ブロガーあるある「書きたいことがなくなった・・・」のは目標を達成しているからだよ!!

 

どうも!

明るい引きこもりの、かずのこ(@roomliveman)です!

 

この前ブロガーの方とお会いしたときにハッと気付いたことを書きます。

 

ずばりタイトルの通り。

「書きたいことがなくなってしまった・・・」と感じることはありませんか?

あんなにがんばって取り組んできたのに、もうこれ以上がんばるのがしんどくなってしまった。打ち込めなくなってしまった・・・。

そういう気分になることは、人間なのでまぁあります。

 

僕にもありましたね、わりと最近。

普通なら、ここで焦ってしまうところ。

 

でも心配いりません!

 

なぜかというと、「書きたいことがなくなった」というのは「すでに目標を達成した」状態だからです。

 

 

「書きたいことがなくなった・・・」はすでに目標を達成している状態

ブログで書きたいことがなくなるというのは「悩みが解消される」ということです。

つまり、ブログを始めた当初の目標は達成されたということです。

 

ブログを始めるとき、ほとんどの人がある目的を持ってブログを始めますよね。

僕ならブログを始めた目的の一つとして「無気力を治す」ことがありました。

 

ぶっちゃけ言うと、この数か月で「無気力を治す」の部分はほぼ達成しました。

 

こうなると、無気力に関する悩みがなくなったので、「無気力を治す」ことに関して書きたいことがなくなってしまうんですね。

こういった経緯によって「書きたいことがなくなった・・・」と感じてしまうんです。

 

特に目的がハッキリしているブログでは陥りやすいことだと思います。

  • 婚活ブログ ⇒ 結婚相手が見つかれば書きたいことがなくなる。
  • 健康になりたい人のブログ ⇒ 健康になれたら書きたいことがなくなる
  • 脱ニートしたい人のブログ ⇒ 働きだしたら書きたいことがなくなる

 

 

 

書きたいことがなくなったときに向かう方向

ブログを始めて3ヶ月もすると更新が途絶えて、辞めていってしまう人が実に多いみたいですね。

思ってたような反応が来ないとか、全然稼げないとか、そういった理由で辞めていく人は多いと思います。

 

しかしその中には、目標を達成してこれ以上書きたいことがなくなってしまったからフェードアウトしていった人も少なからずいるのでは?

ブログを長く続けている人ほど、この壁に何度もブチ当たっているんじゃなかろうかー?

 

途中で挫折しないためにも、ステップアップの方向を考える必要がありますね。

というわけで、いくつか考えましたよ!

 

 

 

①次のレベルへ進む

目標を達成したのなら、ひとつ段階を上ったところに行ってみたらどうでしょうかね?

書きたいことがなくなったときは、すでに次のレベルに到達しているので、書きたいことも次のレベルへと移っているはずです!

ブログの方向に沿った内容だったら違和感はないですね。

 

<かずのこの例>

  1. 無気力を治したい
  2. 目標達成!
  3. これからどうやって自立していくかを考える

 

 

 

②新しいことを始めてみる

新しい目標を持つことで、今度はそれに向かって突っ走っていけます。

違うアプローチを試してみるのも結構いいんじゃないかな。

 

ブログに書くことはひとつだけじゃない!

他にワクワクすることを探してみるのもありだということで。

 

<かずのこの例>

  1. 無気力を治したい
  2. 目標達成!
  3. 本をたくさん読んで書評を書いてみる

 

 

 

 

③今の立場から振り返ってみる

以前はどういう状態だったのか、今の立場になって初めて分かることだって大いにあります。

一度振り返って分析してみても新たな気づきがあると思います。

同じことを書いてても、どこか目線が違ってくるんじゃないでしょうか?

 

<かずのこの例>

  1. 無気力を治したい
  2. 目標達成!
  3. 再び無気力にならない方法を分析する

 

 

 

まとめ

ブログは日々のアウトプットであると同時に、自身の変化を読み取るツールとしても役に立つと気付き、書きました。

タイトルがすべてだと思います。

 

ブログ内でそれぞれの方向にありそうな記事を引っ張ってきたので、参考程度に見てみてください。

 

①次のレベルへ進む

家の中から僕の居場所を探す旅
どうもこんちには、かずのこ(@roomliveman)です! 僕はいまも絶賛引きこもり活動中。 最近になって無気力状態との別れを告げたのにもかかわらず、自発的に外に出て活動するようなアクティビティは持ち合わせてはいない。 それは、なぜか? そう考えた時に、ふと思い当たるフシがありました。 「おれ、外に居場所がねえや!!」 そういうことです。 引きこもりの居場所は消去法で家しか残らなかった 僕には学校やサークルが居場所でした。 卒業してからは会社や恋人のいる環境が居場所だった。 でも今は・・・? 今僕は引きこもりで無職、居場所と呼べるものがあるとすれば、それはネットで話せる人達で、それもそんなに多いわけではない。実際に会ったことのある人もほとんどいない。 あとは、24時間体制で過ごしている家!家!家! つまり僕が置かれている状況としては、外に居場所がないから、甘んじて家に居続けるという不毛なことになるのだ。 引きこもりは居場所を欲する 以前引きこもりの部屋に集団で押し入り、家から追い出して更生させるという番組が批判を受け話題になったことがありました。 そのときにTwitterに流れてきたもので覚えていることがあります。 引きこもりは「訪問」を望んでいるんじゃなくて、「居場所」を求めているんだよ。 「居場所」とは何かを考えると、やっぱり人間関係なんだろうなぁと思います。 気の合う人がいたり、一緒に居ても気にならない人がいたり、そもそも人がいない所だったり・・・。 僕だって、自分のことをどうこうしようという不逞な輩に来られるより、自分から行きたいと思わせるような居場所がほしい。 引きこもりでも、無職でも、それを気にせず関われる人たちがいる場所へ行きたい。 家が居場所になっているのは、家に居ることを曲がりなりにも認めてもらっていて、ストレスを感じていないからかもしれない。 そのことに気付いたとき、無性に不安になってきました。 家の中は、ストレスフリーだからこそ居続けられる 今の僕は家に居ながら十分達成感を味わっているし、「おれがんばってんなー」と思っている。 でも、家に居続けるまま、この先何年も同じことをし続けるのか?

