適応障害だけど在宅ワークしたら1番働きやすいし精神的に楽になったよって話

社会人になって1年目で「適応障害」と診断されたかずのこです!

生まれてからこれまで、マトモに他の人と同じように働けた経験がなく「どうして自分はこんなに使えない人間なんだ」と思って生きてきました。

バイト・正社員・家事手伝いなど色々やってきて全然ダメダメだったんだけど、とうとう適応障害の自分にもデキる仕事が見つかりました。

それが在宅ワークです!適応障害で仕事・人付き合いがダメダメだったぼくが生まれ変わったのは在宅ワークのおかげです。マジで。

適応障害の人が在宅ワークをはじめるとどんな良いことがあるか、ぜひ知っておいてください!

【SPONSORED LINK】

適応障害が在宅ワークをするとどうなるのか

社会人になってから体調を崩し、いわれるがままに病院に行ったら「あんた適応障害だよ!」と言われて混乱・・・そのまま休日を使い果たしてクビになったのがぼくの経緯です。

適応障害ってのはいろんな症状があるけど、簡単に言えばストレスや変化に弱くて精神的に追い詰められやすいってことかな。

詳しく知りたい方は厚生労働省の適応障害のページを読んでみてください。

適応障害について

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。
ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です。

 

そしてクビになった24歳の適応障害ぼくは、実家で3年引きこもっていたけどお金が欲しくて在宅ワークを始めたというわけです。

初月で4万円稼げて、1年後には週1で仕事すれば月10万円稼げるという夢のような生活を手に入れていました。

マジでストレスフリー。それが在宅ワークの最大のメリットです。

 

適応障害が在宅ワークをするメリット

適応障害はどんなときに一番つらいかというと、他人に何か言われたり怒られたりするとき

だってさ、特にやりがちなんですけど・・・

  • あんなこと言わなきゃよかった〜
  • もうちょっとうまくできたはずなのに!
  • 絶対あの人に嫌われてる・・・

こんな感じで起こったことをいちいち悩んじゃうんですよ。適応障害の人はとくに「思い出しストレス」をやりがちだと思うんだけど、それめっちゃしんどくないですか?

とくに仕事となると、人との会話で生じるストレスからは逃げられませんよね。怒られて次の日仕事に行きたくないとか毎週のようにありました。

けど、在宅ワークだとぜんぜん違います。何しろ人と会話する必要がまったくないからです。

適応障害×在宅ワークの最大のメリット「ストレスを感じる必要がない」

適応障害の人は、人付き合いの中でものすごく精神力を消費しています。毎日ゴリゴリ神経を擦り減らしてるでしょ?

しかし在宅ワークにすれば、最大のストレス源とも言える「人付き合い」が仕事から消失することによって精神的な余裕ができるんです。想像以上ですよ。

外で働くのは絶望的なぼくでも、おかげでストレスフリーに仕事ができてます。

在宅ワークのデメリットは意外と多い

在宅ワークの最大のメリットはストレスフリーなこと。それに一見メリットに見えることでも人によってはデメリットになったりしてしまいます。

  • 仕事の時間が決まってないので、気持ちが休まらない
  • 人と話す必要がないけど、孤独になりやすい
  • いきなり稼ぐようになるのはそれなりの努力が必要
  • スキルを持っていないと在宅ワークは稼ぎにくい

そう、とくに最初から安定して稼げるようになるのは難しいので、もし現時点で会社に勤めている人は勢いで在宅ワーク1本に絞らない方がいいと思います。

フリーランスの在宅ワーカーになるとストレスもフリーになるけど誰も助けてくれなくなる。

あらかじめ稼ぐ力を身につけておいてから、ストレスの原因とバイバイした方がいい。

会社で働けるけど今の会社がイヤってだけなら迷わず転職を選んだ方がいいってくらいには稼げません。

そこをなんとか乗り越えられて、はじめて完全ストレスフリーの生活ができます。

【SPONSORED LINK】

適応障害がひどくて引きこもりになっている人に在宅ワークを強く勧めたい

ぼくみたいに適応障害のせいで仕事にも人付き合いにも無気力になってしまった引きこもりタイプだと、在宅ワークががっちりハマります。

最初は自室で仕事することに抵抗があるかもしれません。

けどそんなときにはこう思ってください。

がんばってお金稼げばPS4買えるやんけ!
たまーに飲みに行くお金だけ稼ぐか〜
お金貯めて推しのグッズ買い漁るぞー!!

