あなたにとっての脱引きこもりは何?ゴールを明確にしなければ脱するものも脱せないよ

どーも、引きこもってないことに定評のある引きこもりのかずのこです。

僕はガチの引きこもり当事者としてバシバシ発信しているわけなんですが、引きこもりとして避けては通れないことがありますよね。まぁ「脱引きこもり」のことなんですけど。

脱引きこもりという言葉のイメージは、引きこもりから脱して自立しているといった感じでしょうか。

ぶっちゃけ、かなりあいまいですよね。

「何をすれば脱引きこもりになるのか?」というところは具体的に線引きがされていません。

 

かずのこ
よーし!今週は3回も外出できたし、脱引きこもりできたぞー!
学生
は?毎日出るくらいじゃないと脱引きこもりなんていえないだろ
主婦
脱引きこもりって仕事に行けるようになることじゃないの?
サラリーマン
わしが若い頃は引きこもる奴なんておらんかったぞぉ!
かずのこ
ひえっ

 

明確な線引きがされていないので、トーゼンこうなります。

下手したら引きこもり同士でも考え方に違いは出てくるでしょう。

 

意識の高い引きこもり
僕は、社会人の給料、の平均くらいは稼いでないとっ、脱引きこもりなんていえぬ、ないと思うんだな!
かずのこ
うるせー!!

 

一度ちゃんと考えてみてください。

あなたにとっての「脱引きこもり」とは何ですか?

人によって定義の異なる「脱引きこもり」

線引きはどこ?いったい何をすれば「脱した」状態になるの?

そんな疑問しか生まれてこない魔性のワード「脱引きこもり」。

このままだとどこを目指せばいいか分からないし、何になればいいのか分からない。

とりあえず就職することだけがゴールだと思いたくない!

そんなわけで、ここで一度明確にしてみましょう。

 

「引きこもり」の定義からおさらい

脱引きこもりについて考える前に、まず引きこもりそのものの定義について振り返ってみましょうか。

出典:厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/)

推計データは10年以上前のものなので割愛するとして、定義は一応こんな感じらしいですよ。

  • 仕事についてない,学校に通ってない
  • 家族以外との交流がほとんどない
  • 6ヶ月以上続けて自宅に引きこもっている

ほかにも、コンビニとか買い物ていどなら引きこもりの範疇だと書かれてありました。雑だな。

ぶっちゃけこれ見て「自分引きこもりちゃうかったわ」と思った人も中にはいるはず。

もうちょっと難しく分類するなら、引きこもりには下のような区分けがされています。それでも雑だけど。

  • 「ひきこもり」は、単一の疾患や障害の概念ではない
  • 「ひきこもり」の実態は多彩である
  • 生物学的要因が強く関与している場合もある
  • 明確な疾患や障害の存在が考えられない場合もある
  • 「ひきこもり」の長期化はひとつの特徴である
  • 長期化は、以下のようないくつかの側面から理解することができる
    -生物学的側面
    -心理的側面
    -社会的側面
  • 「ひきこもり」は精神保健福祉の対象である

引用: 国立精神・神経センター 2003

へー引きこもりって精神保健福祉の対象だったんだ。そこらへん詳しくはこの本にも書いてあったな。

しかしここでわかったのは、引きこもりの定義は結構いいかげんということですね。

 

「脱引きこもり」の定義

とりあえず「脱引きこもり 定義」で検索してみました。でもそれらしい結果は出てこないし、そもそも定義そのものが存在してなさそう

 

タレントの中川翔子(しょこたん)は結婚することが脱引きこもりと発言していたくらいです。定義こわれる。

かずのこ
何をしたら脱引きこもりになるかというのは、人によって異なるということだけが分かりましたね。

そう、人によって人生のゴールが違うように、脱引きこもりにも人それぞれのゴールがある。就職だけじゃない。

問題は自分だけが知っているはずのゴールを自分で分かっていないことなのだ。

 

引きこもりが選択できる道を挙げてみた

じゃあ引きこもりは何ができるのか?

