『SPARX(スパークス)』はネガティブ思考を変化させる方法を教えてくれた!

 

認知行動療法に基づいて、遊ぶほどスキルを身に付けられるゲーム『SPARX』のプレイレポートその6です。

※画像の文字が小さいのでPCで閲覧することをおすすめします。

 

SPARXって何?Gnatsって何?って人は以下の記事をご覧ください!

自分を責めてしまうことってない?ゲーム『SPARX(スパークス)』で改善できるよ
  こんにちは、かずのこ(@roomliveman)です。 突然ですが、あなたは以下のことで身に覚えはありませんか? 自信がない 何かあると自分を責める ものごとに対してやる気が起きない 憂うつな気分になる   僕もかつてはそうでした。 もし「自分もそうかも・・・?」と思ったなら朗報です。 これらの改善効果が証明されている、認知行動療法に基づいて作られたゲームがあるんです!   タイトルは『SPARX(スパークス)』 このゲームは、2016年5月にスマートフォン用アプリとして配信されました。   本国ニュージーランドで、このゲームをプレイした患者の43.7%はうつ病が寛解したそうですよ。 僕は常に自分を責めるクセがありましたが、このゲームを遊ぶようになって少しずつ考え方が変化していきました。   僕がこのゲームを良いと思ったのは、「押しつけがましくない」ところですね。これは大きい! アプリなので、自分がやりたいときに無理せずスッと始められるんです。 ベッドで横になっていてもできる!   わざわざ時間通りにカウンセリングに行く必要もなければ、認知行動療法を学ぶために分厚い本を読み漁る必要もないわけです。 「自分のペースで学べて、カウンセリングと同様の効果が得られるゲーム」それがSPARXです。     SPARX 開発元:SmileBoom Co.Ltd. with アプリーチ   まずSPARXについて紹介します。     SPARXとは? SPARXは、先進国の中で一番10代の自殺率が高いニュージーランドの国家プロジェクトの1つとして、オークランド大学で開発された本格的な3DRPGゲームです。 うつや不安への効果が実証されており、日本やアメリカで保険適用の対象となっている認知行動療法の考えをゲームを通して学ぶことができます。 日本版は、日本人成人でも楽しんでもらえるようにローカライゼーションを行ったものとなっており、 Smart – 賢明で、Positive – 前向きで、Active – 活動的で、Realistic – 現実的な、X-factor thought – 新しい考え方

 

前回では自分がネガティブ思考をしていることに気付く方法、そのコントロールの方法を学びましたね。

カテゴリで分けて問いかけると効果的だということも触れました。

「破局的な考え方」「全か無かという考え方」「罪悪感」「相手の心が分かるという思い込み」「何でも否定的に受け取る考え方」「完壁主義」

もっと詳しく知りたいなら前回を参照してください。

『SPARX(スパークス)』でGnatsな思考に気付けるようになろう!!
  認知行動療法に基づいて、遊ぶほどスキルを身に付けられるゲーム『SPARX』のプレイレポートその5です。   SPARXって何?って人は以下の記事をご覧ください! https://kazunoko.xyz/sparx-info/   前回のSPARXでは、問題を解決する方法。そして解決するのにSTEPSを使うことを学びました。 あとは憂うつでネガティブな自動思考であるGnatsに対し、前向きな思考をSparksと呼んでたね。今回の5回目は、このGnatsとSparksの関連について記していきます。 前回が気になる方はこちらをどうぞ! https://kazunoko.xyz/sparx-4/   ステージ5 Gnatsに『気づく』 ガイドさん、今日もよろしくね ‘続けます続けます   毎度聞かれるこの質問、実は「いいえ」を選ぶと素直にやめさせてくれます。「では、また今度」とか言って。気分が乗らないときにムリにする必要はないということですね。 ムリなく自分のペースで進められるSPARX。うむ、良い!   前回の復習問題もありましたが、なんなく突破したので割愛しました。 ・・・1問まちがえたけど、笑顔で許して解説してくれるガイドさんって天使なんじゃなかろうか。現実にこんな優しい人いないかなー。   Gnatsに「気づく」方法とは そもそもGnatsが何かというと、憂うつでネガティブな自動思考のことですよね。 この自動思考というのが曲者で、普段の何気ない思考のなかにすでに潜んでいるということになるんです。人間たまにネガティブ思考になることはあれども、それが何週間も何か月も続くとなると話は別です。 普段の思考がどんなものでも憂うつでネガティブなものに変換されているということです。 Gnatsはゲーム上においては倒すべき敵として、このシリーズにも何度も出てきていますね。今回のステージ5ではそのGnatsに対抗するための方法を学ぶステージでもありました。 私たちの考え方は気分に影響を与えます。状況だけが気分に影響を与えるわけではないのです。重要なのは、「どう考えるか」ということなのです。 

