

毎度聞かれるこの質問、実は「いいえ」を選ぶと素直にやめさせてくれます。「では、また今度」とか言って。気分が乗らないときにムリにする必要はないということですね。

ムリなく自分のペースで進められるSPARX。うむ、良い!

 

前回の復習問題もありましたが、なんなく突破したので割愛しました。

・・・1問まちがえたけど、笑顔で許して解説してくれるガイドさんって天使なんじゃなかろうか。現実にこんな優しい人いないかなー。

 

Gnatsに「気づく」方法とは

そもそもGnatsが何かというと、憂うつでネガティブな自動思考のことですよね。

この自動思考というのが曲者で、普段の何気ない思考のなかにすでに潜んでいるということになるんです。人間たまにネガティブ思考になることはあれども、それが何週間も何か月も続くとなると話は別です。

普段の思考がどんなものでも憂うつでネガティブなものに変換されているということです。

Gnatsはゲーム上においては倒すべき敵として、このシリーズにも何度も出てきていますね。今回のステージ5ではそのGnatsに対抗するための方法を学ぶステージでもありました。

私たちの考え方は気分に影響を与えます。状況だけが気分に影響を与えるわけではないのです。重要なのは、「どう考えるか」ということなのです。 [/voice] 基本的に私たちは最初に考えて、それから感じます。私たちの考えは、前向き、ネガティブ、または中立的なものだったりします。私たちはいつもその考えに気付くわけではありません。なぜなら、その考えはとても速く、ほぼ自動的に出てくるからです。[/voice]

憂うつでネガティブな思考をしていることに気づき、Gnatsをより前向きな思考へと変えていくことが今回の目的です。では、いきましょう!

 

SPARXワールド本編

今回は沼の国だぞ

↑沼の国はその昔、植物にあふれた国だったそうです。マングローブ的な?

↑沼の国はその昔、植物にあふれた国だったそうです。マングローブ的な?

 

多くのGnatsに覆われ、外へ抜け出せないでいる住人がいる沼の国。昔はさておき、今では暗く、臭い所らしいです。臭いのはヤだわ~。臭いのだけは勘弁だわ~。

水質が良い所でないと生きていけない体なので、臭い沼には行きたくない。それが本心。でも行かなきゃ。それもまた本心である。

 

どろどろした沼の国へとやってきました

降り立った沼の地は、思っていた通りのような、思っていたほどでもなかったような。とりあえず沼の中をザブザブ歩く羽目にはならなさそうで良かった。

 

↑きちゃった

↑きちゃった

 

この景色、なーんか見覚えあるなあと思ったら思い出しました。『ゼ〇ダの伝説 ム〇ュラの仮面』に出てくる沼地方ステージにそっくりなんだ。

64のときの暗くておどろおどろしい雰囲気そのまんま!なんか沼から湯気出てるし!

主人公の服を主人公のリ〇クと同じ緑色にしとけばよかったな~と思いつつ、目の前にある家に向かいました。

 

家の前にGnatsとSparksがふよふよ漂っており、Gnatsだけを指先ひとつでダウン(チョン押し)させたあと、家の中から住人が出てきました。Gnatsが増えて家の中から出られなくなっていたようです。

どうやらこの家は宿で、旅人が来なくなっていたようですが、沼がこんなに汚く臭くなってしまったならしょうがないよね。Gnatsの影響力凄まじすぎるでしょう。

 

↑燃えてて熱そうな杖を顔に押し付けるの図

↑燃えてて熱そうな杖を顔に押し付けるの図

 

Gnatsを怪しいタルにブチ込んで改心させるミニゲーム

道なりに進むと、Gnatsが大量に存在する地帯に入ったようです。そして道の端には怪しいタルが・・・。ミニゲームの香りがする。

 

↑やはりな!

↑やはりな!

 

どうやら沼の国にたくさん存在するGnatsたちが、主人公を洗脳しようとネガティブな言葉を投げかけてくるようです。その言葉はどういった思考から生まれる言葉なのかを判断して、該当するタルにそぉい!していくわけですね。

 

↑Gnats「宝石4つしか持ってないの?ダサッ(笑)」

↑Gnats「宝石4つしか持ってないの?ダサッ(笑)」

 

そぉい!

