もし僕が逮捕されたら、母にどんな心ない質問がいくのだろう

 

どうも、かずのこ(@roomliveman)です!

 

先日に俳優の高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕された件で大変なニュースになりましたね。

大物女優である高畑淳子さんの息子ということで、テレビや新聞など多くのメディアが取り上げられました。

 

事件のあらましについては特に語ることはありませんし、高畑裕太容疑者の性欲の強さについてもまったく興味ありません。

ただ母として真摯に対応する高畑淳子さんの強さに感銘を受けます。

 

母の強さ

参照:高畑淳子さん「共に贖罪すべきと思う」 裕太容疑者逮捕

この記事によると、高畑淳子さんは息子のしたことに対して世間に謝罪をしたうえで、息子に「私はどんなことがあってもお母さんだから」と言いました。

身内のやったことから目を背けず、共に贖罪すべきなんて言えますか?

お腹を痛めて産んだ子だからといって、ここまでの覚悟が持てるでしょうか。

 

本当に人としてよくできた方だと思います。

高畑裕太容疑者は母の気持ちを受け止め、これから更生していけるでしょう。

 

なぜそんなことを母親に聞くのか

そんな高畑淳子さんに対し、会見でトンデモ質問をした記者がいたことで物議を醸しているという情報をよく見かけます。

参照:母親に「息子の性欲は強いか」 高畑淳子謝罪会見クズ質問に批判殺到

かたやネット上では、報道陣の質問内容に対する批判が沸き起こた。中でも注目されているのが、裕太容疑者の「性癖」に関するものだ。複数の記者が「女性に対して危うい部分はあったか」「性欲が強いとか、性的嗜好がおかしいということはあったか」などと問いかけ、淳子さんは

「男の子をほかに持っていないので、『男の子ってこんなものかな』くらいのことしかありませんでした。性的な嗜好がおかしいと思ったことはありません」

と答えた。

また、被害女性とのやり取りについて、あるスポーツ紙の男性記者が「示談に持ち込みたいという思いはあるか」と質問。これに淳子さんは一瞬たじろぎながらも、「ここでは申し上げられません」と説明した。

 

おいおいおいおい

いくら事件を起こしたからって、母親にそんなこと聞く?普通。

記者たちは自分の質問が相手にどう思われるのか考えて発言しているのでしょうか?

それとも、必要悪だと思ってわざと心無い質問をしているのでしょうか?

 

ショックから抜け切れていないのにも拘らず、母親として、芸能人として真摯に対応している高畑淳子さんに対し、これではまるでクラス総出のいじめ問題。

よってたかって大人が何をしているんだ・・・。

とはいえ、これ以上は何も言うことはありません。深みにハマりそうだし。

 

追記

示談ということで決着がついたようですが、上にも書いた通り深みにハマるのでこれ以上の言及は避けます。

 

 

もし僕が逮捕されたらどうなるのか

僕は人と少し違うところがあります。

それは「引きこもり」であるということです。

何もできないし、何もしたくないガチの引きこもりだった頃に比べて、いまは様々な努力をしながら良い方へ向かいつつあると僕自身は感じています。

その近況は一番近い所にいる母にも伝えています。

 

だけど、その僕が志半ばで逮捕されてしまったら?

ニュースで大々的に取り上げられるほどになってしまったら?

世間の引きこもりに対する評価はとても厳しい。

母に向けられる世間の目は、「引きこもり容疑者の母」になるでしょうね。

その瞬間、僕が引きこもりながらも努力しているといった背景は消え、母は情けない息子を育てた親というレッテルを貼られることになります。

そうなったら、どれだけ社会へ真摯に対応してもレッテルははがせない。

 

「引きこもり息子」

きっと「引きこもりの息子さんについてどう思われますか?」という質問がいく。

もしかしたら「息子さんを引きこもりにしてしまったことについて何か思いますか?」と言われるかもしれない。

そうなったら、母はどう思うのか?

きっとものすごく悔しくて、いたたまれないんじゃないだろうか。

自分が一番よく分かってあげているのに、世間の目は「引きこもり息子と、育てた母親」として見なす。

これほど屈辱的なことはないですよね。

 

誠実に生きたい

もし引きこもりである僕が逮捕されたら、肉親が一番ショックを受けることは間違いない。

どんな心ないゲスな質問が浴びせられるかわかったもんじゃない。

そう考えると、社会に適応できない自分は誠実に生きたいと思う。

 

自分の行動を狭めず、やりたいことができる身でありながらも、犯罪という一線は超えないようにしたい。

育ててもらった恩を仇で返したくない、1人のがんばる引きこもりの思いでした。

 

 

こちらもどうぞ

ニートのかずのこさんに普段の過ごし方をインタビューしてみたら結構こじらせてた

ブログを始めてから収入が26万円入りました【傷病手当】

『SPARX(スパークス)』はネガティブ思考を変化させる方法を教えてくれた!

 

かずのこ
広島県広島市にひっそりと住んでいる現役の引きこもり。適応障害や学習性無気力を克服した。ブログ関係で仲良くなった人を実家に泊めたりしています。引きこもりバンザイ!
・引きこもりだけど活動的なプロフィール
・無気力な引きこもりを活動的に変えた13の大きな出来事

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です