ステージ6「考えを交換する」

↑開口一番に褒めてもらったの図

↑開口一番に褒めてもらったの図

 

変化、変化ね!チョー感じてるよ、変化。もう変化なしには生きていけないよ。

 

ネガティブ思考を「気分を良くする考え方」に変化させる

今回のステージでは、ネガティブな考え方を変化させるものらしいです。

前回でネガティブ思考に気づく方法を学んだから、今度はそれをなくしていくって寸法ね。

どうやら認知の再構成が始まっているようですぞ!

ここでひとつはっきりさせておきましょう。私はあなたに全てを前向きに考えるように求めているのではなく、現実的に考えることを提案しているのです。今日の冒険が終わったら、また詳しく説明しましょう。 [/voice]

現実的に考えることを提案していると、ガイドさんは言っています。

確かに・・・すべてに前向きに考えるようになるだけなら簡単です。でもそれでは駄目だったから、こうして今の自分がいる。無理して前向きになり続けたら代償はとても大きくなった。

ただ前向きになればいいのではなく、悲観的だったり、大げさに捉えすぎるような考え方を辞めよう。というのが、『SPARX』の意図なんだと思いました。

 

SPARXワールド本編

6度目にもなるとスタート時の低予算なエフェクトにも慣れてきますね。

さぁ今回も元気にGnatsを締め上げるぞ~。

 

メンターさんの実家がある橋の国へ

↑メンター「私の家に力の宝玉があります。とってきて。」

↑メンター「私の家に力の宝玉があります。とってきて。」

 

説明しよう!力の宝玉とは、7つあるすべてを集めると世界が救われるというド〇ゴンボール以上の設定を持つ超重要アイテムである。主人公はこの石を集めて各国をとびまわっているのである。

なんでお前の家にあんねん。

 

まぁあれかな、これまでは主人公の力量を計るための試練で、乗り越えられたから秘宝を手に入れる資格を得た!みたいな。マス○ーソードを手に入れるために各ダンジョンのボスを倒すことを義務付けられたリ○クのような感じ。

仕方ないので代わりに取ってきて差し上げようかぁ。

 

橋の国にもGnatsがいっぱい

↑いい感じの雰囲気、こんなところに住んでやがったのか

↑いい感じの雰囲気、こんなところに住んでやがったのか

 

まるで南国地リゾートのような雰囲気を醸している橋の国。

雪国で凍えてる奴らを連れてきてやれよと思わずにはいられませんね。彼らは不憫だ。

 

↑女性に引き留められました

↑女性に引き留められた

 

どうやら橋の国にもGnatsが大量に湧いているようで・・・1匹みたら30匹いますとか言うなよ?

この女性は主人公に、危ないから行くな、お前には無理だと言ってくるので、どうにか交渉をしなくてはいけませんでした。お供の鳥さんによると、自己主張はハッキリとしなくてはならない。ケンカ腰でも言いなりでもなく、必要なことを落ち着いて伝えるのが大切なんだって。

 

↑鳥さん「おれの話聞いてた?」

↑鳥さん「おれの話聞いてた?」

 

僕ならまず「すみませんっしたぁー!」と謝るのでCを選んだら、小鳥さんに怒られました。遺憾である。

ていうか、明らかにBが正解ですよね。日常の会話のなかでもこういう選択肢出てきてくれたら便利だな~!