大事なのはお金を稼ぐことじゃなくて、稼いだお金を何に使うか考えることです。そうすればお金を稼ぐのが楽しくなって在宅ワークも楽勝ですよ。

かずのこ
ぼくはニンテンドースイッチを買うために在宅ワークを始めました(実話)

こんな人にはおすすめしない在宅ワーク

  • 会社を辞めるのが不安で仕方ない人
  • 最初から月収20万円くらい稼ぎたい人
  • 人とまったくこれっぽっちも関わりたくない人

自分で仕事の量をコントロールできるけど、最初は仕事が全然きません。当然稼ぎもイマイチです。

それにどうしても、納期・やりとりから逃れることはできないんですよね。

人と関わることが絶望的に無理で、家で仕事をするのすらどうにもならないような人なら・・・在宅ワークよりも、障害年金を受け取る道を選んだ方が早くていいかもね。

 

 

適応障害でもできる在宅ワークの種類

家で仕事できるならなんでも在宅ワークですが、ほとんどの場合2種類の働き方から選ぶことになると思います。

  • リモートワーク
  • クラウドソーシング

リモートワークは会社員おして定時は家で仕事するけど、監視がついてたりする。

クラウドソーシングは会社や個人から委託されて仕事を受けるけど、評価実績がないと稼ぎづらい。

他にも働き方はあるかもしれないけど、大体の人はこの2種類です。

ぼくは最初、クラウドソーシングでwebライターをしていました。

そして1年前からリモートで動画編集をはじめて、今はフリーの動画編集マンです。今のところまったく稼げておりません笑

早く実績をつけて、稼げるいい仕事をもらえたらいいなーと思いながらがんばってます。

適応障害はストレスフリーになれるなら在宅ワークでもなんでもいいんだよ

ここまで話しておいてなんですが、適応障害の人がへたに在宅ワーク1本にしぼると大変なことになる可能性も十分にあります。

どれだけがんばっても稼げないまま、ますます落ち込んでいく人も大勢いました。

ストレス軽減をとるか、安定した収入をとるか、それを選ぶのはあなた自身です。

ただこのままだと確実に潰れてしまうレベルだったら、迷わず今の環境から逃げることだってやってもいいと思いますよ。

都会から逃げて沖縄で自由に生きてる人もいるし、逆に田舎に飽きてバリバリ働きたくなってる人もいる。

生き方は決まっていません。あなたは生き方を選びたい放題なんです。

あとはおりゃー!と勢い付けて進めばいい。それが1番難しいかもしれないけど、大丈夫です。日本はどうなっても生きていける国だから。挑戦することに失敗はない!

ぼくと同じように在宅ワークを始めてみたいというなら、過去に書いた記事が何かの役にたつかもしれません。

引きこもりだけど、とある大きな野望のために在宅でお金を稼ぐことにしました

2017年1月28日

在宅ワークを始めよう!初心者におすすめのクラウドソーシング紹介!

2017年9月19日

やっぱり向いてる!引きこもりとプログラミングの相性がバツグンな理由

2018年8月27日

【SPONSORED LINK】



LINEで情報をお届け!相談もできるよ


お得な情報をLINEでお届けしています。役にたつ本や前向きになれる考え方など、「明日の自信を取り戻す」ための情報を主に配信しています。また、個別で話すこともできるので軽い相談があるときにも使えますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です