「脱引きこもり」の選択肢として思いつくだけ書いてみました。参考になれば( ^ω^ )

 

1.会社に就職する

引きこもりは会社で働くためのスキルを持っていないことが多い。会社で働くためのスキルっているのは、ビジネスマナーやエクセル、名刺交換とか基本的なことね。

逆にそこさえ乗り切れれば、持ち前の集中力を活かし他仕事をすることができる。引きこもり気質と会社で働けるかどうかは関係ない。

できないと決めつける前に、一度死ぬ気で働いてみても良いかもしれないよ。死ぬようなことになりそうならやめた方がいいけど。

会社に就職することが、一番効率よく社会に通用する人間に近づくというのは否定できないからね( ;∀;)

東京近郊に住んでいる人は無料で正社員雇用に向けた就職サポートを利用するといいよ。

 

2.スキルを身につけて就職する

どこに行っても役に立つスキルさえ身につければ、ひとりでもやっていくことができますよ。

僕が今一番受講したいと思っているのが『エンジニアカレッジ』です。

通常だと10万円以上かかるプログラミング講習が無料で受けられるだけじゃなく、未経験でも正社員になれるサポートがたいへん充実しています。講習の内容はめちゃくちゃ濃くて、就職後も即実践できるものになっているようです。

念願の「引きこもりながらガシガシ稼ぐ」のも夢じゃなさそうです。これを受講するためだけに東京に滞在したい。

 

3.在宅ワークをする

在宅ワークといっても様々ですが、僕がしているのはクラウドソーシングというサービスです。

外注扱いでクライアントと契約を結んで、文章をカタカタ書いています。

ただ僕には専門的な知識やスキルがないので、一気にドーンと稼ぐのはなかなかできない感じですね・・・

月3万とか4万とか、お小遣い稼ぎていどなら余裕でできますよ。

 

4.バイトを始めてみる

いきなり就職するのが難しいならバイトから始めてみるのも全然アリ。

週2日くらいから始められるバイトはあるけど、最終的には毎日でも入ってほしいというのがバイトの敷居を高くしているよね。

いきなりバイトが辛いなら、在宅でモニターなどをするバイトもあるのでぜひ探してみてください。

面接がいらないのもたくさんありますよ。

 

5.地域の引きこもり支援センターに行ってみる

地域ごとに引きこもり支援センターがあるので、そこに顔を出してみるといいかもしれません。

同じような悩みを抱えている人と話すと少し落ち着きますし、何より仲間を作りやすいですしね。

そこから新しい人間関係を作れたらきっと人生が潤ってきますよ。

「○○県○○市 引きこもり支援」と検索してみてください。

 

6.ブログを書いてみる

僕もやっていて思いますが、ブログは奥が深いですよ。

長く続けていると同じような悩みを抱えている人に届くようになるし、自分の描いたものが誰かに勇気を与えているんだと思えます。

ブログは何を選んだらいいのか、どんなことを書けばいいのか、そんな分からないことがあればLINE@を友達追加して僕に直接聞いてみてください^^

 

7.引きこもり続ける

引きこもり続けるのもひとつの手ではある。

でも思い返してみてください、あなたにとっての「脱引きこもり」とはなんですか?

それはあなたが幸せを実感することではないでしょうか。

引きこもり続けてなんの幸せも感じなくなったとき・・・それが動き出すべきタイミングかもしれませんよ。

 

僕にとっての「脱引きこもり」は満足のいく収入を手に入れることだ

僕はいろんな人と会ったり話したりしているけど、脱引きこもりはできていないと思っている。

僕はきっと満足に収入を得られないと「脱引きこもり」ができない。

収入というのは、それだけ僕にとっての大きな意味があります。収入がまったくなかったころの精神的不安がトラウマになっていることはここでも書きました。

僕にとって「脱引きこもり=幸せを実感する」とは、収入で自分のしたいことや行きたいところに自由に行けるようになること。

 

あなたにとっての「脱引きこもり=幸せを感じること」ってなに?

脱引きこもりしなきゃ!!うああああ~!!

がむしゃらになる前に、あなたにとってのゴールを絶対に考えておいてください。

じゃないとどう動けばいいのか分からなくなって、結局引きこもっちゃうからね。

ゴールにたどり着く道を歩いていけば、いつのまにか脱引きこもりで来ているはずだよ。

 

脱引きこもりは、目指すものじゃなくてただの結果かもしれません。

 

もし自分にとってのゴールが何なのか分からないという人は、LINE@やTwitterから聞いてみてください(^^)/

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です