 

橋を渡る

橋には門がいくつかあり、そこにあるパズルを解いて先に進む仕掛けなようです。

橋の途中にはしゃべるタイプのGnatsも配備。

 

↑端から見える眺めはステキ

↑端から見える眺めはステキ

 

これまでの景色といえば、ペイントソフトを使って塗りつぶしたかのような一面の単色がほとんどだったので、こういう趣向を凝らした演出はとてもいいと思います。

妙に赤いのも大して気にならない!赤潮とか現実もにあるし、気にしちゃ負け!

 

道中襲い掛かってくるGnatsは言葉巧みに回避、パズルもテキトーにやってたら解けちゃったので、大幅に端折ります。本当はいけないんだろうなぁ・・・。

 

橋の終わり

↑これがメンターさんの家・・・?

↑これがメンターさんの家・・・?

 

デカッ!!

これ、完全にリゾート地に別荘立ててる感覚じゃない?メンターさんはセレブだった・・・?

そうなるといつも頭にウサ耳バンドを付けている理由も分かる。彼女はいわゆるパーティピーポーのセレブで、ああいう仮装をしながら日夜友人を豪邸に呼んで遊んでいるのだ。考え付きもしなかった!

窓がまったく付いてないのが非常にもったいないが、きっと些細な問題だろう。

 

メンターさんの豪邸へ来た

豪邸らしく(?)玄関には門番がいました。

↑門番さん

↑キュートな門番さん

 

また選択肢が出ましたが、これまでの交渉で気を付けることを思い返すと、自然と答えは分かりますよね?

どうにか納得してもらえたけど、この玄関から入るのは辞めた方がいいみたい。中をよく見たらGnatsがウヨウヨいるしな。通用口があるかたそちらを使えってさ。りょーかい!

 

↑お前が案内するのかよ

↑お供の鳥さん「さあ、こちらです!」

 

なんでお前が案内するんだよぉ!

 

邸宅内に入ると、壁に無地の大きな紙が貼られていましたが、何も起こりませんでした。謎解きはないのかー。

となると、あとは玄関から見えたGnatsたちを昇天させるほかありませんな。

 

↑カチコミじゃぁー!!

↑カチコミじゃぁー!!

 

これまでは言葉の力でGnatsを退散させてきた主人公、とうとう業を煮やしたのか、問答無用で杖から炎を出して物理的に昇天させにかかりました。悪即斬!サーチアンドデストロイだ!

全て燃やした後は目の前に会った宝箱から力の宝玉が出てきました。奪い取って終了!帰ろ!

 

スーパー復習タイム

どうやら途中で端折ったところが大事だったようで・・・(汗)スクショ撮ってないよう。

今回はツッコミ所しか紹介していなかったので、真面目に復習します。

 

考え方を変化させる方法「RAPA」

↑RAPAの説明

↑RAPAの説明

 

で、でたー!!略語だぁぁー!!

これ以上略語が増えても覚えられないです先生・・・orz

 

嘆いてばかりもいられないので学んでおこう。

RAPAはネガティブ思考を有益な考えに変換するためのポイントを表しているそうですよ。

  • R ⇒ Reality check「現実的かを検討する
  • A ⇒ Arternative way「異なる視点で見る
  • P ⇒ Perspective「より広い視野を持つ
  • A ⇒ Action「行動する

 

RAPAについてひとつひとつ丁寧に解説してもらった

ガイドさんは例えばの話を用いて、RAPAでどう考え方を変えていくのかの問題を出し、解説していってくれました。4つのステップを踏むことが重要みたい。

ここではガイドさんの言葉をそのまま記していきます。

 

ステップ1:現実的かを検討する

どうしたらその考えが正しい、と分かるのでしょうか?

すぐに結論を出す前に、状況を見て、現実的な考えかどうかを検討してください。

 

ステップ2:異なる視点で見る

物事の別の味方はありますか?