 

↑Sparks「もう4つも手に入れたなんて、すごいです!」

↑Sparks「もう4つも手に入れたなんて、すごいです!」

 

Gnatsをタルにブチ込んだかと思ったら「ポンッ♪」という愉快な音がして一瞬で色が青くなって戻ってきました。

心変わり早すぎない?あのタルの中身怪しすぎでしょ・・・。

きっとタルは時が流れるスピードが早くて、一瞬に見えても中では何年もの時が流れているんだ。そしてGnatsは中でひたすら改心するように矯正されているんだ・・・。でなければあんなに一瞬で手のひらを返せるわけがない。(妄想です)

その後もGnatsを強制的にそぉい!して改心させていきましたとさ。

 

↑

↑Before

 

↑

↑After

 

ビューティーコロシアムもびっくりの変わりようだね。

 

Gnatsを問答無用で改心させるミニゲーム

↑Gnatsとのバトルが始まってしまうのかー!?

↑Gnatsとのバトルが始まってしまうのかー!?

 

また進むと、道をふさぐように待ち構えるGnats達が!お供の鳥さんが飛んできて、「おっファイ〇ルファン〇ジー!?」某有名RPGライクなコマンド選択バトルが始まると思ったら・・・。

 

↑コマンド選択式であることは間違っていない

↑コマンド選択式バトル!

 

くっ・・・RPGらしいバトルが楽しめると思ったけど、いかにもSPARXらしいバトルだった。コマンド式であることには間違いないのがまた何とも言えない。そう、これはSPARX、ファイ〇ルファン〇ジーではないのだ。敵はそれっぽいのにな!

倒すと力の石をゲット!いつも岩に埋まってますねアナタ。

 

スーパー復習タイム

Gnatsは思考の根底に潜む

今回は比較的早めに終わりましたが、学べることはとても大きかったと思います。

Gnatsとはどういうもので、普段の思考のどういうところに隠れ潜んでいるのかが分かりましたね。

改めてGnatsとは「Gloomy Negative Automatic Thoughts」の略です。ホント略すの好きだねこのゲーム。いや、心理用語業界か・・・?

ネガティブ思考は、Gnatsのようなものです。彼らは素早くやってきて、強力で、頭の中を何度も回ります。
私たちは、実生活でネガティブ思考に気が付くとは限りません。Gnatsは私たちの頭の中にいます。 [/voice]

おそらく自分ひとりで考え込んでいては、自信の思考がGnatsに染まっているとは気付けないと思います。僕もそんな感じでしたからねー。

誰かに「それはGnatsだよ、よくないよ」と言われても反発していたかもしれません。精神的に落ち着いたときに自分からこうやって悟ることができないと、なかなか気づけないものじゃないでしょうか。SPARXはそのために役立てるのだろうか。

僕はすでに意識していたからなんとなく分かっていたけど、SPARXをプレイするだけで「自分は思考が勝手にネガティブに変換されているんだ」と気づけるなら、それはとても凄いことだと思います。

 

具体的にカテゴリ分けすると正体がつかめてくる

次に、実際の思考を具体的にカテゴリ分けしていきます。さっきの怪しいタル事件と同じですね。

↑Gnats思考の解説

↑Gnats思考の解説

 

どうすれば具体的に「気づく」ことができるのか。それは簡単で、自分自身にいくつか問うのが良いみたい。

Gnats思考 問いかけ
破局的な考え方 「実際より大げさに考えていないだろうか?」
全か無かという考え方 「例外を考えないで極端な見方をしていないだろうか?」
罪悪感 「自分の責任ではないことに対しても、自分を責めていないだろうか?」
相手の心が分かるという思い込み 「他人の心の中を読もうとしていないだろうか?」
何でも否定的に受け取る考え方 「欠点ばかりを見て良い所を見逃していないだろうか?」
完壁主義 「自分に完璧さを求めすぎていないだろうか?」

 

あなた自身の中でわき起こる、ネガティブな考えを見つけることに挑んでください。その考えは〈①何でも否定的に受け取る考え方 ②完璧主義 ③相手の心がわかるという思い込み ④破局的な考え方 ⑤罪悪感 ⑥全か無かという考え方〉のどれでしょうか?[/voice]

あなたのその考えは、どのカテゴリに入る?

 

ネガティブ思考に気づき始めると、ネガティブ思考をコントロールできる

ひとたびネガティブ思考に「気づき」始めると、ネガティブ思考をコントロールすることに一歩近づきます。 [/voice]

僕は別に、ネガティブ思考は完全に悪だ!とは思わないです。落ち込んだり、悩んだりする時期が必要なのはよく分かっているつもりですしね。

でも、ネガティブ思考のままでは幸せになれないと思うのも事実。ネガティブ思考を完全になくすのではなくて、幸せを探すための燃料として有効的に利用してやるのが良い付き合い方といえるのではないでしょうか?