②新しいことを始めてみる

引きこもりだけど『ポケモンGO』を始めて外出してきたので感じたことを言おうと思う
どうも! 引きこもりにしてゲーム好き、かずのこ(@roomliveman)です! 先日話題でもちきりの『ポケモンGO』が日本でも配信され、さっそくインストールする人が数多くいます。すでにポケモン100匹捕まえたぜHAHAHA!な人もいるかもしれませんね。 学生たちからおじいちゃんおばあちゃんまで幅広く遊ばれているらしいこのゲーム、引きこもりだって流行の波に乗っかりたい!!ということでインストールをしてみました。 今回引きこもりが『ポケモンGO』を遊ぶうえで、参考になるかもしれないポイントを様々な角度から見ていきます。 引きこもりが『ポケモンGO』を遊ぶうえで間違えちゃいけないこと ポケモンは好きですか? もし、別にポケモンは好きじゃないけど「引きこもりやうつ病が治る!?」という話を聞いた~という理由でポケモンGOを始めようというなら、長続きはしないものと思ってください。 参照:「ポケモンGO」がうつ病や不安神経症を改善する 精神医学の専門家「前例ない効果」 海外で起こった「うつ病が良くなった!」という声は、『ポケモンGO』を好きで最大限楽しんだ結果としての心境の変化であって、「引きこもりやうつ病を治すためのゲーム」というわけではないですよ。 「憂うつな気分が改善する効果のあるゲーム」なら、こちらの方が効果的(検証済み)なので、そちらを参照してみてください。 『ポケモンGO』においては、あくまで「楽しむためのゲーム」であると理解したうえでご覧になってね♪ 引きこもりが『ポケモンGO』を遊ぶメリット(副次効果) 出典: 引きこもっててもリアルでポケモンがしたい!! 幼いころの夢はポケモントレーナーだった引きこもりかずのこは、引きこもりを一旦返上して外へ向かうことを決断しました。 楽しく遊んでみたうえで気付いたメリット(副次効果)を教えます。 ①運動不足の解消につながる これは想像できることだと思います。

③今の立場から振り返ってみる

無気力うつ状態からブログを始めて3ヵ月で悩みがなくなりましたが何か?
僕はブログをがんばって毎日更新し続けているただの無職です。 最初こそ僕はニートだぞー!と声を張り上げて、自分に価値を付けようと躍起になっていました。 最近は若干落ち着いて、過剰なニートアピールは少なくなった? 悩みっていうのは尽きないもので、悩みが消えるとまた次の悩みがやってきますよね。 でも僕は以前ほど悩みそのものに悩まされてない! 悩みが変わるというのは環境が変わっているということでしょ? 次から次へと悩みは尽きない。ああ、悩みなんかなくなって楽になりたい・・・。 そう思うのは分かりますよ~!すごくわかる!僕もどこへ行ってもウジウジ悩んでましたからね! でも思いませんか?悩みっていうのは環境に対する不満や不安から起こってるんじゃないですか? 僕はね、ブログを始めてからの3か月のなかで、以前持っていたはずの悩みは消え、新しい悩みができ、それがまた消え・・・と繰り返し行われているんですよ。ニートっていう事実は変わってないけど! この3か月で、精神的な環境が大きく変わっていったのだと考えています。社会的な立場は変わってないけど、内面の立ち位置が大きく変わった。 自分への評価が大きく変化したといってもいいかもしれない。 僕の悩みは変化しています 僕はニートで引きこもっているということにおいては何も変化していません。 でも、悩みの内容自体は面白いくらいに変化しているんです。 ちょこっとハイライト。 「何もする気力が起きない・・・」 まずブログを始める前の無気力状態の時期です。 とにかく何をやっても楽しくない。周りからもあまり良い目で見られなかった時期。 このときはとにかく「このままじゃダメなのは分かっているけど何をすればいいのか分からない」といった漠然とした悩みを持っていました。 このときは先も見えず、意味のないことだと分かっていながら、自分は頑張っているんだよアピールを両親にしてた。 「ブログ始めたけど毎日書くのがしんどい・・・」 家の中からできることを探した結果、ブログにたどり着きました。 ただ、ブログは最初は量を稼がねばならぬと考えたので、がむしゃらに書きまくりました。

 

 

ブログを書き続けていて、ふと「書きたいことがなくなった・・・」と思ったら、この記事を思い出してください^^

 

以上、かずのこでした!

 

こちらもどうぞ

引きこもりに会いに来た男がいるんだってよ!!

自分に価値がないと思い込んでいる引きこもりやニートは価値を認めることから始めよう

自分の現在とブログに対する悩みをブチ撒けた

 

友達追加して、ブログには書いていない裏情報を知ろう!個人的に相談OK
友だち追加

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です