 

ステップ3:広い視野を持つ

それは、あなたが思うほど悪いことですか?

起こり得る、最悪の事態は何でしょう?

 

ステップ4:行動する!

行動することを考えてください。何ができますか?または、その失敗から、何が学べますか?ネガティブなことをくよくよ考えないでください。

問題について考えるのではなく、解決方法を考えるのです。その方が、あなたをもっとやる気にさせます。

 

実際にRAPAを活用してみる

↑RAPAを使ってネガティブな文を検討しましょう

↑RAPAを使ってネガティブな文を検討しましょう

 

僕は「私の人生は終わっている」を選びましたが、ここに入る文はなんでもいいです。自分が持っているネガティブな文なら。

なかなか実践的に使おうと思ったら難しいですね。慣れが必要だ。

やっぱり日常的に選択肢がピロンって出てきてほしい・・・。ゲームみたいに。

 

さいごに

いつものまとめ、貼っておきます!

 

↑まとめ

↑今回のまとめ

 

左下にある「向き合う」は今回触れてないですね。結構いいこと言ってるんですが、実際に質問に答えて理解してほしいのと、単純に僕の集中力がもたないので、ぜひアプリを手に入れて学んでください(笑)

 

SPARX
SPARX
¥1,080
posted with アプリーチ

 

とうとう次回でラストかぁー!いったいどうなるんだろう?

考えもしなかったけど、もしかしたらゲームっぽくラスボスがいたりして・・・。

ラスボスはまさかのガイドさん!?的な展開を期待しています(笑)

 

以上、かずのこでした!

続きます

『SPARX(スパークス)』は憂うつな気分から身を守る盾だった!
  認知行動療法に基づいて、遊ぶほどスキルを身に付けられるゲーム『SPARX』のプレイレポートその7です。 ※画像の文字が小さいのでPCで閲覧することをおすすめします。   SPARXって何?って人は以下の記事をご覧ください! https://kazunoko.xyz/sparx-info/   前回はネガティブな考えを変化させるための方法を学びました。RAPAという言葉も出てきましたね!覚えていますか? 本編はというと、メンターさんの別荘にお邪魔して鍵のかけられた宝箱から宝石を頂いてきました。(間違ってはいない!) もし気になるなら、前回のレポートを参照してください。 https://kazunoko.xyz/sparx-6/ 今回のステージ7でいよいよラストです! 長かった旅路の末、SPARXがもたらすものは?・・・そしてラスボスはいったい誰なのか!? 始まります!!   ステージ7「まとめ」 まずいつものガイドさんとの面談の時間が始まりました。ステージ1とステージ4のときに行われた診断を受け、現在の僕の神々しさチェックとなります。 ‘うーん惜しい!   初回のときと比べてかなり良くはなってるんだけど、完ぺきにはいきませんでしたね。神々しさで言えば「外出したら空が晴れてくるレベル」でしょうか。 最近はとても良い調子ですね!質問に答えてくださってありがとうございます。   気分はすっかり晴れ男、かずのこです!よろしくお願いします!   前回の復習問題も軽くいなします。ガイドさんがwin-winなんてナウい言葉を使うことに若干驚きつつも、かずのこのラストSPARXは始まるのだ! 今日は、スキルが合わないときや、物事が上手くいっていないように思えるときに、すべきことを見つけてください。幸運を祈ります。   SPARXワールド本編 今回は導入が早く終わったな。と考えながら、SPARXの舞台へ降り立ったのだ。いったいどんな困難が待ち受けているやら・・・? ‘メンターさんもワクワクを抑えられない   ここまでステージにつきひとつずつ、力の宝玉を集めてきました。今回で7つめとなります!

 

こちらもどうぞ

買ったゲームを遊んで正直すぎる感想を言ってたら公式にインタビューを受けた話

遊ぶたびにうつ病が改善すると噂のゲーム『SPARX(スパークス)』をプレイしてみた

マイナス思考の人がブログを始めるべきたった1つの理由

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なプロフィール
・無気力な引きこもりを活動的に変えた13の大きな出来事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です