それが、ネガティブ思考をコントロールすることだと考えます。

 

さいごに

いつものまとめには、自分自身の思考でGnatsだと思うものを書きました。

  • 自分はなにをしても上手くいかない
  • 何もできない自分を責める
  • 人から下に見下されている
  • 相手に嫌な思いをさせてしまって申し訳ない
  • できないことが多くてちゃんとした人間とみなされない
  • 失敗するのが怖くて結局何もできない

いくつか被ってそうなのもありますが、僕は自分の思考でこれらのことがGnatsに当てはまると思います。実際にネガティブだった時期に考えたらもっと出てきたかも。

こういうことを考えることも、気分的に落ち着いてないとできないですよね。SPARXはそのための順序を少しずつ歩ませてくれました。

↑まとめ

↑まとめ

 

SPARXはアプリにしては若干金額は高く感じますが、認知行動療法を学ぶにはとても優れているように思います。

というのも、ゲームなので自分でプレイすることでどんな場面でそんな出来事があったか、どの国でどんな問題があったか。また、復習までキッチリやってくれる。それも、ゲームを遊ぶという軽い意志決定だけでね。ものごとを続けられない僕でも十分に成果が表れています。

いまネガティブ思考が続いてて、自分ではどうしたらよいのか分からないと悩んでいる方は、分厚い参考書を買うよりも身になると思いますよ。

SPARX
SPARX
¥1,080
posted with アプリーチ

 

以上、かずのこでした!

続きます!

『SPARX(スパークス)』はネガティブ思考を変化させる方法を教えてくれた!
  認知行動療法に基づいて、遊ぶほどスキルを身に付けられるゲーム『SPARX』のプレイレポートその6です。 ※画像の文字が小さいのでPCで閲覧することをおすすめします。   SPARXって何?Gnatsって何?って人は以下の記事をご覧ください! https://kazunoko.xyz/sparx-info/   前回では自分がネガティブ思考をしていることに気付く方法、そのコントロールの方法を学びましたね。 カテゴリで分けて問いかけると効果的だということも触れました。 「破局的な考え方」「全か無かという考え方」「罪悪感」「相手の心が分かるという思い込み」「何でも否定的に受け取る考え方」「完壁主義」 もっと詳しく知りたいなら前回を参照してください。 https://kazunoko.xyz/sparx-5/ ステージ6「考えを交換する」 ‘開口一番に褒めてもらったの図   変化、変化ね!チョー感じてるよ、変化。もう変化なしには生きていけないよ。   ネガティブ思考を「気分を良くする考え方」に変化させる 今回のステージでは、ネガティブな考え方を変化させるものらしいです。 前回でネガティブ思考に気づく方法を学んだから、今度はそれをなくしていくって寸法ね。 どうやら認知の再構成が始まっているようですぞ! ここでひとつはっきりさせておきましょう。私はあなたに全てを前向きに考えるように求めているのではなく、現実的に考えることを提案しているのです。今日の冒険が終わったら、また詳しく説明しましょう。 現実的に考えることを提案していると、ガイドさんは言っています。 確かに・・・すべてに前向きに考えるようになるだけなら簡単です。でもそれでは駄目だったから、こうして今の自分がいる。無理して前向きになり続けたら代償はとても大きくなった。 ただ前向きになればいいのではなく、悲観的だったり、大げさに捉えすぎるような考え方を辞めよう。というのが、『SPARX』の意図なんだと思いました。   SPARXワールド本編 6度目にもなるとスタート時の低予算なエフェクトにも慣れてきますね。 さぁ今回も元気にGnatsを締め上げるぞ~。   メンターさんの実家がある橋の国へ ‘メンター「私の家に力の宝玉があります。とってきて。」

 

こちらもどうぞ

遊ぶたびにうつ病が改善すると噂のゲーム『SPARX(スパークス)』をプレイしてみた

『ADHD』『適応障害』…大人の発達障害による生きづらさの対策を考える

ドイツ在住ブロガー、雨宮紫苑さんと「引きこもり・ニート観」について対談したよ!

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なプロフィール
・無気力な引きこもりを活動的に変えた13の大きな出来事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です